ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子供達を守ろう!それにつきる!
f0215179_14553515.jpg

東京都知事選は最悪だ。
なぜもっとちゃんとした人が出馬しなかったのか・・・
これは見えない圧力が動いているのか・・・自由がない。
誰かが言っていたように、アメリカの選挙を見ているようで、他人の悪口合戦だ。
大人になって、あまり選挙演説を聞いた事はなかったが、子供の頃、小学校の前に選挙カーがぐるぐる回っていて、手を振っている人にやんちゃな友達が手を振って、それにありがとうございますというウグイス嬢。そんな風景が選挙だった。
自分がどんな政治をしたいか、それを一生懸命訴えていた。例え公約道理にならぬともそれなりに道理を通していた。(利権も確かにあったが・・・)
けれど、今の選挙は悪口は無礼講。おとしめ合戦とマスコミたたき。
マスコミは鳥越氏の負ばかリ広げている。
もううんざりだ。

少し昔イギリスのダイアナ王妃がマスコミバッシングにあって自動車事故で亡くなった。
その空気はイギリスはもう最悪の国だ。マスコミの動きはひどいものだ・・・それに比べてまだ日本はそんなに・・・とそんな空気がまだあったのだが、今は、本当に同じ。
アメリカの大統領選も同じ。
ここまで壊れると、うんざりする。

ただ怖いのは私は小池百合子氏だ。
自民党分裂とかいいながら、自民は二人を出して、総理は増田氏を応援していると言うが、小池氏の背景も同じもの。
さらに教育の核が国体へ動く事が加速する。
これは本当に要注意!
国旗掲揚とか、国歌を歌わないと・・・という学校への圧力があり、ちょっと前大阪維新の橋下氏が言いたい放題言っていた。その雰囲気をテレビ画面からみると、いつものマスコミの問題だとスルーしてしまうが、実はものすごく危ない行為であった。
この事は息子が通っていた中学では当たり前で、その空気は高校まで播種している。
子供や孫がいる人は、もっと学校での出来事に関心を持つことである。

いまこんなに危うい時代になったのは、日本会議と言う団体が突如現れた訳でない。
戦争が終わっても戦犯がすべて亡ったのではない。戦争の反省を本当にしたのかも定かでない。
戦犯もABCあって、その人々の意識等違うので、心からすまないと思っている人ばかリではなく、何で私が戦犯なんだという人も多かったと言う。
それでも思考を180度変えらせて、仕方ないという言葉を吐かせ、新しき時代に突き進むしかなく、物のない時代を戦争であえて作らせて、物質欲とアメリカの思想をどんどん入れられて、戦争そのものを考える余裕もなかった。そう思うが・・・
そういう中で、『もう一度』と思う権力が死んでいなかったわけだ。
これが日本会議という組織を作らせてしまった。

その人たちの意識は、宗教と思想で塗り替えた江戸から明治の時代をもう一度やり始めていた。
それが、新興宗教であり、学校教育へ少しずつ少しずつ入り込んでいた訳だ。
その学校教育が私たちが受けた教育だ。
廊下を走らない。廊下は右側通行。悪い子、良い子を言わせる終わりの会。鼓笛隊、運動会。毎週一回の体育館の集会。国旗掲揚、国歌斉唱。当たり前にあった。
いまさら・・・と言われてもと私は思ったし、私の10歳上の50代も言っている。
ただ、この教育が、他人の目を気にして自分を自分で縛る抑制を強い、褒められたい、認められたい症候群になっていた。
だから知らずに学校の教育や地域の空気から、良い子をめざし、悪い子を排除する意識を刷り込まれていた訳だ。
私はそれでも今の思考を少しでも持つ事が出来たのは、親の育みだったのだと今思う。
差別なく、どんな人にも優しかった、純粋に生きた母の背中を見ていたからだ。ただそれを気のいい、お人好しともいうのだろう。

