ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

梅ちゃん先生

f0215179_8245819.jpg

後少しで梅ちゃん先生も終わる。
戦後の日本から30年代の高度経済成長へ向けてのドラマ。
ちょうど、今の日本に照らし合わせ、復興してきた日本の良さとその裏にある苦しみを伝えている。
でもやっぱり前へ向いていけばいいんだとこのドラマは伝えている。
経済成長の裏など朝ドラの中には登場しない。
今日、戦後孤児になった広志君との話。良くわかる話だ。
医療の現場、大学病院、医者、薬屋、その他の医療関係者のはなし・・・私の身近な話なので、ドラマの内容含めて、突き詰めている話や、柔い話など感じながら見ている。
広志君が「生きていたらきっといい事あるから、神様からご褒美がもらえるから」と言われて今まで一生懸命苦労して生きてきた。
すごくわかる、広志の思い。
人は、頑張れと梅ちゃんのようにいう。確かに頑張らないといけないのだけれど、世の中そう容易く頑張れるものではない。
梅ちゃんが悪い訳ではなく、梅ちゃんは優しく、側に寄り添い励ます存在。
そこに広志は、希望を見つけ生きてきた。
しかし世間があまりにも力や、その子の生い立ち、云々でスムーズに受け入れないものだから、そのもがきはいかなるものか・・・
そんな広志のような人を私はたくさん見てきた。
患者さんもそうだけれど、本当にいつも笑えぬ人たちっているもので・・・
その思いが卑屈さに変化して、その人を追いつめる・・・でも世間は、同情はしてもほんとうに対等にそういう人たちと関わらない。
梅ちゃんはほんとうに理想だと思う点がある。
でもそういう梅ちゃん先生が本当にいたらいいのだれれど・・・
一個のおはぎ。
そのおはぎで広志の心は解けたのだろうか・・・
固まった心を解きほぐす事は、本当に優しさだけでしかない。
私は仁という言葉が好きだ。
仁…思いやり、いつくしみ、親しみ、思いやりをもって他と共生していくこと・・儒教の教えの一つでもある。
韓流ブームも儒教を重んじる韓国の精神の中に仁が定着しているからだろう。(韓国でも個人差があるから皆が仁という言葉を持っているとは限らないが・・・)
仁という言葉は、日本人には生き着いているのだろうか?f0215179_9101754.jpg
66年前の日本と今の日本、復興という名の下いろんな関わりが見えるが、今の日本は、人情という言葉が無くなり、利己的になりすぎてしまっているようにも思う。
広志のかたくなながんばりも、仁無くして生きてきた故の悲しさであり・・・
たいがいの人は、無意識に自分とはちがうものを排除しようとする力が働く。
そして自分を正当化して生きている心狭い存在である。
その生きにくい社会に生きていくことの大事さは、無条件な仁なのでは・・・と私は思う。
一個のおはぎ・・・小さな・・でもその人を思った優しさを互いが感じられる関係性を築く事がこの日本の本当の復興だろうな〜。
そんなことを思い、梅ちゃん先生のファイナルを見る事にしよう。
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-26 08:24 | Comments(2)

高橋匡太さんの
光のワーショップ開催!

10月13日(土)14時〜
アゴラ子ども美術工場が七色の光に彩られる♩
是非アゴラに来て下さい!

2011年12月31日、NHKの「ゆく年くる年」で横浜山下公園で復興の光を3000個灯した高橋匡太さんのワークショップです。
アゴラが子どもたちの思いで幻想的な光に包まれます。
この機会をお見逃し無く!
材料費 500円
場所:アゴラ子ども美術工場・掛川市千羽1679(JA掛川市緑茶加工近く)
             
                    KAMEの翼プロジェクト
                    0537−27−1428


ただいま高橋匡太さんはAgora子ども美術工場で子どもたちと想像を膨らませて、9月30日のファイナルに向けて試行錯誤。
さてどんな光のパフォーマンスが奏でられるかなemoticon-0159-music.gif
f0215179_8232773.jpg

f0215179_8234867.jpg

f0215179_824698.jpg
f0215179_8243113.jpg










昨年の光のワークショップのもよう〜、さて今年は!?emoticon-0102-bigsmile.gif
f0215179_8281395.jpg

http://www.kyota.jp (高橋匡太ホームページ)
http://kamenotsubasa.blogspot.jp/(KAMEの翼プロジェクト)
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-25 09:10 | お知らせ! | Comments(2)
f0215179_10223335.jpg

