ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0215179_1527815.jpg

うれしい知らせが舞い込んできた。
アゴラ子ども美術工場に通う○君の高校合格の電話だった。
「合格しました!」
○君は、たいへんやさしい子どもさんだ。
私に修学旅行のお土産に交通安全のお守りを買ってきてくれた。f0215179_15274735.jpg
アゴラの先生が事故で倒れた時、すごく心配して病院に何度か来てくれた。
身体中傷だらけの先生の手を持って自分の頬にあてて「痛いね〜痛いね〜」って同調していた。
時には身体をさすり、時には手紙をかき、花を持ってきてくれた。
小学1年生からアゴラに通い、アゴラが大事な場所だった。
その○君もそろそろステージが切り替わる時となった。
今子どもたちの状況はどうなっているのか知っていますか?
就学時検診、保健所等での成長発達の検診は、正常を見るだけでなく、少しでも異常が見つかったら、養護学校へ通うように進められる。たとえ小学校へ行く事になったとしても、中学、高校と区切りごとでその都度行政や学校は養護学校を進められる。
養護学校が悪い訳ではない。養護学校へ行けばもっと優しく子どもたちに接してくれる先生がいて、その先生もたくさんいて、その子の様子に応じて対応してくれる。
優しい社会になったよね!と一般的にはそう思ってしまう。
しかし少しでも障害だと言われた子と親はどんな気持ちでいると思いますか?
養護学校へいった子どもたちは、いずれ作業所等に就職していきます。
決まりきった道が用意されています。
それが自立だというように。
その事を世間は知っていますか?
私たちは平等に自由を持つ権利が許されています。
生まれながらにして・・・。
でもほんとうに自由ってどういう事なのか・・・
養護学校へ行った子どもたちの就職、進学ってどういう広がりがあるのかと考えた事がありますか?
普通中学、高校へ行った子どもたちに夢を持て!といわれていても、養護学校へ行った子どもたちへ同じように大人は夢を持て!自由に生きろ!って思っているのでしょうか?
学校進学はたいへん大きな壁となります。
社会が作った道に載せる事があたかもいいように思えるのですが、その大なり小なり障害という言葉で区切られた子どもたちにとってその道は、決められた、固定された、限局された道であるように思うのです。
幼稚園の時に、話さないから発達障害だと宣告された。自閉症だし、みんなと同じように成長は出来ないよと宣告された。ちがうな〜この子は。。。
そんな事を言われた子や親たちはどんな気持ちで日々を過ごしているのでしょうか。
誰がどんな権限でその子の未来を予言するのでしょうか。
障害がある子どもたちに対して、ちがうという目を持ってその子を見る。
おおめに見る・・・そういう感じで社会は動いているような気がします。
だから将来の夢に対してもある程度でいい…そんな感じで制限して子どもたちを見ているような気がします。
でもちがうんだ!ということを私はアゴラ子ども美術工場で知りました。
アゴラ子ども美術工場には、16年間いろんな子がいました。
東大、京大、国立大学等へ行った子、染色関係へ行った子、大学で歴史を学び編集者を夢見途中の子、美大へ行った子、様々です。
いわゆる優秀という子たちもいます。障害と言われた子どももいます。
でもその障害は、いつしか障害ではなくなり、その子の大事な個性であり、その子の持つ可能性へと変わります。
その子たちを変化させていくことは、何か・・・
それはその子を大事に思うこと。その子の可能性を信じる事。その子の道を決めない事。そして変化を見落とさないこと。その子の表現をたとえ小さなものであっても認める事。そしてその子を優しく包む事。
そうやってこられた先生の様子を見てきました。f0215179_15303552.jpg
先生のやってこられた事は、目立つ事ではありません。子どもだましのようなちんけな物だと捨てられる物も拾って大事にする事って、この社会のスピードや重要視される事の中には、意味のない物だと言われてしまう事でしょう。
合理主義の社会にとってはとくに・・・
消されてしまうアナログの世界がアゴラ子ども美術工場にはいっぱいあります。
でもアナログの世界の中にこそ、子どもたちが生き生きと自分から生まれる表現を形にしていきます。安心する場所から可能性は生まれるのです。
お母さんのおなかの中、羊水に包まれていた頃、私たち大人も子どもたちもみんな多分安心していたはずです。
あなたがいいよ、大事だよってみんな思っていたはずです。
そしてこの心地よさを知っているはずです。
その心地よさが社会の中では、消えていってしまうのです。
区別という枠で・・・
みんな同じ土俵の上でそれぞれの子どもたちの成長を見届けたい!
あなたの存在は無限大!
主婦という区切りをもらった大人の私でさえも、個として自分のやる事を認められる事って大変うれしく、そこに存在意義を感じるものです。
大人になった私たちは、いやというほど感じているはずです、区別される事を・・・。
その大人が今の子どもたちの可能性を見ないでどうするのか・・・。
区別せず、存在意義をみんなが同じように感じられたなら、この社会はもう少し、居心地よくなるのかもしれません。
f0215179_15214496.jpg
f0215179_1533027.jpg











