ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0215179_01471144.jpg



3月22日、官邸前で大きなデモがあった。
主催は、11分野からなる団体の発起による安倍政権NO!のデモだ。
消費税、TPP、医療、沖縄、集団的自衛権、原発推進、雇用問題等、安倍政権のやっている政治すべてにNOを突きつける。
この記者会見では、一人一人各分野においてわかりやすく、なぜ安倍政権にNOなのかを伝えている。
すべてにおいて安倍政権のもくろみが感じられいて恐ろしい。
その中に若者が3〜4人見受けられた。
大変印象に残る琉球大学の平良海舟君の記者会見。
沖縄がいかに日本の国の犠牲になり、アメリカと言う国と日本の関係を浮き彫りにさせ、アメリカの戦争に日本が貢献していた状況がわかる。
ベトナム戦争には、日本も関与する・・・
この若者達の声を聞いてほしい。
この日本の未来を生きる若者達。彼等がこれから本当の当事者になり、生きて行く。
それも今までの大人が作ってきた社会の中で・・・

琉球大学の平良海舟君の記者会見を下に・・・
______________

沖縄県のあの事を話せと言われても僕は話したくありません。それはなぜでしょう。野蛮で魅惑的な島なのか、左翼の島なのか、基地経済に依存している島なのか・・・
右なのか左なのか、独立なのか放棄なのか、賛成なのか反対なのか
その線引きを強いられてきた歴史がある。
しかし僕はどの言葉もうんざりしている。
どの若い世代も同じその人は多いでしょう。
僕はどれでもないし、どれでもある。
僕は何も考えず、何も言わず、何もせずただ毎日を生きていたい。
けれど僕は無関心で無意識に生きていられません。

今日も米軍の飛行機が空を飛ぶ。
その騒音が聞こえて来る時、僕には声が聞こえてくるような気がする。
それは沖縄戦で死んでいった最後の声、じゅうけんとブルドーザーがやってきて土地を奪われた人たちの怒りの声、さらに沖縄から飛んで行った飛行機が殺したベトナムの人たちの断末魔の声まで
それは沖縄の傷つけられてきた人たちのことばにならない叫びの声でしょうか。
しかしそれが過去の話なら何も言う事はありません。
それが過ぎ去った事だからです。しかし時代は止まっていません。
時間はその過去を引きずって続いていて、暴力的な歴史は継続されています。
沖縄の新基地建設は、今また沖縄の人たちを傷つけています。
これから今僕は、彼らの声を紡ぎ、反対の声を固める必要があると思う。
安倍政権の強行する新基地移設は、また沖縄の人たち、何も語らない人たちを 言葉を持たない人たちを 暴力的な論理で押しつぶそうとしている。
僕は、これを見たとき、条件反射のようにNOと言う言葉が出てくる。
これは論理でもなければ、思想でもない。
正当性の感じられない強い力に押しつぶされるとき、NOと叫ぶことは、人間の最後の希望を持った行為なのです。
叫びは破滅的な状況から未来へ向けて飛ばされる。
彼等は誰かが声を聞くと信じて叫んでいる。
あの原発事故が起きたとき、僕たちは小さな声が真実を伝えた事に気づいた。
そしてあの時から僕たちは、真実に向き合う強さを得た。
今僕たちは声を上げる時が来た。
希望が無ければとハーベル・ミルクは言いました。
希望だけでは生きてはいけない。しかし希望がなけなれば生きていく価値はない。だからあなた方に彼等が希望を与えなくてはいけません。
希望の一歩を踏み出しましょう。
僕は安倍政権に反対します!
_____________