f0215179_10225354.jpg
いつの間にか朝は冷え込むようになった。
布団をかけ、もう少し眠っていたいようなそんな緩い気持ちになる。
ちょっとずつ自分の気持ちも落ち着いてきたのだろうか・・・
昨日の雨でぬれた庭を歩いてみると、またちがった表情を見せてくれる。
今日は、トウテイ蘭が咲いていた。うす紫色のトウテイ蘭。
3年前に私の誕生日に私が買ったトウテイ蘭。
ちゃんと根付いて、暑い夏も寒い冬も乗り切った。
中国のトウテイ湖の水の色にちなんで名付けられたこの花の花言葉は「微笑みを忘れない」だった。
微笑み・・・中国の反日デモ、日本の国がやっている事、すべて微笑みえを消してしまっている事。
今ひとつ心静かに冷静になろうとトウテイ蘭もいっているようだった。
f0215179_10231674.jpg

f0215179_1023353.jpg

タマスダレが一度は夏の終わり頃一斉に咲いていたんだけれど、また再び顔を見せてくれた。
本当にかわいい表情だ。
忘れていた時に教えてくれる花、気づきを与えてくれるかわいい存在だ。
上のブルーのかわいい花は、何だっけ?忘れてしまった・・・でもほはいして広がる・・・5年選手♩
f0215179_10235191.jpg
f0215179_102492.jpg
f0215179_10242524.jpg
f0215179_10244364.jpg




























チェリーセージとランタナが今の主なお花かも。
暑い夏も涼しくなった秋にも表情を出してくれるハーブたち。
紅とピンクと、紫、ブルー、…ハーブに救われる我が家の庭。
今年は紫のムクゲも大きくなった。
一度咲ききったムクゲがまた咲き出した。
手前は、アメジストセージ。
黄色い小さな花を咲かせているのは、アンデスの乙女。
このゾーンは昔つるバラを育ててた。
その場所にお隣さんがいちじくを植えた。
大きくなって、太陽が当たらなくなった。
仕方なく、このゾーンは太陽が少なくとも育つ強い花を育てる事とした。
さてアンデスの乙女は、どうなるかな?
f0215179_1025476.jpg
カメの翼で忙しくしていたので、庭を顧みる事が少なくなった。
するといつの間にか露草がいっぱい咲いていた。
草だから本当は抜いてしまった方がいいんだろうけれど、この露草のブルーが私は大好きで、少しは抜いても、完全に排除できなかった。
そして今、ハーブに混じって咲いているのはこの露草。
ブルーが大変あでやかで美しい。
ホッとする。静かな気持ちにさせてくれる。
ふと思った、ちょっと写経をやろうかしら?
何年か前に生協で買った写経セット、ちょっと出してやってみようかと。
そして久しぶりにまた生協で、球根、植物をオーダーしてしまった。
やっぱり心の源は植物だな〜私はemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-21 10:34 | 花のこと | Comments(2)

長い10日間

f0215179_8574349.jpg

今何となく中島みゆきの「世情」を聞いている。
私が中学か小学生の時、金八先生で流れた曲。
学校に立てこもった男子生徒が学校の先生から詫びをえられたが、その後警察がやってきて逮捕された。
その時に流れた曲だった。
怖かった。空しかった。非情だと思った。
そして幼いながらも私は世の中を何となく思った。
今、その曲を再び聞いてみた。
ちょっとあの時とよく似た感情を抱く。
空しさと怖さと、非情・・・
人は、いいときは人に集る。悪いときは離れる。
そして記憶さえ置き換わる。
すべて自分を有利な状態にして関わる。
純粋に、条件反射で関わる人間は少ない。
子どものような感覚を持ち合わせ、純粋に関わる人の少なさを感じる。
世の中はこうだから・・・その言葉を本当によく耳にした、ここんところ。
震災後、様々な事に向き合い、今の社会の有り様に対しても世の中の枠からはずれたものの見方、本質を見ようと意識していた。
けれど、人は単純にその枠にはまりきる。
原発は駄目だと言いつつ、原発を受け入れた時のように、事が起これば、仕方ないとか、世の中ってそうだからとかわかったような言葉で置き換えて、枠の中の生活にはまりきっている。
誰も変えようと本気で思っていない。
うまく行くはずが無いと思っていて、本当に次世代を思考していないように見える。
はまりきった社会の枠が、あまりにも大きすぎて、ここまで皆をがんじがらめにしていると感じた。
この大人たちの思考が、子育てしていく中で、子どもたちに植え付けられて、固定していくんだと感じた。
子どもの可能性は無限大。
その可能性を摘む固定した社会がこんなにも広がっているんだとほんとうに感じた。
空しき社会に少しでも明かりを灯してきた方の存在を巡って、様々な事をみた10日間。
「裸の王様」で王様に裸だよ!て言った子どものように本当を伝える勇気さえ、つぶされるこの世の中の重みを感じた・・・

