ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

義足のスプリンター

f0215179_21251519.jpg

今、世界陸上が開催されている。
室伏は36才で一位、自己記録を着実にのばしている。
室伏は、日本人だけど、もし過去生があるなら、室伏はきっとアテネかスパルタにいたんじゃないかな〜と思えるほど、体格が日本人離れしている。
そんな感じでテレビにかじりついていると、画面には義足のスプリンターが現れた。
え?これって同時にパラリンピックもやっているの?と思いきや、れっきとした世界陸上の舞台だ。
ピストリウス選手は、生後三ヶ月から義足を使いはじめた。
パラリンピックに何度も出場し、今回世界陸上予選を通過。
これから準決勝に望む。
結局、決勝にはすすめなかったがピストリウスの存在にびっくりした。
人は限界をこえるんだな〜と思った。
そんな場面を見て、裸足の選手アベベを思い出した。
私が小学二年生の頃、夏休みの感想文で、アベベの本を読んだ。
あまり読書が好きでなかった私は、物語より伝記物をあえて選んで読んだ。
苦手な読書だったが、アベベの話には感動したことを覚えている。
オリンピック選手だったアベベが交通事故にあい、車椅子の生活になり、選手生命をたたれた。
でもしばらくして、アベベは今の自分に向き合い、パラリンピックへの出場を決め、優勝した。
たぶんパラリンピックというものができたのは、その頃が始まりだったように思う。
逆境に屈しず、また頑張り続けるアベベに習えとあの頃は思った。
黒人という人種においても考えた話だった。
昔に比べ障害者への理解が深まり、障害があることの隔たりがなくなってきたように思うが、今日は本当にその枠をこえた場面を見た。
たぶん、ピストリウスは物心ついた頃から義足で、義足が自分の足そのもので、義足も自分であり、他の健常者と変わりない意識で生きてきたのだろう。
これからいろんな枠をこえた人が現われそうだ。
意識を越えていくと、いろんなものが常識という枠から放たれるんだな〜。
ピストリウスに乾杯♪
[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-29 21:25 | ある人 | Comments(10)

震災で子供たちは

f0215179_8575175.jpg

気仙沼市 小学校4年 祥太くんの作文
「おもいきり泣いてくれた友達」

3月11日6時間目、そう合の授業をした。
グラットゆれた。
ガタン、机がゆれた。
グラグラ、みんな机に入った。
グラグラ、まだゆれている。
先生がドアを開けた。
みんな防災頭巾をかぶって、地震がおさまるのを待っている。
グラグラ、ガッシャン。
蛍光灯がわれた。
2個ぐらい割れた。
ようやく地震がおさまった。
もうみんな半泣きになった。
僕も泣きそうになった。
まず外に出た。
みんな校庭でしゃがんでいる。
もう泣いている人もいた。
ウーウーウーという音が聞こえた。
「宮城県に大津波警報が発令されました」と聞こえた。
ぼくも泣いてしまった。
みんあ「大津波だったウエーン」とみんな泣き出してしまう人が大勢いた。
もう怖くて怖くてたまらなかった。
先生達は心配そうに僕達たちを見ながらいった。
「もう波が来るので、お母さん達が来るので、落ち着いてください」
先生の声がだんだんおちついてきた。
しばらくしてばあちゃんがむかえにきた。
ばあちゃんと思いっきり坂を走って逃げた。
走って走ってもうへとへとだけど、坂をあがって逃げた。
坂から見ると家や車やお店がどんどん流されていく。
「ドド、ド、ガッシャン」
土煙が上がって、家が流されていく。
じいちゃんは車で妹と逃げた。
じいちゃんといっしょにグランドでごはんを食べた。
電気がまで炊いたごはんに、塩をかけて食べた。
ごはんはあまり好きでなかったけれど、とてもおいしかった気がする。
水を飲んでテレビを見た。
背中がゾクゾクした。
次の日お母さんが会社から来た。
ボクはとてもうれしかった。
もうなみだが出そうだった。
しばらくして、僕の親友が気中にきた。
そのとき、思いきり泣いてくれた。
どうしたときくと、「友達だろう」といった。
ぼくはうれしくて、うれしくて、たまらなかった。
ぼくは、ぼくのために泣いてくれる人こそ、「友達」だと思った。
この大地震、大津波で、友達が転校してしまった。
クラスの人も、かなり減ってしまった。
けれど、ぼくはがんばる。

