ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

湖の琴

                       余呉湖近くの里山の風景
f0215179_11402631.jpg

今日は大河ドラマ「江」の日ですね♪
今後、江たちが大きくなって、再び小谷城を訪れる場面がありますので、乞うご期待!
ところで江ブームに引っ張られ、改めて滋賀の湖北を見直して、私の好きな場所を巡ってみた。
姉川の風景、小谷山付近の町並み、観音の里・高月の十一面観音、北の琵琶湖、そして余呉湖・・・・
ちょうど年末に雪が降ったので、この雪の景色を一番印象的に伝えてくれる場所に行ってみた。
余呉湖・・・
f0215179_11444888.jpg

琵琶湖とは、ちょっと違う美しさ。
寂しさと、神秘的な何かを漂わせている湖である。
この余呉湖は、四方を山で囲まれた小さな湖である。
ちょうど、江のドラマでも出てくる「賤ヶ岳の戦い」の賤ヶ岳を南に仰ぐことが出来る。
波一つない鏡のような水面を見ていると、本当に心が吸い込まれそうな気持ちに包まれ、現実と夢の境が分からなくなるような神秘的な情景である。
この余呉湖の鏡面から名がつけられたのか、この土地の中学校は、余呉中学とはいわず、「鏡丘中学校」という。
それだけ、余呉湖が見せる風景に土地の人々は、心寄せているのだろう。
その余呉湖にも「江」と同じように、物語があった。
もっと寂しい、暗い物語・・・。
でも余呉湖だからこそ、この物語は作られた・・そんな感じ。
水上勉の「湖の琴」を知っているだろうか?
私は、改めてこの「湖の琴」を読んでみた。
この物語は、昭和43年に初版。佐久間良子が主人公「さく」となって映画化もされた小説である。
この土地のリアルな情景が、文章上に表現されている。
ちょうど、大正から昭和にかけての寂しいお話。
この土地が、昔生糸の産地で(今ではそんな面影は見られないのだが)・・・社会背景も今とはぜんぜん違っている。
ちょうど、私の祖父母が小さかった頃の湖北~。
自由というものが表現できず、この土地の寂しさをそのまま受け入れて、しがらみの中で生活している。
貧富の差・・・そして田舎で育ったゆえのピュアな心が、大人へと成長する中で、変化する・・・しかしその純粋さゆえに選ばざるを得なかった生き方・・・・
小説を読み終え、なんとも複雑な気持ちいっぱいになってしまった。
・・・・・しかし、きれいでもあり・・・。
余呉湖の湖面の色の深さは、この物語を際立たせるたいへん貴重な題材である。
この余呉湖には、「羽衣伝説」が昔から語り継がれている。
f0215179_11371192.jpg

                   天女が羽衣をかけたという柳の木~
f0215179_11465935.jpg
この羽衣伝説・・・天女・・・そして高月の十一面観音・・・
西山という村の生糸と水の不思議・・・
この湖北にはなんともいえぬ、妖艶な何かが漂い、スピリチャリティーというのか・・・精神を揺さぶるものがあるように感じられる。
水上勉が書いたこの小説は、実はノンフィクションだそうだ。
本当に「さく」という人物がこの世にいて、この湖北の田舎で生糸をつむぎ、一生懸命働いていたそうで・・・・
方言といい、土地の名前といい、知っているだけにたいへんリアルな物語である。
大河ドラマ「江」によって湖北に興味を持たれたなら、一度この物語にも目を通してほしい。
「江」のように歴史上に残らぬとも、「さく」という人物がここにちゃんといて、いろんな感情を抱きながら生活していたことに、ちょっぴりでも触れてください。
悲しい、寂しい物語を持つ余呉湖に、今日もきっと寄り添うように、水鳥が鏡面を揺らして泳いでいるだろう。
f0215179_1148827.jpg

[PR]
Commented by kinnnikumans at 2011-01-17 10:46
わ~とても美しいお写真ですね。
癒されました。
余呉湖は私も行った事があります^^
こういう景色をみると日本にもいいところが
沢山あるんだなぁと改めて感じます。
柳の木も素晴らしいですね。
日本って景観的にまとまりのない国だなぁ
というのがいつも私の頭にありました。
今はもっと思っているかもしれません。
こういう素晴らしい景色、日本を感じる建物、
ずっと大切に守られていってほしいと願います。

シャコバサボテン初めてしったのですが
本当に綺麗なサボテン!!なのですね\(^o^)/
びっくりしました。お部屋が明るくなりますね。
ドガの踊り子、ポストカードを集めていました^^
Commented by polepole-yururin at 2011-01-17 21:21
kinnnkumansさん、ありがとう♪
余呉湖行かれたんですね~、どちらにキャラ弁さんはお住まいなんですか?余呉湖なんてローカルなところにいかれたなんて~(笑)
日本の風景は特殊なんだそうです。山と豊富な水で出来上がった風景。他国とは違うのだそうです。紅葉もここまでの彩りはないんだそうですよ。ありがたいです。
で、ドガのポストカードを集めてらっしゃていたんですね。
キャラ弁さんの見るものってセンスありますね。いつもブログの写真見て感心しています♪
Commented by makonowa at 2011-01-17 22:01
「江」も見てるよ。第1回は、しし鍋を感じながらね!
歴史がすっぽり抜けている私は、セリフを一言も聞き洩らさないよう真剣です。。笑
おかげで歴史にもちょろっと興味がわいてきた今日この頃。湖北を訪れる時にはyururinさんの説明についていけるでしょうか。。

Commented by polepole-yururin at 2011-01-18 08:06
makoさん、ありがとう♪
興味を持つことがすきになることの第一歩。
ゆっくり興味を持って、抜けているところを足していってください♪
するといつの間にか歴女なんてなったりして♪説明ok!歴史案内しますよ!
Commented by yukkolin at 2011-01-20 22:10
yururinさん、お久しぶりです。
余呉湖、素敵ですね~~
日本じゃないみたいです。
ぜひ行ってみたくなりました♪
「江」、毎週楽しみです!!
江がこの後どのように成長していくのか見ごたえがありそうです。
Commented by polepole-yururin at 2011-01-23 18:40
yukkolinさん、そう、田舎の辺鄙なところには、不思議で、きれいで、一見異国?何処?て思わせるような場所があるの。
誰も知らない場所ほど、そういう感じを漂わせている♪
今日は「江」ですね。豊川悦治の信長が今日は見物かな(笑)
Commented by toco-luglio at 2011-01-23 20:03
こんばんは~お久しぶりです。
にうすぐ「江」が始まりますね!
余呉湖、本当に綺麗でした。
ワカサギ釣りに目覚めた娘が、「余呉湖」にもワカサギがいて釣りができると知って「ヨシ!」とか気合を入れています(笑)

湖の琴...懐かしいなぁ。
昔、映画を見たことがあります。
実家に水上さんの本がたくさんありました。
私も探して読んでみます。
Commented by polepole-yururin at 2011-01-24 08:39
かまくらさま、ワカサギですか・・・むすめさん渋い!今はワカサギ釣り客でにぎわう余呉湖ですが、あの風景がなかった余呉湖はホント寂しいところだったでしょう。
そんなにたくさん水上さんの本があるのですね。水上さんは寂しい小説をかかれますね。私も今違う水上さんの小説を読んでいます。
by polepole-yururin | 2011-01-16 11:51 | 歴史 | Comments(8)