国家神道の動きが停まらず動いている。
それも1970年代から着々と・・・そして、その動きは日教組とか、教職員組合への弾圧に行き着き、上の言う事を聞く教師の育成がなされていた。
この圧力は広島の高校の校長の自殺問題に行きあたり、15年前の磐田市の小学校教師の自殺にも行きあたる。他にもいろいろ・・・
この問題はマスコミに大きく取り上げられず、特に磐田市の問題は知る人ぞ知る問題である。
また自殺と言う言葉が日常に乱舞すれば、この言葉で自殺と言う行為は普通の出来事のように置き換えてしまう。
しかし自殺にいたるまで、そして自殺後もその人の問題とその家族の背景、心情あらゆる幅で大きな歪みを来していることを思考する必要がある。
それが単純化して過ぎていく。
だからまただとやる過ごした問題をちゃんと問題解決していくべきだった。
自殺へ移行する問題を鬱や心の病と言う言葉で、カウンセリングや心療内科、精神科、薬で解決するこの方法が大きな間違いであると私は思う。
真面目故、物事を真っ正面から受け止め解決しようとする意識や責任をとろうとする正義感から自殺へ追いやってしまう。
でも自殺に追いやった行為、出来事、圧力、他それに伴い責任を追及されるべき人が、責任をとる事をしないで、原因を作った思想が逆に居直りニコニコ表面だけが笑ってま〜ま〜と理解者のような振りをする。
そう言う人が出世街道まっしぐら・・・
おかしい事を言えぬ社会がずっとずっとあり続け、表向きの言葉を持ってどんどん教育の中に入り込んだ国家神道だった。
それをもっと強く統制する教育改正に乗り出した安倍総理。2006年に大幅に改正し、さらに2015年にもっとごり押しした。
そのときの文部大臣は下村氏。彼も日本会議メンバーで、会議では恐ろしい言葉を吐いている。
小池氏も同じくその背景を持ち合わす。
東京都知事に小池氏がなったら、教職員組合にもっと圧力がかかるだろう。

これは教師だけではない。
子供たちにもう忍び寄っている。
自閉と多動ということで、いまや学校からスクールカウンセラーにと言われ、心療内科に勧められ、向精神薬を飲んでいる子が本当にいる。
その子たちは年々増えた。
何で増える?
さらに言う事を聞かない、やんちゃな子や自分を持つ子たちが今やピックアップされ始め、同じ経路を辿り始めている。
この話は6月の『子供が危ない』という記事にも書いている。
薬を飲んでおとなしくなって・・・教師はそれでいいと思うのか?
薬を飲んだ子供達の将来を考えた事があるのか?
その親も病気だといわれ薬を飲ませるが、その子が薬で治ると思うのか?
一生その子が自立できない事にもなるのだから・・・
その子の夢は何処にある?

この問題もアメリカ追従の問題点だ。問題ある薬を日本は制限なく流れてくる。
日本独自の医療をやればいいのに、なぜアメリカの医療を薬屋とともに日本に入れる。その医療をなぜ教育と一体化させる?
さらにその体制が国家神道を貫く、統制社会の教育の一環である事が許せない。
国家神道を推し進める人たちは破壊される子供達の事が見えていないのか!?
大人たちは言う事を聞くわが子を愛するのかもしれない。でも言う事を聞けない子は、その思考が間違いだとわかっているから言う事を聞けないのだ。
追従される喜びに鎮座する人々は、追従される事で安心感を得ている。
でももうこういうピラミッド社会は、破壊しか生まない。
今だけ金だけ自分だけの利害関係の社会はもう本当にピリオドを打たないといけない!

この本必見!f0215179_1453138.png
野田正彰著『戦争と罪責』
シールズも学者も『丸山真男』の民主主義から戦争を語っているが、本当の戦争とはどんなものか、そのもっと奥に潜む人々の思想を感じ取らなくては、戦争は言葉だけで固定され、ものであるように錯覚し頭だけの処理をしてしまう。
けれど、野田正彰氏の『戦争と罪責』には、国家神道が浸透すれば、人々の意識の中に私たちが今抱いている人への向き合い方、殺害の向き合い方、人権の問題は恐ろしく溶けていく事を伝えている。
あの頃の戦犯がどのように思考を取り戻してきたのかを理解すれば、破壊からは破壊しか生まないのだと言うことをいたほど実感する。
まず、今この本を読んでほしい。
もう私たちは政治家に託すよりも、それぞれが本当は何かを日常の生活の中でつかみ取り、一つ一つ置き換えられた認識を改め直す事である。
この医療って大丈夫?
この教育って大丈夫?
この宗教って大丈夫?
この食べ物って大丈夫?
この農業って大丈夫?
この住まいって大丈夫?・・・これってきりがないけれど。一つひとつ。