この作文は、文藝春秋のつなみという被災地の子供80人の作文集の中の1つ。
フリージャーナリスト森健さんが、震災を感じ、自分の足で被災地を回り、子供達に作文を書いてもらったものを文集にした。
強制的に書かせたもにではなく、自主的に書いてくれる子に原稿用紙とペンを配った。
ひとつひとつの作文に、まだ歳かさもいかない子供達が、体験した自然災害の脅威、そしてそこで感じた思いがつめられている。
上記作文の祥太君のように、感受性豊かな子供達が、震災でリアルな現実を体験し、今にある。
恐怖の連続・・・その中で人との結びつきを強烈に感じ取る。
「ぼくのために泣いてくれる」
私が女川にいって感じ取ったことは、本当祥太君のいうように、互いに思いあい、同調し、時間を共にすること。
どれだけ相手の気持ちになろうとしても、その体験までは共有できない。
けれど、何度か行くたびに、先生方や子供達が、重い口を開いて語られる・・・その淡々とした行為の連続性の中に、確かなものを感じとるのだろうと。
今回8月17日~19日まで女川に行き、先生方と時間を共にしてきた中で、祥太君のような話が、個々の物語としてたくさんあることをまた再認識した時間だった。

震災は終わっていないのです・・・どうかどうか忘れないで下さい。
[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-24 08:57 | 子供たち | Comments(5)

交流会

フリートーキング前の昼食。
中原浩大氏、大塚朝子さん、土井由紀子さん、高橋匡太さん
f0215179_11452986.jpg
f0215179_1146471.jpg

f0215179_13245095.jpg

8月13日・14日とKAМEの翼プロジェクトの交流会とフリーとキングが終了した。
13日のフリートーキングには、京都から中原浩大氏と黄瀬剛氏も参加。
他今回のプレイベント制作の高橋匡太さん、土井由紀子さん、大塚朝子さん、静岡のメンバーそれに郷土新聞の記者さんと朝日新聞の記者さんも参加した。
また豊田美術館の学芸員の方も来てくださった。
またアゴラに通っている高校生も参加し、充実したフリートーキングの時間だったように思う。
東北にボランティアに行った原田君の話、それに対して中原浩大氏の質問、豊田美術館の学芸員の方の質問。
皆が東北に思いを馳せ、5ヶ月たった女川・石巻の現状と今後の課題を話したり、どんなつながりが被災地とは必要であるかなど本気のフリートーキング。
その中で自己紹介の時間も設けられた。
その時間の中で、一番感動したのは、高校生の子達の自己紹介だった。
今どきの子は、あまり主体性を持たない、大人との交流、話に交じり合わないように思う中、高校生の拓実君と奈美ちゃんはしっかりこのフリートーキングに真ん中に入って話を聞き入る。
自分が今どんな状況で、今後どんな道にすすむか、どんな思いでここにいるのかをちゃんとした口調ではきはきと発言する。
拓実君は、マイクをもって話をする。
これからのKAМEの翼で制作活動する若者の選出も含め、中原浩大さん、渋垂先生との話・・・
質問はありませんか・・・という声にいち早く反応したのは高校3年生の拓実君だ。
「先生、ここで選ばれるのは、優秀な人ですよね?」
拓実君は純粋に思いをぶつけた。
「いや~、君達は君達で、優秀だからどうのこうのではないよ。真剣に物事に取り組み関わること、皆同じだよ。」と先生は、拓実君を見て答えた。
拓実君は頷き、納得したようだった。
子供達は、今いろんなところで秀でることを教わる。
秀でること、認められること、優秀であることを求められ、それがあたかも目標のようにして自分を追い込んでいく。
でもこのカメの翼はそうじゃない。
優秀という言葉に惑わされることはもうやめよう・・・優秀じゃなく、物ごとに真剣に向きあい、思考し、表現することに集中できること。
それが出来る人になろう!そんな人と関わろう!
拓実君はなんとなく安心し、そのカメの翼を拓実君なりに理解したようだった。
拓実君は、美大を目指し、将来は、漫画家になりたいそうだ。
それも時代を反映する社会的な漫画を描いていきたいという。
週4回アゴラに通い、ひたすら自分の作品を作り出す。
資料を集め、文章をつくり、漫画を書く。
その様子を時より見てきた私は、今日の拓実くんの様子に、涙した。
微笑ましかった。
純粋なものに触れると、人って感動して涙が出るんだね。
いい時間だった。
f0215179_13253738.jpg