世情・・・
でも流されたくはない・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-16 08:58 | 思うこと | Comments(6)

空気感

f0215179_8314265.jpg

気配を感じるってありますか?
空気感というのでしょうか・・・
私は昔から気配を感じるんです、場の空気感。
重い、軽い、心地いい、・・・
大変晴れ渡るきれいな場所でも何となくちがう空気を感じる。
それを言うと私の感情が繁栄されるという方もいるけれど、またちょっとちがう。
そこにいる、いた人の思いを感じ取るような、そんな感じかな・・・
ある方の家に行った時、大変重い空気を感じた。
そしてある時その家の事情を知った。
人は様々なものを抱えて生きている。
それを外には見せず、表面上はなんか整った感じがする。
けれど、所々に深い傷をもったり、行き場の無い苦しみを背負っている。
そういう方々とたまたまお出会いする事がある。
皆よく似たものを抱えている。
が、その共通点は、そこにいる人の目線だ。
そこにいるようでいない・・・目の前の人と向き合っていない目がそこにある。
重い空気に飲み込まれ、目に膜ができているようで・・・
その中で飛び出したいと思う人は当然いるし、その中に互いに寄り添う事が大事と思い人もいるだろう。
責任とか、私の役目とか確かに大事な事だって理解する。
ただ、その空気に包まれた人たちの生き方は、たいへん固定してしまっているように思う。
世の中こうだから、仕方ないから、それをするにはあれがいいとか・・・
すごく物質的にとらわれ、物質の中でしか整理がつかないでいるように思う。
もし、その重い空気を感じたなら、まずは空気の入れ替えをすることだ。
風通しを良くすることだ。
若し家族が大変な事に陥っているのなら、そこに家族がいることもだいじだけれど、他者の存在に身を預ける方法を見いだす事が本当の救いかもしれない。
同じ空気を吸っているわけだから、時にはその空気から解き放たれる人がいてもいい、そうでなければ、共倒おれ・・・
重い空気を最近様々なところで感じたものだから、何となく今日はそんなことを綴ってみました。
さて私も大きな窓を開けるといたしましょう♩
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-12 08:32 | 思うこと | Comments(0)

自分の対処

f0215179_942397.jpg

突然、ある人が大きな事故に巻き込まれた。
びっくりした。
こんな事があるなんて、本当に途方に暮れた。
が、止まる事が私には出来ず、ひたすらその人がいなくなった職場(その人が一人切り盛りされていた)、事業の対応に追われた。
この一週間、ここまで自分が追いつめられた事があるだろうか。
本当に責任の所在は何処なのだろうか・・・
誰が残された人の対応をするのだろうか・・・
その所在の行方すらわからず、ただただ動き回り続け、今なお継続する毎日。
今日は久々に休憩する事が出来た。
想定外という言葉を震災後よく耳にしたが、本当に今回の事は想定外だった。
その想定外だったところに、本当はもっと想定外の状態を遂行したかった私だが、そこにいる人の気持ち、思いをくんでしまう私は事務的に事をおさめる事が出来ず、自分が背負う事を良しとしてしまい、いっぱいいっぱいになってしまっている。
気を遣い過ぎてその気があまりにもうまくまわっていないのだろう・・・・・
原発事故、津波被害で想定外のことが起きた時、ほんとうに残された人の心はいろいろで、その様々な人間模様は不思議とこんな時ほど浮き彫りにされてしまう。
人がどう関わり、何を口走り、何処の方向を向いているかが・・・
久々の休憩日、草木に落ち着いて水をやると、草木の声がちょっと届いて私をなぐさめてくれているようで・・・生えた草を取って、剪定して対話する。
そしてしーんとした静かな時間をもちつつ虫の声に聞き入ると、じっとしてったっていいんだよって言ってくれているようでもある。
掃除をし、洗濯をして息子たちのものに触れながら、ちょっと自分を顧みる。
他人の事よりも我が身思え・・・そんな気持ちにもなってしまう。
世の中の仕組みはいとむずかし〜。
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-10 09:42 | 私のこと | Comments(2)