三宅洋平氏が安倍夫人と・・・そんな記事がでまわっている。
確かに、今この行動はいかんやろ・・・
でもこの三宅氏に共感したのは選挙運動でもなく、あの人が叫んだ本当の事と、あの人が示したビジョンだと私は思う。
そのビジョンをそれぞれが自分のもとに引寄せやり始めていくことで、事は動いていくと思う。
いい話をされればこの人に!と動き、事が外れれば・・・と不安定な思考が戦後の社会を作り70年後がいまである。
戦後、すべてを失った人々は、物がある便利な社会を夢見て物質社会を求めていった。
しかしその思いは、アメリカの消費社会を真似ただけだった。
もったいないと思う気持ちは消え失せて、物はいつまでも溢れんばかりにあるのだと錯覚したし、エネルギー中心の便利社会は、原発を肯定し、放射の汚染で家を失い、命をも脅かし・・・
もう正す時。一人一人。
賢くなろう・・・子供を守ろう!






・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2016-07-21 11:58 | 私のこと | Comments(0)

おかしな情勢分析

追記

明日7月10日は参議院選挙投票日!
是非、選挙へ行ってください。
私はもう既に行きました。

昨日、知人が三宅洋平氏の選挙フェスへ行った。
f0215179_11545265.jpg

その知人は、昔からpatagoniaの服を愛用してる。
高いのに・・・なぜpatagoniaなの?
社会に、地球にコンセプトもってずっと続けている会社。
オーガニックコットンとこの売り上げをちゃんと自然や人々に還元してる。
この形は変わらない。
縫製が丁寧で、身体に優しい、地球に優しい、コンセプトある所がいい。
このコンセプトは、三宅氏も同じ。
彼は演説でも言っている、patagonia。他彼も沖縄で三宅商店をやって、身体にいいものを提供してる。f0215179_11555466.jpg
もったない精神のいい物を丁寧に、大事に使う。このコンセプトは日本人がちゃんと持っていた。
今日から、思ったときから始め続ける。
選挙と同時に生き方変える。これがこれからの生き方。
知人は昨日買ったヘンプのTシャツ来て、M氏とともに新しい未来へ意識はせて!
_____________________________

今日は七夕。久しぶりに天気がいい7月7日。
ひこぼしとおりひめが出会う。
ここでも裏山に行って笹をとり、子供達といっしょに昨日笹飾りを作った。
今日はアゴラに通う心の病を医者に言われたお姉さんが短冊を書いて願い事。
「小さな幸せがちょくちょくおこりますように〜」
「子供達が生きやすい社会へ。利権解体!」私の短冊

幼い子供も知っている。幸せの意味
f0215179_16372980.jpg

読売、サンケイ、さらに朝日、そして東京新聞まで、政治情勢を歪ませてる。
真実を伝えない。
選挙は終わっていない。
さらに憲法改正に向けて、国民はとんでもないと思っている。
日本会議の出没も、気持ち悪いって思っているのが大半。
公明党の嘘もだだ流れしている。
今まで以上に憲法記念日でデモが起きたり、国民は明らかに政治離れどころか、政治に関心を向けている。
私みたいな主婦がじっと原発事故後、政治に釘付けで、世の中の動きに釘付けになっているのだから・・・
その影響はおばちゃんらの口から口へ伝えられ、スマップやディズニーにぼけているお母さんたちにも伝え行く。
その口コミの威力ほど恐ろしい者はない。
こんな巷で感じる空気、その空気を違う所でも感じたいから他府県に出てみれば、もっと意志の強い人たちが声を上げているではないか。
さらに声を上げると言うよりもあたりまえに語っているし、もっと個人的な表現で今の政治の危うさを伝えている。
これが私の日常の風景である。
けれど、テレビからは違う景色が流れているし、新聞もラジオも同じ。
朝日新聞はリベラルだと言うスタンスをとっていたが、三宅洋平の事を無視して、今から改憲勢力が3分の2をとる勢いという絵面にうんざり。
長年読んでいた朝日ももう止めようという意識が当たり前に家計の財布を握る私はそう決意するし、他のお母さんたちもそうなるだろう。
嘘の新聞などお金だして読みたくもない。

月3600円ちょっとの新聞代をもっと実りある市民メディアに投入しよう!そう思っているし、してる。(iwj岩上安身ネットや 電子雑誌『Lapiz』・・・買う物だってそう、危ない物は買わない。。。個人でやっている所で買うことにする。信用あるのみ)
だって今読む所が本当にない。
よみうり、サンケイ、東京新聞も三宅洋平氏の選挙報道の本当を書かないとなると、信用を失うだろうに・・・
これほど、政府がメディアを買ってしまったのか。
でも一時的な買いで政府に加担したとて、消えた信用はもどらない。
NHKはとうとう今週の出来事にこの大きな参議院選挙の事をお知らせしない。
腐りきった大本営。