f0215179_13263615.jpg

お地蔵様、いろいろ♪他にもあります・・・お地蔵様。
f0215179_13271846.jpg

14日はテラコッタ作り。
たくさんの人が参加した。
自分の作りたいものを土粘土で作り出す。
そしていつの間にかテラコッタつくりはお地蔵様つくりになり、皆が思い思いのお地蔵様を作った。
皆自分の顔によく似たお地蔵様を作ったのには、びっくりした。

そしてまた私は明日から女川へ行く。
今回は、女川の方といっしょにテラコッタの制作会。
どんな作品が出来るか楽しみだ。
[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-16 11:46 | カメの翼プロジェクト | Comments(8)
f0215179_1054111.jpg

今日からKAMEの翼プロジェクトのプレイベントが開催される。
今日8月12日〜8月28日まで、静岡大学院生の原田俊太郎君の写真展が開催。
大学院生の原田俊太郎君が5月と6月と被災地石巻市、女川に行き来した1ヶ月間の記録である。
若き原田くんが、被災地をどう感じ関わっていたかを間近で感じ取ってみてほしい。
原田くんはボランティアをしながら現地で5000枚の写真を撮った。
震災から昨日で5 ヶ月がたった。
被災地の方は避難所から仮設に大半の方は移り、現状は少しかわってきたのだろう。
ただ本当の復興はこれからだ。
個人ひとりひとりが被災の現状を受け止め、生活設計していく・・・個の復興。
テレビや新聞から被災地情報は流れなくなり、被災地から離れた我々は、遠い話となりつつある。
しかしまだまだ被災地の復興まだまだだ。
この機会に被災地に思いを馳せてみててください。

また明日8月13日13時〜、原田くんの女川、石巻市での様子をまじかに聞けるフリートーキングがある。
いろんな話を原田くんに聞いてください。
同時に、京都芸大卒業の高橋匡太さん、土井紀美子さん、大塚朝子さんとのフリートーキングもあり、アーティストにいろんな思いをぶつけてほしい。
今三人は9月の作品展に向けて制作活動に取り掛かっている。
その様子も8月中に、アゴラに足を運んで様子を見ていただけたら・・と思います。

8月14日はテラコッタ制作会を予定している。
普段は表現するってことに意識しない方、、土粘土で思いっきり作りたいものを形にしてみてください。
皆様、是非とも多数ご参加下さいね。
お待ちしております。
f0215179_10153039.jpg

テラコッタってこんな感じのものです♪

関連サイト:
カメの翼公式ブログ
原田君ブログ
[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-12 10:05 | カメの翼プロジェクト | Comments(2)