「明日大丈夫かな?」ってずっと心配していた○君。
大好きなワンピースもお預けだった○君。
心配する○君に私は、ずっと鞄の中に持ち歩いていたアベンチュリーというクリスタルを手渡した。
○君の手にそっと置いて、○君がクリスタルを握る手を私の両手で包んだ。
「大丈夫、大丈夫!安心しなね。拝んどいたる。大丈夫。大丈夫。」
何が大丈夫かわからずとも、「大丈夫」と唱え、○君に微笑む。
帰り際、アゴラの先生は○君を大きくハグした。そして「大丈夫だ。大丈夫だ、○」と頭をなでた。
○君は、「ありがとう」っていって帰っていった。
次の日の午後・・・
「先生!高校合格!」○君からの電話あり。
本当に良かった。4月からまた○君の新しい挑戦が始まる。
守られた空間からまた新しい学校の先生や生徒との交わり、電車で通い、今までとはちがう社会を歩く。
そこにちゃんと優しさが存在していることを願い、アゴラで○君の笑顔を心待ちにしていよう。
[PR]
by polepole-yururin | 2013-01-29 15:21 | 子供たち | Comments(4)
f0215179_223736.jpg

f0215179_22373165.jpg
これは霜柱という。
「霜柱が出来てるよ」というと「知ってます」ってみんなは言う。
え?知っているの?…霜柱なんていう珍しい山野草を?って思って一度見てください!ってもう一度言ってみると、「わ〜すごい!すごい!すごい!」大半はびっくりする。
そう、霜柱はすごいのだ。
霜柱と植物の霜柱を間違える。
霜柱はあの霜柱と決めつける。
実際見ると全然違う。植物に氷のはしら!?
この現象について・・・冬になると、枯れた茎の根元に”霜柱”のような「氷の結晶」ができるところからこの名になったらしい。(ふつうによく見かける”霜柱”とは別の自然現象)。
シモバシラは多年草なので、冬に地上部が枯れたあとも 地中の根は毎日24時間活動し続けている。
それ自体は他の多年草と同じだが、シモバシラの場合は、地上部が枯れてからも、枯れる前と同じように 地中の水を吸い上げて茎の上の方まで送り続けている。(シモバシラは、水分を吸い上げる管の部分が 頑丈なのでこうなるらしい。)
別名雪寄草(ゆきよせそう)という。
この間の霜柱はすごかった!
綿菓子のように枝にまとわりつき、ブクブクブクと湧き出た水のごとく・・・または何かの羽毛のようにも見える。横になった入道雲にも・・・飴細工のようにも見えるし、サンタさんのおひげにも見える。
いつまでもいつまでも眺めていたい光景である。
ちょこんと触ってみた。冷たく固い。
しっかりと茎にまとまりつく氷である。
里山にあるアゴラには子どもたちが、え?何何?って面白くなる代物をあえて植えた。
その一つがこの霜柱である。
アゴラにくるたびに、霜柱を知った子どもたちは、その日の霜柱を眺めるのである。
f0215179_22382955.jpg
f0215179_22385377.jpg




「霜柱」は寒さが厳しき今だからこそ見れる面白い光景なのだ。
成人式も終わり、今日は年賀を下さった方々に寒中見舞いを書いていた。
一年を通して一番寒い時期である。
もう少しの辛抱だと思いながら、寒い庭に出て植物の様子に目をやると、ちゃんと息づいているんだな〜って感じる光景を目にする。
梅の芽が膨らんで、ちゃんと蕾がついている。
あと10日ばかりで立春だからね。
ワクワクしながら足下を見ると・・・あ!オオイヌノフグリだよ!
すごいすごい!
もう春が来ちゃってる!?
ちょっと早いんでないかな〜と思いながらもうれしくて「パチリ!」写メを撮ったわけである。
f0215179_22344762.jpg