沖縄は、安倍政権により暴力的な仕打ちを受け続けている。
知事の意見を完全に無視したアメリカ追従の行為である。
原発事故は原発の実体を教えてくれた。さらに日本が核武装していたんだと教えてくれた。
沖縄は戦後日本が独立していなかったんだと教えてくれた。そしてベトナム戦争が日本と何ら関係ない戦争だったというウソを教えてくれた。
今私の家の上にも昼夜を問わず、自衛隊の飛行機が行き交う。
遠くの方から大きな音を轟かせて飛ぶ飛行機、ヘリコプター、輸送機、戦闘機・・・このおぞましい光景を沖縄はもっともっと昔から、戦中戦後聞いて、見ていた。
安倍政権は政治献金問題も各人溢れるようにでているのに、退陣しないのはなぜか・・・
悪さをしてもなぜ辞めさせられないのか?
立法はどうなっているのだ?
様々な疑問、そして国民を無視したこうも私利私欲の為に動く政権は無い!
そして原発事故問題は、世界の大きな問題なのにそれを正す事をせず、原発ムラのために動く。
本当に大事な事に直視しない政権である。
今日も知人からmail。
小学校の学校目標の変更をわざわざ親に配布。
個人の尊重から社会に貢献する人間育成と変更すると・・・
わざわざそんな紙を出すじたいおかしい。知人は教育勅語を意識したそうだ。
下村文部科学大臣はもう辞任してもいい人だ。政治献金問題で明らかな違憲だと言う。
なのにマスコミが叩かないし、テレビから情報を消せば事が終わるこの日本の実体に大きな怒りを抱いている。
誰が正すのだ?
もう目覚めなくてはいけない!
海舟君の言うように希望を繋げないといけない。
ならば声を無くしてはいけない。
声をなくせば安倍は暴走し続ける。
窓を閉めて暴走する車だと言った沖縄国際大学の教授の言葉があるが、本当に無視の一手で、停まる事をしない暴走族。
ヤンキーを超え、暴走族、・・・それ以上。
各地で声を上げている。
朝日新聞記者の植村氏は、言いがかりを週刊誌につけられて、安倍政権に加担するネットの人たちに恐ろしい攻撃を受けた。しかし言いがかり極まりなく、その正当性を裁判で訴えている。
他にも弁護士達が各地で秘密保護法にNOを突きつけ、安倍政権を訴えている。違憲であると・・・
これをやってくださっているから秘密保護法が今足踏み状態なのである。
だから我々市民は裁判所に出向き、傍聴席でその調停の状況を見守る数となって立法を監視してほしいと言っていた。
他にも弁護士の河合弘之氏は、映画「原発と日本」を制作し、日本中を講演活動している。
各地で有志による上演をはじめている。
是非この映画は見てほしい。子供を守る事は、本当を知る事だ。誰かが作ったシナリオに踊らされては守れない。
声を出し続けるから彼等は停まりつぶれて行く。
声をなくせば、彼等の暴走は加速する。
この関係を忘れずに!






[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-26 09:18 | 政治(思う事) | Comments(2)

今子供達を見て思う事

e0253482_9161740.jpg


もう一つにBlog「里と湖のポレポレ時間〜」を書き始めて4年。
ちょうど震災が来てからか・・・
私もその頃からアゴラでおばちゃん先生として関与し始めました。
それまでは送り迎えのお母さん。
今日は、Blogを読み返し思う事を書きます。