日本の月とローマの月

8月9日 ローマの月
f0215179_23452047.jpg

8月10日 日本の月
f0215179_23455090.jpg

スペイン広場の夜
f0215179_0143877.jpg

ちょっと足を伸ばし、私はローマにいた。
ローマはイタリア半島の真ん中にあたり、日本とは時差が7時間。
気候は最高気温27前後、最低気温19度前後だった。
たいへん過ごしやすく、心地いい。
ローマは夜の8時でも白じゃけていて、大人たちも心地いい夜を遅くまで満喫している。
我々もふらり陽気な町並みに誘われて、異文化の町の夜を味わいに出た。
ローマの休日でおなじみのスペイン広場では、たくさんの人だかり。
じっとスペイン広場に座って、この人だかりの原因を突き止めるべく、しばらく夕涼みを堪能する。
そして始まったのは、ピアノの生演奏とオペラだった。
プロオペラ歌手が4人、声高らかに歌い上げる。
その横には舞踏会のように、黒の衣装に身を纏った8人の男女が踊リ舞う♪
私の知らない夜の過ごし方。
優雅で、文化的なローマ。
日本で言うと、京都に匹敵するのだろうか~
そんなことを思いながら、夜空を見上げると、ちょっとハープを思わすような明るい月が浮かんでいた。
月の光が似合う町、ローマ。
今日本は、何時か?そんなことを思いきや、いつの間にか、日本で月を眺めている私である。
月は何処の国でも変わらない月。
今日本で見上げた月は、7時間後、ローマで出会うことが出来るのだろう。
それって不思議。
文化、風土、気候、人物、いろんなものが違っているのに、月と太陽だけは同じ。
これって素敵で、とびっきり平等♪
月の周りの風景が変わっただけで、月の存在が代わり、かもし出す雰囲気も変化する。
そして日本では、竹取物語が出来、欧米では、神話が生まれる♪
なんだか月の魔力に取り付かれたような気がする♪
[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-11 00:23 | | Comments(2)

アゴラキャンプ

f0215179_849062.jpg

7月31日、8月1日と息子は、Аgora子ども美術工場のキャンプに行った。
Аgora
私も恒例のカレーつくりのお手伝い。
今年で5年目になる。
いつの間にかАgoraのお手伝いママの古株になってしまった。
Аgoraキャンプは2部に分かれていて、先生や、キャンプを支えるスタッフは2日間カレーを食べることになる。
5年もカレーを作っていると、前の日のカレーとは違ったカレーを作って食べてもらおうと少し余裕とささやかな思いやりも出るもので・・・
前日のカレーの肉を聞き、違う肉にしたり、10個のたまねぎで前もってペーストを作って味に深みを出そうと4年前からやっている。
毎年、3つの大なべで30人分のカレーを作る。
カレーには子供達がそれぞれ持ってきた野菜を使う。
なす、ニンジン、ジャガイモ、かぼちゃ・・・・今年はゴーヤもあり、私はきのこを息子にもっていかせた。
カレーをよそう皿は、子供達が作った陶器のお皿。f0215179_1239230.jpg
それをすくうスプーンは子供達が作った手彫りの木のスプーンである。
たいへん味わい深い♪
あ、そうそう、カレーを食べるための食卓椅子は、もちろん子供達が作った椅子だ。
この椅子は、初めてАgoraのキャンプに参加する子が必ず作る椅子である。
キャンプで、一日制作活動をして作った椅子に座り、手作りの釉薬で絵付けしたお皿と手作りのスプーンでカレーを食べる。
この話を聞いて一番興奮したのは私だった。
自分で出来る、食するための必要なものを作ること・・・買えば簡単に手に入るこのご時勢、買ったほうが機能的であるのは間違いない。
けれど、自分の手で作り出すことのワクワク感。
1本の木や土粘土から、だんだん形になっていく過程を感じつつ物を作り出していくことって素敵だと思う。
毎年、このお皿にカレーをよそう時の感覚って心地いい♪
子供達それぞれのカレー皿の絵を見てその子を感じる。
今年はいっぱいおかわりしてくれた子供達、つくりがいもあるというものだ。
今年で下の息子は、このキャンプ最終となる。
今年は木琴を作った。
木の長さで音階調節をして、ド、レ、ミ、ファ、ソ・・・♪不思議なものだ。
この楽器を手作りさせようと考えて、設計図を作って子供達に教えているАgoraの先生・・・それを14年も続けているってすごいと思う。
いろんな楽器を手作りし、里山の川にカメパオにのって散策、夜には真っ暗になる里山で宝探し、花火、夜の展覧会・・・そして蚊帳で寝る・・・
こんな体験を、今どれだけの子供達が知っているだろうか?
ミヒャエル・エンデの「モモ」の時間泥棒に、皆、時間を奪われてしまって、シアワセの尺度が、物や優秀であること、お金になることの物差しで計られるようになってしまった。
時間というものは、永遠ではない。
一見シアワセだと思えることって、本当に自分にとって安堵することなのかどうか・・・
いい大学、いい職業、安定収入を得ることがシアワセだと思って、進路指導する先生や親もそれに期待し、教育をする。
でも時間は永遠ではない。
東北の震災からも、・・・時間は無制限ではないこと、永遠な価値観はないことを知った方は多いはず。
生まれてきたことの意味・・・職業にはまるために生きているわけではないはずで、この地球の中の不思議、心地よさを感じるために生まれたような・・・
シアワ尺度は、世間・・・マスコミ、親、先生が決めるものではなく、どこかに書いているわけでもない。
自分が知っているワクワク感を大切にして選択していければいいのにな~と感じている。
時間泥棒から、時間を取り戻すには、今の世の中、日常の中にいては誘惑がいっぱいで、時間を取られていえることさえ分からなくなる。
寂しいことだが、強いて自分をゆっくりとした時間の中におくことが、早すぎた時間で見失った自分を取り戻す唯一の方法だと・・・と「モモ」にもそう表現してあったような~♪
自然の中での自分と向き合う時間って本当に大事。
その時間は、退職後、老後にとっておこう・・・そう思ってはいないだろうか?
子供の頃って、単に大人になるための通過点ではなく、子供の時に感じたことが大人になった自分の原点となっていることを最近つくづく感じる。
だから子供のころの時間ほど、大事な時間である。・・・核である。
最近の子どもの主体性のなさは、そんな忙しい時間で育まれたからなのかもしれないと・・・