オオイヌノフグリと言えば大江健三郎氏の「広島ノート」を思い出す。
オオイヌノフグリの細胞が放射能で壊れていた・・・かわいいかわいいオオイヌノフグリの中で何かが起こっていた・・・
春到来なのに、暗い話を思い出してしまった・・・
暗い話のついでに・・・
自民党になり、テレビでは天皇の話が流れ、北朝鮮の拉致問題、我々日本人は!と繰り返す安倍総理の言葉が響く・・・教育、軍事、経済・・・一気に事を変えようとする動きに誰も待ったをしないのはなぜだろう・・・原発事故の話がぱったりと消えてしまったのはなぜだろう・・・
情報操作をしているのか・・と思ってしまう。
こうまで知りたい情報が流れず、経済がうまく流れているような商品販売等の番組やニュースばかりが流れている・・・
その社会の動きはいつかのあの時と同じだ・・・
そう、原爆投下後の日本・・・そして第五福竜丸の事故が起きた後の日本に・・・
情報が途切れ、大丈夫だと、明るいニュースだけを流していったあの頃。
戦後自民党が政権を握っていた。政治とマスコミの絡み・・・情報は操作される。
インターネットの内容を中国政府が統制し制限していたと、中国政府を悪く言った時があったが、日本とて同じじゃないのか・・・
「みんな!目を覚ましなさい!」というように真っ青なオオイヌノフグリはいち早く目を覚まして私たちに知らせている。
そんな気がしてならないのです。
そろそろ正月ボケももう終わりにしましょう〜。
寒中お見舞い申し上げます。
[PR]
by polepole-yururin | 2013-01-21 22:34 | Comments(8)

ちょっと京都まで

f0215179_141047.jpg
成人式の昨日、私は京都にいた。
荒れるという天気予報は関東を中心の話であり、京都は小雨。
道中も混雑する事なくスムーズに京都に到着。
目的は京都文化博物館 別館で開催中の光のアーティスト高橋匡太さんの特別展。
京都府美術工芸新鋭展の2013京都美術ビエンナーレの企画で行われている。
京都文化博物館は旧日本銀行京都支店だった。
その古い重厚な建物が、今高橋さんの手によって幻想的な光に包まれている。
明治維新後文明開化の時代、鹿鳴館を中心として欧米の重厚な建築物を日本は取り入れた。
去年出来上がった東京駅も、その時代をもう一度という感じで私たちの前に再びお目見えした。
大日本帝国の名を知らしめた建築物が今再び有効利用され、私たちの前に現れた。
その一つ、旧日本銀行京都支店は、力と権力を知らしめんとするかのように、ど〜んと私の目の前に現れた。
その当時の力や権力はたくさんのレンガや石一個一個の重みに比例するかのようだ。
その場所を舞台にし、高橋匡太さんというフィルターを通して光と映像の世界がくり広げられている。
この日本銀行は前1/3に飾り窓がしかれてあり、かつてお金を出し入れする際、その飾り窓を開け閉めしてお金の移動がなされていた。
その飾り窓を見る限りでも、日本銀行の存在とお金という価値がいかに重い存在だったかが伺える。そして、その場の空気は、権力の軋轢にいろんな顔を見せた存在が行き交っていたのだろうと想像する。
その重厚感ある建物に高橋さんはどう関わったのだろうか!?
LEDで美しい現代的な光を表現し、かつ光と対比する陰を表現する。
そしてその間には残像というのだろうか、記憶の中の存在が映像と言う形で表現されている。
この建物には存在しなかったであろう優しい存在と、ユニークな存在。
その柔らかさがこの空間を新しいものへ作りかえているようだ。
時代をリードする若者、光のアーティスト・高橋さんの表現は、朽ちずに残るコンクリート建築に対比して朽ちていく人間と自然物を取り入れることにより、力と権力を消し去り、循環する優しさを表現しているように感じた。
題:「いつかみる夢」・・・いつか私たちの目の前に、想像通りの優しさが、重き記憶さえも消し去り存在していてほしいものだと祈った。
高橋さんはずっと子どもたちとワークショップをやっている。
やはり高橋さんの中には、子どもという存在が大変貴重な存在なんだとおもうんだ〜。
f0215179_14104346.jpg