子供達の成長ってすごいです。
たった4年、その歳月で子供達の顔が変わっています。
幼子が、子供に、子供がお兄ちゃんに・・・
あ〜、あどけなかった子供達が、今こんなに成長したんだ。と思う時、あ〜今何してんだろうと思う時、あ〜あの頃、うんともすんとも言わなかった子が、あ〜いっぱいお話しするようになったな〜。ものを丁寧に作るようになったな〜。しっかりしたな〜。粘り強い子になったな〜。面白い子になったな〜。・・・・e0253482_9165439.jpg
その様子を見てみると、アゴラの先生が言う待つ時間、あなたがあなた自身なんですよ。あなたが大事。子供は20年のスパンで見てあげる・・・その言葉を思い出します。
大事にされて、その子の良さを認めて、ずっと待つ・・・その待つ時間が氷山を溶かすようにじわじわと変化してきます。
障害?って思われる子が、アゴラにやってきて、先生はその子を障害って枠では見ない。同じようにひとりの子供として接し、その子の良さをみつけます。そしてその子にもちゃんと向き合います。
その子は、言葉が話せない・・・でもゆっくりじっくり表現します。
そして6年が過ぎ、3年が過ぎ、1年が過ぎ・・・さて大学受験の時期。
僕は、〇〇大学へ行き、〇〇を選考し、、この表現活動をして行きます。一人でも大丈夫、表現者ですからとはっきりという。
視覚的に捉える表現は生き生きしてる。
この待つ時間と、大事にする時間を大人がちゃんと提供することによってひとりの自立した大人に成長するんだと実感します。
つまり、発達障害とかいう枠、レッテルを貼られて就学時検診や5歳児検診でピックアップされる今、子供達はいとも簡単におかしい枠を貼られて区別されます。それは生産制をあげる為には不利なこだから・・・e0253482_9192070.jpg
鎌田慧氏の「子供生産工場」と言う本があります。これは私が子供の時に名古屋であった教育体制の極端な構図を生産工場と文字って題名をつけられ語られたドキュメンタリーです。
私達は知らず知らずに学校で教育を受け、その教育を受ける前に、就学時検診等受けます。親として行政の言う事は当たり前の理にかなった事だと思っていますし、その対象にならなかったら、他人事ですから。
でも、その就学時検診が、私の子供時代以上に危うくなっています。
発達障害と言う言葉が昔はなかった。
いまその言葉が当たり前にできて、みんなと同じ事が出来なかったり、多動とか言われる事、自己主張できない子、様々な理由でチェックリストにピックアップされている子供達。
その子達は、違う教室で・・・とか養護学校へとか・・・あるいは安定剤、カウンセリング、心療内科へ・・・と誘導されます。これは教育の医療化と言います。
ひどい教育体制になっています。e0253482_921497.jpg
だから
親御さん達は、子供の見方になっててください。
今ひとつ子育てとはどういうことなのかって考えてください。
優しさと放任は違います。
優しさと過保護も違います。
統一しない怒りも間違っています。(気分で怒る時と怒らない時がある。それではしつけにならない)
しつけは、締め付けではありません。しつけは最低限のモラルを伝える事なのです。挨拶、お礼、自分が汚したものは自分で片付ける。ゴミ箱に捨てる。公共のものも自分のものも他人のものも大事にする。借りたら返す。他者を排除しない・・・様々な事がありますが、その最低限のしつけが消えています。
核家族でお父さんお母さんも仕事等で大変で余裕がありませんし、おじいちゃんおばあちゃんも昔のおじいちゃんおばあちゃんではないので、叱り方も変わりましたし・・・
つまり、今のおじいちゃんおばあちゃんも裕福になって、消費社会になれてしまっている。そこにものを大事にする意識が消えてきた・・・豊かさが心ではない、ものの豊かさへと返還した。評価されるものが、勉強であったり、勝負に勝つ事であったりとやさしいな〜ということは評価に値しなくなっている。勉強できたり運動できたりしたら、何でも許される教育観・・・
そんなものを感じます。
遊びも変わりました。ゲーム、携帯、パソコンは、度を超しています。
そのゲーム、携帯、パソコンに心を持っていかれてしまっている子供達とそれをやっていない子の差は本当に一目瞭然です。
これからの子育ては、親の意志が問われます。
世の中の流れに沿って仕方ないわ・・・と楽なもの、テレビから流れるものをあてがわしてしまっては子供達は声を失います。受動的な人間作りの育成ですから・・・

親が与えるものが子供をつくります。f0215179_22231783.jpg
そして大人になって行く。
親が保育所、幼稚園、学校を選択する。その環境も子供の人格形成に大きく反映します。
ちゃんと叱り、ちゃんと大事に育んでくださる環境作りを親御さんは野生の本能を発揮して探してあげてください。

あの頃の笑顔が消えないように〜。
あの頃の笑顔がさらに輝きますように〜。


2015年3月16日
[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-20 22:19 | 子育て(思うこと) | Comments(1)