この間、戦時中の紙芝居を見に行った。
そこにあるのは、あの頃連れて行った手法云々。
すごいにつきる。
昔の人の賢いこと。
表現者の域が自然に且つとけ込んで子供たちや民衆の心を戦争に連れて行く。
スパイにご用心という意識まで刷り込んで、自らの自衛を促していた。それが、治安維持法に繋がっていく。
この手法、もともと日本の教育から動いていた。
大日本帝国憲法と教育勅語。
その宗教のような教育で、全体主義の中のひとりにすぎないと刷り込まれていた日本人。
その思い一つで自己犠牲の精神が芽生え、自滅する。
その間に軍需産業は大儲け。
三宅洋平氏の選挙フェス(7月8日池袋西口選挙フェスはもっと熱い!)の中にちりばめられている事は、事実故に東京選挙区でなくとも、全国の人たちが聞くことであらゆる事が見えてくる。f0215179_16173178.png
三宅洋平氏をメディアから消せば消すほど、その真実が浮き彫りにされて、何処のメディアが嘘つきなのかをあぶり出しているようだ。
日本人は愚民だと言われる。
けれど、愚民にしたのは、明治以降の政治だ。
何も教えないからだ。明治から臣民はありのように働いて何も言わずに号令についていけば良かった。それが明治以降の長州率いる政治家と財閥の意向だった。
よく考えてみて・・・
日本会議さんが日本国のためという意識が安倍自民党と公明党と組んでいる事自体おかしい。
国をアメリカに売っているその政治になぜに加担する?
靖国神社にいる戦没者の方に聞いてみるといい。これでいいんですか?と・・・
権力は国ではなく、個人なのである。
個人の利のためにあっちにほいほい、こっちにほいほいと靡いている根無し草。

面白い話がある。f0215179_15545288.png

ショックドクトリンというナオミ・クラインの著書。これには地震、戦争等のショックを国民に与えて心の不安を煽り、クーデターが起きる。その実験をシカゴ大学で学生たちを実験台に使って精神分析をした。その結果を元にまず起こされたのが、チリのクーデターだった。
このチリのクーデターは、昔プリンプリン物語というNHKで夕方六時半頃に10分くらいの人形劇があったが、そのクーデター後のチリをモチーフにして書かれたお話だと言う。
ルチ将軍・・・
チリがなぜリベラルな政治から軍事クーデターが起こったか・・・。
その答えは、チリの学生がアメリカへ留学したからだ。シカゴ大学で経済を学び、学び得た学生が、エリートとしてチリに戻って大学の先生として豊かな国の経済を伝えるのである。f0215179_1555144.png
しかし、この豊かな国の経済学は、アメリカに有利な経済学である。つまり規制緩和を敷いて、チリの国益が他国に流れる経済を伝える。というといかにもアメリカが悪党になってしまうが、要は今よく言われる1%の富裕層へ流れるシステム。つまり利権に流れる経済の流れに作り替えるのである。
石油利権・・・車社会。ガソリン、飛行機、石油で出来る物がすべて石油利権である。ちなみに薬は石油からできているから、めめかすの量で出来、永遠に飲み続ける薬は石油利権。
原発利権・・・原発、核爆弾等の武器、レントゲン、CT、RI、・・・
どの国に、どの大学に留学に行くかで自国が変わる!
今の日本の政治家が何処から帰っているかを知るといい。
ショックドクトリンのDVDをみると、チリのクーデターはナチスだ。
他にも点々とアメリカで学んだ他国民は自国で同じような事をして自国でクーデターを起こして破壊させていた。
それをみて、安倍政権を思った。
まさに日本も起きていた。
けれど、今始まったのではなかった。明治から始まる権力の暴走。
資本主義社会とは、こういった一握りの権力が利を得る為に多数を苦しめる構図なのである。
だから暴走を止めるのだ。
憲法と言う箍(タガ)をしっかりはめていく。

面白いアニメを見た。
f0215179_1641450.png

『アブラカタブラ  1970年作』
悪魔は知られると出て行くのである。
知られないから好き勝手出来るのだ。
そんなアニメを見つけた。f0215179_165181.png
ジブリから出ている優しいアニメ。
是非!

あっちこっちで本当が囁かれた。
本当を知っていこう。そして本当を知る為にまずは憲法を守ろう!
これだけは譲れない!