以下下の写真は舞台裏を見せていただいた写真。
KAMEの翼プロジェクトを通して高橋さんと知り得た。
そのおかげで表現の舞台裏を見せていただいた。
誰も行けない場所。
日本銀行が開いている時なんぞは、皆無に近い場所。
二階の踊り場に行く階段はよほどの事でない限り歩く事は出来なかっただろうな〜。掃除のおばさんや守衛さんをのぞいては・・・
そんな場所にいって種を見た・・・そんな感じかな。
皆様、歴史ある京都での高橋匡太さんの特別展「いつかみる夢」に足を運んでみてください!
f0215179_14114571.jpg

f0215179_14154618.jpg

f0215179_1412576.jpg
f0215179_14122695.jpg

[PR]
by polepole-yururin | 2013-01-15 14:49 | 私のこと | Comments(0)
f0215179_8263098.jpg

f0215179_8264321.jpg

大河ドラマ「八重の桜」が始まった。
東日本大震災での原発事故で大きな痛手を受け、今も苦悩を強いられている福島県民を応援するかのように会津藩の頑張り抜いた方々をクローズアップしている。
「ならぬものはならぬのです」という什の掟を今も福島の小学校では唱えているという。
ならぬものはならぬのです・・・駄目なものは駄目なんです。
福島の方のブログにも去年たくさん目にしました。
原発・・・経済発展、住民の生活は原発で救われているから・・・原発なくして生活はなりゆかぬ・・・電力供給には原発、原発を止めたら経済は停止する・・・アメリカは去年新たに原発を新設し、原発産業で国を盛り上げていく方針であり、それに加担するのは東芝の会社であり、その思いは日本の東芝、日立・・・も変わりなく。
でもある福島県民は訴える。「ならぬものはならぬのです」
原発の恐ろしさを福島県民は、知っている。そして訴える。そして精神を守り抜く「ならぬものはならぬのです」と。
西洋の文化がどっと押し寄せ、変わらざるを得ない時代に突入した頃。
開国をし、押せ押せのペリーの不平等な条件をのまざる得なくなった日本。
先見の明として、社会の流れに乗っかり開国を進め、倒幕を進めていく、薩摩、長州。その真逆に徳川を守り抜く立場にいた会津。
押し寄せていく時流を感じつつ、徳川幕府の限界を感じつつ、忠義を尽くす会津の物語。
女性だからと立場の許されていない八重がその時代の中で、女性でありながら女性の枠を超え奮闘するこの物語は、これからの社会を反映しているようだ。
時代を作るは力であるかのように押し進められてきた歴史。
幕府が倒れ、今までの日本を間違いだと言わんばかりに西洋文化、西洋の政治、西洋の医学・・・すべてをとり入れ古きものを破壊していく日本。そして富国強制へと邁進していく日本は戦争を起こしてきた。1945年まで・・・
今、自民党が経済を立て直すといい、日銀に圧力をかけ、見た目お金が動いたように見せかける経済政策を打ち出している。経済界はその動きに期待し、自民党に異を唱えない。その間に自民党は北朝鮮問題や、竹島、尖閣諸島問題に対して、強き日本を・・・と自衛隊を強化して国防軍とかえ、憲法改正へと動き出そうとしている。また今日の新聞では、防衛省は、経済対策で防衛装備に補正予算として過去最大の予算案を要求している。・・・
日本はまだまだ封建的な武士の時代の名残をもつ国で、あの頃の強き日本を取り戻せという気風をもつ男たちがあまりにも多い。
1945年日本を強き国に!と邁進した日本は原爆を投下されて、憲法第9条に平和主義を誓った。
しかし原子力の平和利用として原子力発電所をつくり原子力と原発はちがうとして日本国中に54基の原発をつくった。その制作は自民党。
2011年、東日本大震災で福島第一原子力発電所が爆発し放射能が漏れた。未だに収束はしていない。
それでも自民党は推進をすすめ、新しい原発建設を押し進めるのか!?
青森県や福井県で原発の下に活断層が見つかったとして原発停止を伝える専門家。
しかし大丈夫だとして裁判をしてでも稼働を進める電力会社。
大飯原発の下にも活断層はあるという・・・
今年、大飯原発がある、大飯町大島の方から年賀状が届いた。(大飯原発再稼働時に私自身が手紙を書いたからだろう)
その方は、大飯町の昔の話を語ってくださった。そして「原子力は人類が生んだ悪であり、原発は非常に罪深いものであります!」と訴えていらっしゃった。
民衆を翻弄するのは政治である。
ならぬものはならぬのです・・・という精神さえも自分の都合で置き換える政治家が、利権や見栄やおごりを優先するがゆえに、もののどおりさえも容易く変えていこうとする。
ほんとうに人は見えなくなる。平等という認識が薄れる。
名もなき誰かの犠牲は、歴史には残らない。
その歴史には残らないものの中に、人間としての大事なものがあることを本当は感じなくてはいけない。
歴史は繰り返される・・・その言葉は、強い名を残そうとする人間が中心に動き作った社会であり、歴史だったような気がする。
もうそろそろ見えない歴史を読み取り、そこに意識を置いて動かそうとする存在が出てきてもいい頃だ。
「八重の桜」を見つつ、福島の今をこの一年ちゃんと見ていこうと思うのです。