鳩山総理への非難

3月13日追記
f0215179_1024674.jpg

元首相の鳩山由紀夫氏が、非難されている。
テレビ報道では、鳩山氏は宇宙人だの批判の対象となっているが、果たしてどうなのか?
私は、クリミアの実体をちゃんとこの目で見て、伝えようとしている行為に思える。
鳩山氏の行為の方がちゃんとした外交であると思う。
現政権は、国民の声を聞かず、国民を苦しめ、勝手に閣議決定し、法を作り好き勝手に動いている。
報道の自由もほとんど政府の言いなりで、統制されている。
ちなみに鳩山氏が首相の時は、一番自由に報道され、報道、言論の自由はしっかり保たれていた。
その鳩山氏は、沖縄基地の撤廃をアメリカへ要請した。
するとたちまち総理の座を奪われてしまった。
歴代首相の任期は、アメリカよりに追従すると延長、アメリカに反対すれば即チェンジ。
日本の首相は操り人形だ。
その操り人形のさいたるものが、安倍晋三首相だ。さらに自分の懐の肥やしの為にひたすら動く。
広瀬隆氏の著書に「私物国家日本」という本がある。
戦後の自民党の腐敗を書き記した本だが、その頃の腐敗以上に腐敗を生み、露骨な親戚縁者へのリターンを得れるような政治のしくみを構築している。
国民ではなく、自分に加担する人にお礼する。いい人に倍返し、自分を批判する人にも倍返し。
幼稚な政治である。
今世界は不穏を何処かでまき散らす。
ロシアとウクライナ。ウクライナは欧米の介入で成り立つ。ウクライナの大統領は得にアメリカに支持されて就任した大統領だ。
ロシアは、軍事圧力をかけウクライナを攻撃。新ロシア派・・・
ちなみに新ロシア派も、ウイグルも、ISISも勝手に出来たものではない。
ベトナム、カンボジア、イラク・・・いろんな国の内戦を起こした反政治組織を誰が支援しているのかということである。
だからその背景を見て物事を判断すべきである。
内乱が起こる大本は、内ではなく外にある。
平和は金儲けしたい人にとって不利な社会状勢だからだ。
今マスコミでは、ロシアや中国は悪者のように報道する。
しかし私にとって悪者は、日本にとって今の政権であり、他国で空爆をしている自由の国アメリカやイスラエルのように見えて仕方ない。
飛行機の行方不明、ロシアの反プーチン大統領の政治家の暗殺も、必ずプーチンを叩く話になるけれど、どうだろう・・・
私もテレビニュースや新聞だけを鵜呑みにしていた時代、その報道を何となく信じていた。
プロバガンダと言う言葉さえ知らなかった。
知ったのは、上記記載の3・11が起きてからだ。
情報が流れない。そして正しい政治の動きをしない。特に福島が流れない。・・・そんな異様な情報に違和感を抱き、いろんな方面の本を読み、思考していった。
すると、そう言えば・・・と思う違和感がポロポロ過去にあったことに気づく。
何か事を起こすとき、一番に牛耳られるのは、電波であり、報道である。
震災時、情報を得る場所にいたのは、日本財団だった。確かにボランティア、復興支援という名の下そこに存在する意味は、良心的な意味を呈する。しかし、その真逆に情報を作っていたとも言える。
そんなこんなで、情報操作が甚だしく、原発事故後、報道は政府に牛耳られ、今日本はここまできてしまった。
今安倍内閣の人たちは、こぞって鳩山氏を非難する。
我々が、今政権を握っているのだぞ!昔の人間が何してんだ?それもロシアに牽制しているアメリカに追従している政治に茶々を入れるのか!と言わんばかりに。
世の戦争は誰がふっかけて起こっているか?第二次世界大戦からずっとアメリカは戦争に介入している。
私は、戦争はやめよう!とずっとずっと聞いてきた。
国民は知っている、戦争はだめだと言う事も、やろうとも思わない。
やりたいのは、武器を作っている会社と、それに応援されている政治家とそれに投資している銀行だ。
報道でそこをちゃんと伝えるものがいたらいいのに。
本当を知る、憶測で考えない、判断しない・・・政治家もそうあってほしい。
そして文化を通して国際交流し、金をばらまく外交ではなく、言葉の外交を総理はやってもらいたいものだ。
現政権が、金だけで作り上げ、ヤクザまがいの人を雇い、政権批判する人に嫌がらせ、武力行使し、人の命も無視する。
あまりにも普通の意識を持ち合わせていないものだから・・・
一瞬錯覚した。
鳩山氏が総理だった?
そうかもしれない・・・そう思うほどにクーデターが起こってしまっている日本に見える。
個人が世界的モラルをもって行動する事がこうも難しくなっている。
自民党の鳩山氏が兄弟にむけてあの人は宇宙人だと吐いた。
では今政治に君臨する人たちは何人だ?
もはや地球にはモラルある人材は消えているのだろうか・・・そう情報は統一され、伝えられているのである。
[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-13 16:25 | 政治(思う事) | Comments(0)
2011年5月 女川
f0215179_2343672.jpg