///
[PR]
by polepole-yururin | 2016-07-08 09:22 | Comments(2)

アゴラのお話会

 〜アゴラ・お話会のご案内〜

e0253482_94772.jpg 

e0253482_8552889.jpg


野良猫のみ〜、ゴミをあさっていたときのみ〜は、怖い、ひねた顔をしていた。
今のみ〜は優しい顔で、声を出す。
愛情ってこういう事

今、子どもたちの周りでは何が起こっているの!?  
そういうことをお母さんやお父さんたちに知ってもらいたいのです。


*何で?

子どもたちのいる社会が変わってきているから・・・

*どう変わってきているの?

子どもたちを取り巻く環境が大きく変わってきたのです。
こどもたちの側にいる大人たちが、知っているか知っていないかで子どもたちのいる環境は自由にも窮屈にもなってしまいます。
だから、お話ししましょう!
時にはいろいろ知っている人を招いてお話をしてもらったり、時には日頃の子どもたちのことを親さんたちが話したり。

これから月一回から二ヶ月に一回、こういうお話会を開きます。
日程は随時変わりますから、Blogやアゴラで伝えます。
他にも随時個人相談等行います。気軽に声をかけてください。
                 
                           アゴラ子ども美術工場
_____________________________________

昨日から始まったアゴラのお話会。
突然日程を決めて伝えたけれど、10人ほどの方が集まって始まった。
学校で何が起こり、何で解決されているか・・・その事を話する。
さらに医療者だった私と、病気したときの経験で、薬の効能、副作用含めて話した。
知らなかったらスルーする。
自分ごとになって感じ始めるが、誰に相談していいかわからない。
そこに寄り添おうと始めたお話会。
学校で振り分けられ、心療内科で精神薬を飲み始める子供達。
これを異常と思わない社会ってどうだろう。
医療者が新しい医療システムだとか新薬が開発されたといわれると安心して始まる医療。
これって信じられるのか!?
私は医療者だった。最新の医療を目の当たりにしてきたが、治るってことはあまりない。
病院内では命が救われたと判断できても、退院後その子が、その人がどうなったか・・・
そのデーターはあるのか・・・
特別学級の子が中学普通の学級にいるのか!?高校はどうなったか?高校卒業してどんな生活をしているのか・・・その足どりをしっているか。
授産所がたくさん増えた。一日300円の賃金貰って。
薬を飲み始めた子はカルテが作られ、ずっと移行する。これをプライマリーヘルスケアだという。
すべて見通せる医療体系。これがマイナンバー制で行政にも一目瞭然。
これっていいこと?
子供の将来って無限。
どんな者にもなりうる、どんな事でも出来る・・・これってみんなに平等?
薬の副作用が子供達にどのように起こり、将来どのように成長するのかのデーターってないよ、
若年化する子供への精神薬投与がなされてからまだ年月浅く・・・
特にこの要な事が始まったのは、安倍政権になってから急速に進む。規制緩和って言葉によって薬がアメリカや海外から入りやすくなって来たからだ。
さらに教育改正で、個を外し社会に貢献できる子の育成をスローガンにした文部省は、その為の具体策を徹底する。
それが各学校に行き渡り、カウンセリングが加速して、言う事聞けない子、学校や幼稚園のカリキュラムをこなせない子は枠外と見なされ、薬服用にいつか移行する。
政治と教育。
政治が何を目指すかで、子供に何が起こるかを想像しよう。
統制と恫喝・・・その恫喝が虐待となるのなら、もっと優しい行為をおこなおう。それが薬なのか・・・
おとなしくなるっていいの?
なぜ暴れれるの?
これは根本的に社会が窮屈だからでしょ!
子供をあの頃のように軍隊にさせたいんでしょ?
家畜と言う言葉をネット上で聞くけれど、ほんとにそう・・・
私たちは誰かの支配下にいる大勢多数じゃない。
一人一人人格がある。
個を潰すってこういと。
薬利権の成れの果て・・・ここまで壊してどうするの!?
各大人が今の社会のあり方をまず知ろう。
そしておかしいと当たり前に言っていこう。

この記事関連Blog

三宅洋平氏の選挙フェスが熱い!
個を大事に!とアーティストが叫ぶ!
そうぞう・・・創造と想像・・・ジョンレノンもいう。
イマジン
そうぞうできる人間形成がこれからの未来なのだから!

三宅洋平イメージビデオ



・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2016-07-04 09:15 | お知らせ! | Comments(0)