ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

巣立ち

f0215179_2123816.jpg

昨日カメの翼プロジェクトのメンバーのH君の就職祝いをかねての食事会をした。
Hくんは大学、大学院ではロボット工学を学び、就職もその技術を生かした企業を選んだ。
4月2日が入社式だという。
彼とは2010年の10月にKAMEの翼プロジェクトが動き出してからの付き合いだ。
私とは20歳の年の差である。
一緒に被災地・女川へ行きボランティア活動をした。
石巻の壊れたホテルの二階で寝袋を並べて雑魚寝した。
一緒に女川で花を植え、カメパオを作り、何もない被災地で食事した。
Hくんは、そのまま石巻に残り1ヶ月ボランティア活動をがんばった。
その後被災地支援のことでいろいろと組織とのやりとりがあり、私の知らない社会の動きを目の当たりにさせてくれた。そして彼もいろいろ考えただろう。
8月被災地の写真展を彼はやった。
たいへんいい写真展だった。私は彼が純粋に被災地の現場を見て心動かされシャッターを切ったんだと感じた。
しかしあるアーティストが彼の写真を「アート」だといった。
彼はその言葉に翻弄される。
私はいやだった、そういう言葉に振り回され、H君の純粋な思いを薄ぺらいものにしてしまっているこの発言がいやだった。
その彼が一年被災地でボランティアしているWくんと関わりながら、社会を感じ始める。
そして巣立つ。
彼は科学の進歩を夢見てロボット工学を学び、科学の可能性を持っている。
10月の時点で、いつか核融合は成功するだろうといっていた。
その後福島のことは頻回にニュースに取り上げられ、原発事故は日本にさまざまな問題を巻き起こし、いつかの核融合成功の話を待てる状態でないことを感じた。
彼がいたことで、私自身いろんなことを思考させてもらった。
昨日は私が医療者だったころの矛盾を話した。
また自分が就職して何をしてきたか、手術室での仕事、2~3年目でとてつもない自信にみなぎっていたこと。
その後の挫折、初任給・・・・。
彼は「へ~そうなんですか?」とたびたびうなづいていた。
彼はどんな社会人となっていくのだろう?
アゴラの先生は言った。
「大学に行ってから子供たちは、社会に、大人に翻弄されてしまう。自分の一番大事なものを捨ててしまう。そうなってはだめだよ。H君は、ものつくりが大好きな子だった。その思いを捨てずに大事にしてほしい。みんな自分を大事にしてほしい。」と。
H君はうなづいた。
彼もまじめな純粋な子だよ、だって私や先生や私と同じくらいの友人と4人で食事をして話をずっとしているのだから。
彼は今日ここに来る前に病院にいるお父さんのお見舞いに行った。
彼は今長男としての自覚と重みを持っていた。
私は「またちょくちょくここに帰ってき~な~」と彼に言った。
カメの翼プロジェクトは、若者や子供たちを支えるプロジェクトだ。
彼という一匹のKAMEが翼を持って羽ばたいていった・・・
私の出会った最初のkAMEという若者がH君だったんだ~。
巣立ち、そして帰ってこれる場所がある・・やさしいコミュニティー。
年齢を超え、性を超え、ちゃんと思考し支えあえる人との関係性。
これがKAMEの翼の趣旨なんだ~。
彼が社会に出て1年2年3年・・・彼の科学への思いはどのように変わるのだろうか?
H君に幸あれ~♪
[PR]
Commented by toco-luglio at 2012-04-01 00:13
こんばんは
H君、うちの娘と同い年かな?
いい青年ですねぇ。
Commented at 2012-04-01 18:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junko at 2012-04-02 17:23 x
Ciao yururinさん
涙を流しながら、亀のお母さんが砂の中に生んだたくさんの卵が、月が明るいある夜に孵化し、小さな亀たちが、ぞろぞろと波打ち際に歩いて行く
そんな光景を思い出しました

その亀たちに、丈夫で強い羽根をつけて旅立たせてあげる
大事な活動だと思います

遠くイタリアから、私からもH君に幸あれと
元気で楽しい大人亀になあれ!と 笑
Commented by tonkoid at 2012-04-03 13:34
yururinさんに出会ったHくんはじめ
今回の震災で多くの方に出会った方はたくさんいらっしゃいました。
そして互いに励ましあって、悲しくて、苦しいことばかりではなかったのですね。
挫けそうなとき、ブログで知りあった方と、この苦しみを共有できたことが、私を奮い立たせてくれました。
ありがたいことです。
2010の3月 ちりめん人形 見せていただきました。
喜ばれたお母さんのお気持ちがよーくわかります。
Commented by polepole-yururin at 2012-04-04 08:34
かまくらさま、おはようございます。
そうですか・・・多分同じくらいかと♪
そうですね、まじめです。まじめすぎて人に振り回されはしないか、長いものに巻かれないかと少し心配していますが・・・
でも行ったり戻ったりして成長していくのでしょうね。
楽しみです。
Commented by polepole-yururin at 2012-04-04 08:54
鍵様、私の大事な方が最後に入院した日は、2001年9月11日。世界貿易センタービルの事件があったその時間でした。
世界的にはすごいことがおきていたのですが、私にとっては、そのことより私の大事な人の最後に倒れた出来事のほうが大事であり、その後のその人の行方のほうが大事でありました。ですからその後も、9・11は私には社会の出来事があった日ではないのです。だからよくわかります。そして原発事故、震災も話できない場とできる場があることに気づきます。この話は鍵さんの言われていることとは違うかも知れませんが、浜岡原発周辺のお母さんがたは、原発を怖いと思っても、言葉に出すことのできる環境ではなかったそうです。それが今、ようやく言葉に出せることができるといわれていましたと・・。大事なことを思っていても抑えなければならない社会ってほんと悲しい。でも声をなくしてはだめなのだとも思います・・・
Commented by polepole-yururin at 2012-04-04 08:58
junkoさまおはようございます。
そうですね、海がめ・・・そうです。海原に出ていきかえってくるときはどんな感じでしょうか♪
楽しみですね。
H君は小説の中の登場人物になったそうです。ただ本人とは違って悪者にしたててありましたが・・・またそのことはブログで・・・
これからは支える大人としてHくんは参上することでしょう♪
Commented by polepole-yururin at 2012-04-04 09:05
tonkoidさまありがとうございます。
ちりめんってなんか日本の心というのか風情ありますね。
私は畑仕事や雪んこの人形を作り時、なぜか東北を思い浮かべて作りました。いいです、日本の原風景。でも・・原発。許すまじです!
人形作家の高橋まゆみさんをご存知でしょうか?あの人形からは東北を思わせてくれますね。
Commented by tonkoid at 2012-04-05 10:08
高橋まゆみさんの展覧会
一昨年こちらでも、開催され作品の前で長いこと立ち止まって見てきました。土の匂いが漂って、あったかい時を過してきました。
Commented by ゆるりん at 2012-04-05 11:26 x
tonkoidさま、見られたんですね。
それも一昨年・・・あれは本当にやさしい思いが詰まった作品ですよね。
そういう心をしている人なら原発のこのようなことはなかったのでしょうに・・・・できることを今の感じ始めたものからはじめましょう~そんな思いでおります。
by polepole-yururin | 2012-03-31 21:02 | 子供たち | Comments(10)