ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

イトトンボ

f0215179_10563287.jpg

蓮の園に引き寄せられて、何気に草むらを歩いていると、ふわふわ~と何やら気配を感じ、目を凝らしてみると・・・・イトトンボ♪
あ~懐かしきイトトンボ。
子供のころ、家の庭の薄暗いところを、フワフワ~と漂っていた。
あまりにも繊細な容姿に見入っていたものだ。
今も何処でも良く見かけるトンボは、アカネトンボである。
黄色と黒のしましまの胴体、ちょっぴりぽっちゃりしているアカネトンボ。
秋になれば、アカネトンボの赤いやつもお目見えする~。
私の小さな頃の記憶の中にとどめているのは、このイトトンボ。
なかなか見ることが出来なかった。
このイトトンボはアオイトトンボという。
細い胴体が、緑ぽく光り、存在を消しているようにも見える。
たやすく捕まえることも出来ないイトトンボだから、よけいに神秘的に感じたのかもしれない。
そのイトトンボは、アシなどの生えているところに産卵するそうで、琵琶湖沿いのアシが生息している場所には、まだ見られるのだな~♪
子供のころに戻ったような、うれしい気持ちになった♪
思わず草むらに寝そべった。
イトトンボが顔の上をフワフワと通過する♪
こんなことしている人・・・誰もいない。
この蓮の園と園に続く草むらには、誰も足を運ばない。
ここを訪れる方は、プール目当てにやってくる。
自動車でやってきて、すぐにプールにむかい、プールから一目散に自動車に乗って帰ってしまう。
親に連れられた子供たちも、足早に去っていく。
こんなに近くにイトトンボがいるのに~。
今の子供たちは、立ち止まることを知らない・・・出来ない。
目的は、遊具であり、物である。
何かがないと時間を費やせない・・・。
足早に過ぎ去ってしまうその間に、事の面白さは刻まれているように思う。
イトトンボ・・・その姿は繊細で、見えにくい。
イトトンボ・・・見つけたときに、時間の空間にとどまることが出来るという~♪
[PR]
Commented by たさり at 2010-08-23 19:52 x
イトトンボ。かわいいですね♪

トンボの羽化は、結構難しくて、うちでもヤゴを飼って羽化させましたが、5割の確率でした・・・

カマキリは、あれだけ、たくさん産むだけあって、やはり繁殖はなかなか難しく・・・

人工的なものでなく、自然に目を向ける。
こどもは一番自然に近い目線で生きているはずなのに、なかなか難しいですね~。
「歸國」というドラマで「豊かなのと便利なのは違う」というセリフがありましたが、やはり、私たち親世代は特に、そんなことを考えながら生きるすべをこどもたちに伝えなくちゃな~と思う毎日です。難しいですがね~~(汗)
Commented by makonowa at 2010-08-23 21:51
里帰りっていいね♪
琵琶湖の自然をたくさん受け取ってきたyururinさんとの次回懇談会が楽しみだよ!

そうそう近頃の子どもと言えば 姪っ子は「稲がおもしろい。。」と言いずっと眺めているとか、いいセンスしてるわ~
Commented by polepole-yururin at 2010-08-24 09:05
たさりさん、トンボ孵化させたのですね~すごい!
ヤゴ・・・死なせてしまいました(涙)
カマキリは昔借りていた家の玄関で孵化したもので、ある時いっせいに小さな小さなカマキリが、玄関の壁を「カマキリ・・・カマキリ・・」とヤッターマンのメカのように行列を作って出てきました。
感動と、気持ち悪さが交互にやってきたことを覚えています。
こういうことは、ゆとりがなくては、見れないことかも知れまえん。
ありがたいことです。
Commented by polepole-yururin at 2010-08-24 09:14
makoさん、そういう、自然を見て面白いと思える感性は、大事ですよね。
ゲームなどの刺激につかっている子供たちは、自然の動きには目が留まらない・・・。
ゆっくり過ぎて、時間のロスと思える子達が多いようです・・・。
私もあるときまでは、そうだったかもしれません。
自然の流れに身を任せることは、今の時代意識しないと出来ないことかも・・・。
Commented by ohana-karenn at 2010-08-25 13:09
ひらりです

のんびりしていて、いいねぇ。
いつの頃からか、都会には住めないって
感じるようになったよ。
大きな木々とか一面の草とか、虫とか花とか、、、
そういうのを肌で感じないと、生きているっていう実感が無くなってしまうというか・・・・。
都会は、少子化。虫も住めない都会には、子供も住みにくいっていうのかなぁって、最近思っちゃう。笑
Commented by polepole-yururin at 2010-08-25 20:51
そうですね~。感度の高い子供たちは田舎へ、自然へ向っていきます。
体調崩しやすかったり、登校拒否や、病気といわれる子供たち・・・実は、自分の身体をタテにして家族に本来の生きていくべき居場所を、大人たちに教えているのでしょうね♪
by polepole-yururin | 2010-08-23 10:56 | 宇宙 | Comments(6)