東日本大震災から4年。
小学生の息子は高校に。
あのとき出会った4歳のMちゃんは、もう3年生だ・・
子供の成長をみるとすごい変化だと思う。
4年という月日は、子供にとって本当に大きい。
この震災で明らかになったのは、震災は、桶谷が儲かるシステムだと言うこと。
私は震災で生活を奪われた人がいる事にいてもたってもいられず、東北に向かった。
津波被害を被った人は、避難所生活半年、その後仮設住宅に移住し、今に至る。
この状態がいつか改善されると思いきや、現政権は、完全に無視し、原発再稼働に動き、原発輸出に忙しい。さらには戦争を閣議決定する空気を作っている。
もう悪政の極み。
大義名分もない。
勝手に先手を打って、戦争する国に近寄って、大盤振る舞いしてる。
それでもまだその政府の動きを何とも思わない人がいるのだとしたら、これはもう無関心極まりなく、憤りさえ感じる。
放射能汚染は4年経っても消えない。
その被害、健康被害が多数出ている。
それに自殺者が後を絶たない。政府はこの自殺に関して、原発と何ら関係ないというが、関係なくして福島の住民が急激に自殺者が増えるかと言う事・・・
福島では、本当にひどい話になっている。
放射線値は未だに高い、それなのに声を出せない。聞いてもらえない。
除染状況もひどく、いまや除染の意味は無い。
除染は草刈りそのものだそうで、その草刈りを自分で行う事を業者に委託する。
除染した後の土を置く場所は満杯で、もう借り置き場はカリカリカリと仮の3乗。
ずさんな除染だ。その除染も業者頼み。
桶屋が儲かる・・・・
さて今日は、震災の日に大変びっくりするような本を図書館で見つけた。
是非皆様にも読んでいただきたい!
この本は今から10年前に書かれた本です。
あの当時から危機意識を持つ人はいたんだ。
「戦争のつくりかた」
去年新たに資料を付け加えて「新・戦争のつくりかた」

読んでいて、怖くなった。
今の社会を大変反映している。
この日本、安倍政権が、今何をしているんかが本当にわかる本だ。
私は息子に早々読ませた。
子供にも、大人にも目を通してほしい本である。

本文は語る。
ジグソーパズルのように事が点在し、そのジグソーパズルをはめていったら何になるのかが見えてきたと・・・
リアルな現実が私達の目の前に登場する。
怖くなる・・・けれど、そのリアルな現実を今本当に気づいて、止めないと、私達はどうしようもない社会へ突入してしまう。
戦争屋がしかける戦争の被害を被るのは、戦争屋ではなく、弱い国民である。
金儲けの為に罪のない命が大量に奪われて行く。
その事を本当にリアルに伝える本「新・戦争のつくりかた」
是非読んでください!そして広げてください!警告してください!
現政権の暴走を止めてください!
現政権の暴走を止めると言う事は、まずは、今私達がいる足下をちゃんと感じる事なのです。
知る、そして私はIam not 安倍!安倍はNO!と言い続ける事です。
f0215179_23373982.png

[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-11 23:37 | 震災 | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-07 09:14 | 思うこと
本日より『3人の私展』開催!
3月6日(金)〜3月15日(日)
11:00〜18:00(月休み)
開催場所:アゴラ子ども美術工場
 (静岡県掛川市千羽1679)☎0537-27-1428

f0215179_2149429.png


3人・・・中村彩子・はないみほ・成田侑未子

中村彩子作品 ・・・工芸作品・水彩画・色えんぴつ画 etc
はないみほ作品・・・水彩画(桃源郷)絵本「僕のサイ」原画
成田侑未子作品・・・水彩画、アクリル、ポスターカラー、デジタル画