余談ですが・・・会津藩の最後の藩主松平容保役の綾野剛さんは、本当の松平容保によく似ている。
特に得帽子をかぶった様子がなんとも♩
f0215179_8252474.jpg
f0215179_8252489.jpg















f0215179_10132894.jpg
〜歴史には残らない名のなき犠牲者の物語〜

年末、KAMEの翼プロジェクトで講演をされたジャーナリストの渡辺重幸氏の本が届きました。
早々に読みました。
1954年、ビキニ湾諸島でのアメリカの水爆実験で被曝された方々の今の物語です。
日本では同時期、第五福竜丸のお話で知られていることです。
同じ放射能で侵され、それでも性を背負って生きてらっしゃる方々がいます。
知らない歴史を知ることは、今の私たちを知る事だと思います。

旬報社 渡辺幸重著
[PR]
by polepole-yururin | 2013-01-09 08:25 | 思うこと | Comments(6)
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
昨年はいろいろありましてなかなか故郷に帰る事が出来ず、急遽30日に故郷へ向かいました。
雪マークを気にしてスタットレスに変えていざ滋賀へ。
江の里、小谷城ももう活気をなくしていましたが・・・移り変わりの早い世の中であります。
湖北を守るかのように眺めているのは、伊吹山。
神々が宿ると言いますか、薬草の宝庫であります。その伊吹山も少し雪化粧しています。
いつもは富士山に見守られている土地にいますが、やはり私にはこの山がなじみ深いのであります。
f0215179_2040543.jpg

31日、予報通り雪が降って参りました。
せっかく雪国に来たのだから・・・と雪深い余呉へ足を伸ばしました。
鏡湖と呼ばれる余呉湖にも雪が舞ってきました。
水鳥が気持ち良さそうに泳いでいます。
その画面の横には、ワカサギ釣りの観光客がいっぱいいました。
やはりこの風景は冬に限ります。
f0215179_20403987.jpg

f0215179_20414124.jpg

途中羽衣伝説の柳?の木を眺め、天女はいないかと思い馳せてました。
見える人には見えるのだろうと思えるほどの風格の樹形をしているのですもの♩
ちょっと時が止まる・・・そんな気持ちになるのです。
この場所は〜。
f0215179_2042157.jpg

f0215179_20424031.jpg
そして雪遊びしにウッディーパルへ。
ウッディーパルにはスキー場があります。
しかし雪はなく・・・少しの名残雪に会いにいきました。
もともと滋賀に住んでいた私たちですが、今は富士山のある県にきて8年が経ち、もうすっかり雪の感触を忘れてしまった子どもたち。
降り出した雪の感触を味わうがごとく、外で遊び始めました。
f0215179_20434050.jpg

f0215179_20492564.jpg

f0215179_20461573.jpg

f0215179_20495156.jpg
そして雪の冷たさを肌で感じ、今年最後の日を満喫しておりました。
上の息子が空を仰いで雪を感じていたものですから、下の息子と「冬のソナタ、ヨンさまやな〜」ってことになり(上の息子実はヨンさまの太王四神記の少年役のソ、スンホに似ていて・・・親ばかと息子には言われます・・・ちなみに下の息子はウォン・ビンに似ていて…これも親ばか)昔韓流に少しはまった時期にダビングしたCDを持ちだして。。。
「冬のソナタ」の主題歌を流し、プロモーションビデオのように車で息子を追って写真をとって、今年最後のアホをして大笑いしました。
反抗期だった息子も今年はよく話をしてくれるようになりました。
息子と自民党の政策についても話します。息子は原発推進と憲法改正、軍事強化について嘆いております。難しい話もできて、馬鹿も出来て、今いい感じだな〜って思います。
息子たちの未来が少しでも良くなりますように、今年も私の出来る事を見つめ行動していこうと思っています。
一年間ありがとうございました。そして今年もよろしくお願いします。by ゆるりん
[PR]
by polepole-yururin | 2013-01-01 21:40 | 私のこと | Comments(10)