ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チラシできました!

是非、5月24日(木曜日)の講演会と歓談の会にお越し下さい。
ゆったりとした自然の中で、本当の歴史を学びませんか?
本来なら、大阪、京都、東京・・・都会で味わう知・・・
その知を嘘をつかない自然の中で
5月の風を感じながら
ゆったりと味わう時間
こんな時間の使い方が、あってもいいね♪


参加される方は、アゴラにお連絡ください。
定員30名です!お早めに!

e0253482_20055655.png

e0253482_20052227.png

e0253482_20080556.png


e0253482_20050475.png

e0253482_20045315.png



[PR]
by polepole-yururin | 2018-05-15 20:22 | お知らせ! | Comments(0)
びわ湖のアゴラに行こう!

テーマ:”湖の生き物と自然”

びわ湖の漁師さんと野鳥センターの植田さんの指導で、びわ湖の漁を体験します。
午後は午前中の体験を生かしたスケッチと造形です。
 
e0253482_14151483.jpg
e0253482_14172646.jpg
e0253482_14354255.jpg

日時:5月20日(日)10時〜16時30分
場所:野鳥センター 一階レクチャールームとびわ湖
   (滋賀県長浜市湖北町今西 ☎:0749−79−1289)
参加費:2500円 付き添い参加1500円
持ち物:弁当・水筒・筆記用具・水彩絵の具セット
    水辺での活動になりますので、タオル、着替え、サンダル等御用意ください。
タイムスケジュール:10時から植田さんとびわ湖へ
          12時半からお昼
          13時半からスケッチと造形

連絡先:0537-27-1428 (agora☎) までお早めにご連絡ください。

*一年間のびわ湖のアゴラ造形教室の日程

5月20日(日)、6月10日(日)、7月8日(日)、8月19日(日)、9月2日(日)、
10月7日(日)、11月11日(日)、12月9日(日)、1月13日(日)、2月17日(日)、3月10日(日)以上

*里山のアゴラのキャンプは、A班:7月28日(土)9時半〜7月29日(日)8時半
               B班:7月29日(日)9時半〜7月30日(月)8時半
                 (ご参加される方は、A班かB班かをお選びください。)

          


[PR]
by polepole-yururin | 2018-05-09 21:57 | お知らせ! | Comments(0)
今年も里山のアゴラでは、大事な方をお迎えしての講演会を予定しております。
この機会をお見逃しなく!

*2018年5月24日(木)午後〜 京大人文学研究所准教授・藤原辰史先生の講演会
*2018年9月8日(土)午後〜 ゲド戦記翻訳・児童文学評論家・清水真砂子さんの講演会
*2018年10月14日(日)午後〜 上記二人と小児科医・山田真先生の講演会と対談

5月24日(木)
藤原辰史先生がやってくる!
お知らせが遅くなりましたが、今年も新緑の季節に、京大人文学研究所准教授・藤原辰史先生の講演会とお花見お食事会を開催します。

e0253482_14415257.jpg

ドイツ-満州-水俣 /1924~

 分解の概念『身体の軸を流れる管の液』

-ロマの人々とアウシュビッツそして優生思想から種子の支配-

この冬、藤原氏はドイツ最古の大学、ハイデルベルク大学で3ヶ月の講座を持った。大学では“食と農の近代史”をテーマに英語でのゼミを行った。ハイデルベルクには、国を持たず移動して生きてきたロマの人々を伝える博物館があり、氏も通った。

そしてポーランドアウシュビッツへ、、、。

藤原辰史の大事な概念“分解”が、ドイツ-満州-水俣を駆け抜けた冬だった。

時代と向き合い、新たな概念を生む藤原辰史氏の“そうぞう”。

アゴラ森にこの先を描く、清々しい風が流れます。

消された歴史。隠された歴史。   

彼の視点の移動と多視点の把握。

ぼかされた時代がアカラサマに。

氏のピントは合う。


これまでの農業史は、主として人間と人間の権力関係を描いてきた。本研究は、人間、集団、環境という三つの側面の物質・貨幣交換の営みから農業史を再構築する試みである。近年発展してきた環境史の手法をとりいれつつ、とりわけ、食をめぐるさまざまな要素を同じ次元で論じることができるような分析枠組みを考えたい。たとえば、台所と農場(空間)、冷蔵庫と農業機械(テクノロジー)、洗剤と農薬(化学)、戦時と平時(時代)というような一見異なる分野の要素を、同じ平面のうえで配置しなおしたい。この作業は、飢餓、貧困、食の劣化、食品偽装、農民の自殺の増加など、食の消費と生産をめぐる現在のさまざまな問題をとらえなおすヒントとなるだろう。」(藤原氏 記)



e0253482_14431875.jpg
e0253482_15180474.jpge0253482_15154627.jpge0253482_15171628.jpge0253482_15162074.jpge0253482_15144564.jpge0253482_15134166.jpg
e0253482_15131374.jpg
e0253482_15141202.jpg
*14時〜お花見と歓談
*16時〜講演と食事と歓談  
       講演テーマ:-ロマの人々とアウシュビッツそして優生思想から種子の支配- 

5月のアゴラの花々に出会い、語りあい、お食事しましょう♩
今アゴラでは、コデマリが満開です。昨年以上にコデマリは大株になり、白い花で埋め尽くされています。
また紫色のシランが山のキャンパスを彩り始めました。
ツツジも大きくなり、淡い大きな花をいっぱいに付けています。
東のターシャの庭には、オオテマリが一段と大きくなり、こぼれんばかりの花がいっぱい咲き誇っています。
今年は10日早い花の景色です。

さて、今年の5月のアゴラの景色は・・・?
ウツギ、シモツケ、シラン、ツツジ、野の花アザミ、もちろんシロツメグサも・・・
庭にはハーブ類が勢いつきます。ラベンダー、いろんな種類のセージ、バラ、ダイコン草・・・
お花見しながら、時には食事して、藤原先生と語る。
これからの社会を考え、思い、語り合いましょう。

参加者は参加費1500円 と 夕食(16時から)の一品を持ち寄ってください。

定員:30名 お早めにアゴラにお連絡ください。
          (℡:0537-27-1428 まで)







[PR]
by polepole-yururin | 2018-05-09 21:52 | お知らせ! | Comments(0)