是非見に来てください!
[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-06 21:49 | カメの翼プロジェクト | Comments(0)
追記3月4日
3月11日で震災から4年。
もう忘れ去られているのか、誰も原発を語らない。
でも汚染は続いている。この情報は新聞、テレビからは出ない。ネットでも情報をとりにいかないと難しい。
その情報をしっかり知ることであり、今私達の立ち位置を見つめていないといけない。
3月1日、常磐道が開通。
これが何を意味するか?
線量計で5、4マイクロシーベルトをさす区域もある。
富岡、浪江を通る。
え?この名前・・・特別避難区域の地区だった
何処が収束だ?海にはずっと流していた東電と、地下水にも垂れ流し。
その水は飲料水にだってなりうる。海には魚がいる。
知らぬ存ぜぬを本当に貫きとおす安倍政権だが、日本は汚染され続けているのだ。
これを正さないといけない。
例えばスピリチャルで、大丈夫と言う言葉をつかう、大丈夫だから大丈夫なんだと何の根拠も無いのにいう、これは宗教の中でも存在する。
しかしこの世は原因と結果がすべて。
そのシンプルで当たり前の認識を覆して言葉連呼しても原因は消えない。
事を正してこそ、事は消える。
言葉は大事だが、その人の意識が正す方に動いていなければ、事は歪む。
原因を今取り除くことなのだ。
その原因はまずは現政権。
この政権の悪政をストップさせることだ!
でないと国民は救われない。
一握りの企業と官僚、現政権の富は、国民からむしり取ったものだから・・・
今日もローマさんのBlog、大事な記事を掲載。
弁護士が作った映画。
是非それぞれの住まい近隣の上映場所を探して観に行くべし!
これ拡散!

___________________________________

3月1日日曜日発売!
Lapiz 春号 2015

f0215179_913897.jpg


市民のための市民による雑誌です。
といってもジャーナリスト、新聞記者、大事な事をずっと見続けて来られた方の記事満載です。
私の文書も掲載「原発を考える」

安倍政権はイスラム国へのアメリカ、イスラエル等の国に加わり、戦争へ突き進む準備を着々としている。
どんなにひどい現状が福島で起きても、金と様々な団体と組んで真実を不真実にして事を動かしている。
ベルリンオリンピック時のヒトラー、戦前に東京オリンピックの話が出た大日本帝国。そして国民の士気を煽り、国と言う単位で戦う意識を養う。
そして大日本帝国は、国民の士気を十分に煽って集められたので、戦争へ突入。
今の時代とリンクする。
しかしリンクしないのは、明らかにイスラム国への戦争加担は、何の大義名分でもないと国民はわかっている。
言論統制をマスコミが行っている。
だから古賀氏が叩かれる。
美味しんぼの作者が叩かれる。
お犬様、お犬様と5代将軍綱吉の悪法に従った江戸の人々の光景を思い出す。
明らかに裸やで!と思いながらも、レースの透明マントを纏っている王様に何も言えない大人達。
子供が王様、裸やで〜っていって、そうやんな〜って安心する大人達。
それが今の日本。
明らかに戦争おかしいで!明らかに弱いものいじめやで!明らかに日本がくち出す話しちゃうで!
日本は平和やったんやで〜。
雇用も、福祉も医療も農業もあげくに教育もおかしいしてきたのは、第一次安倍内閣で、小泉内閣で、現政権はもっともっと国民の生活を悪くしてるんやで〜。
いじめ助長しているのも、ヘイトスピーチを作り出し、反日と言う言葉をネットにあげて、テレビでもお笑い芸人が意地悪な事をして笑いを得る手法をこれでもかこれでもかって流してる、・・・意地悪政権が世の空気を作っている。
意地悪な空気が戦争を作り出すんだから、モラルも正義もいいねん。。。こわれていく事が儲けになリますねん・・・

今声をあげず、傍観、もしくは楽しい事を考えての他人事は、今の政権を後押ししているのとおんなじ。
無関心は同調です。
マザーテレサは言いました。平和の反対語は戦争ではない、無関心だと。つまり戦争と無関心は同じ所に位置するわけ

上記電子書籍 是非購読!
[PR]
by polepole-yururin | 2015-03-02 09:10 | 私のこと | Comments(1)