カメパオで里山散策
f0215179_10115483.jpg

川には沢蟹♪
f0215179_10123575.jpg

暗闇の中でシャボン玉
f0215179_1013180.jpg

宝探しの後の花火♪線香花火は美しい♪
f0215179_10133425.jpg

夜の展覧会。ブッラクライトで光る子供達の作品
f0215179_1014656.jpg

蚊帳の中で、寝る前の興奮!
f0215179_10143266.jpg

[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-03 08:49 | 子育て(思うこと) | Comments(4)

我が家の庭 8月

今日で8月。
暑い夏が到来と思いきや、梅雨明け後も、雨の影響で、比較的涼しい今年の夏。
福島、新潟では豪雨の被害で、堤防が決壊し、死者も出ているという。
今年は、ほんと、自然災害が繰り返しやってくるようで、気が気じゃない。
福島の行方を案ずる日々だ。
おかげさまで、静岡は、穏やかな夏を過ごさせていただいている。
夏らしい雰囲気が戻り、何十匹の蝉が一斉に鳴きだした。
庭の、もみじ、ぎんもくせい、ハナミズキ、ヤマボウシを見上げると、蝉、蝉、蝉~。
時には、アゲハ蝶と共に螺旋を描きながら、自由に我が家の庭の上で、舞う。
そんな時、自由な虫達の様子に喜びを感じ、無農薬、有機の循環を生かした庭を作った自分に満足するのである。
f0215179_834625.jpg
f0215179_8343988.jpg

今年は、メドーセージが旺盛だ。
つるバラのニュードンも時たま二番花を咲かせ、可憐である。
f0215179_835857.jpg

バフビューティも二番花を咲かせて♪
f0215179_8354057.jpg

地植えの時には元気がなかった、つるバラの紅不二。時折鮮やかな花を咲かせて主張する。
f0215179_854433.jpg

ロココも二番花を咲かせた♪
f0215179_854436.jpg

そんな庭の隅で伸びているのは、野良?のクロ。
f0215179_8361486.jpg

[PR]
by polepole-yururin | 2011-08-01 08:05 | 花のこと | Comments(2)