ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

先生ありがとう

f0215179_933148.jpg

今日で東日本大震災から49日・・・
今日テレビで、石巻市大川小学校の愛ちゃんの遺体が見つかったという。
お母さんは淡々と「49日にして見つかって本当に良かった、良かった。」と語られていた。
人の魂は49日はこちらをうろうろしていろんな思いを清算するするそうだ。
そしていろんな思いを消化してあちらへと向かうそうだとどこかで聞いた。
避難したのに、一瞬の隙で津波にのまれた方と生き延びた方
その違いは分からないが・・・

海の近くの女川町立第二保育園は津波で全壊。
今女川第二保育園という表札と塀だけが、津波の恐ろしさを物語るように残っている。
その女川町立第二保育園は全園児は84人。職員は14人。
今現在も84人の園児と14人の職員は健在だ。
この間、女川に行った時に女川第一保育園に立ち寄った。
そこには第一保育園の園長さんと第二保育園の園長さんがいた。
そちらでその当時のお話を聞かせていただいた。
第二保育園の園長さんは、淡々と話された。
あの津波はすごかった。
あの津波から逃れるには、いつもの避難経路で避難するには間に合わないと思った。
先生14人が84人の園児を無事避難させるには・・・
この保育園には0歳から6歳までの園児がいる。
まだ自力で歩けない子もいる。
職員は何人かをおんぶして、抱っこした。
年少、年中、年長の園児は、歩かなくてはいけない。
この子達が歩いて、本来の避難経路を行くこと・・・
危ない!ととっさに判断した。
この近道を行く!この山道を行く!
先生たちは小さな子をおんぶして、抱っこして、そしてまだまだ小さなかわいい手を握り締めて、いつもは歩いたことのない道を行く、山をあがる!
しばらくして津波は保育園をのみ込んだ。
子供達が、いっぱいいっぱい遊んだ保育園を、丸々のみ込んで連れ去った。
その光景を、その保育園の裏山で、14人の先生と84人の園児は呆然と見ていた。
全てを失った。
あっという間に失った。
けれど、物事もまだ分からない小さな小さな幼子84人は、今ここに生きている。
先生はかすれた声で、ゆっくり語る。
とっさの判断で、皆無事に生きています。
女川第二保育園の園長さんはこの津波で、お母さんを亡くしました。
そして長年勤めていた職場も目の前でなくしました。
この3月で退職だった。
でも今も園長としてここにいます。
第二保育園の園長さんは、優しい笑顔の先生だったのだろう。
その笑顔も今、なんとなく消えかけているような気がした。
でも保母としての責任感と誇りを先生の眼の中に見た。
先生、ありがとう。
そんな気持ちいっぱいです。
保母さん・・・母は強しということでしょうか。

ps: 第1保育園の園長さんは家屋を失った。
ここにいる第一保育園、第二保育園の先生たちも親や家屋を失った方。
そんな方が凛として、避難所を運営している。
いろんな情報から・・・この避難所は、きれいだという。
この衛生的な状態を保てていけるのは、いつもお母さんの代わりをしてくれる優しい配慮ある先生方のおかげであることはいうまでもない。
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-28 09:04 | 震災 | Comments(8)

せんねんまんねん

f0215179_211567.jpg

下の息子の授業参観、国語の授業。
子供達は一斉に朗読する。
せんねんまんねん・・・

せんねんまんねん     まどみちお

いつかのっぽのヤシの木になるために
そのヤシのみが地べたに落ちる
その地ひびきでミミズがとびだす
そのミミズをヘビがのむ
そのヘビをワニがのむ
そのワニを川がのむ
その川の岸ののっぽのヤシの木の中を
昇っていくのは
今まで土の中でうたっていた清水  
その清水は昇って昇って昇りつめて
ヤシのみの中で眠る

その眠りが夢でいっぱいになると
いつかのっぽのヤシの木になるために
そのヤシのみのが地べたに落ちる
その地ひびきでミミズがとびだす
そのミミズをヘビがのむ
そのヘビがワニがのむ
そのワニを川がのむ
その川の岸に
まだ人がやって来なかったころの
はるなつあきふゆ  はるなつあきふゆの
ながいみじかい   せんねんまんねん


そう、この循環は変わらない。
まだひとが来なかったころから続く自然の循環の波の中。
ただただ自然はやさしくもあり残酷でもあり。
亡くなった方やなくなったものは元には戻ることはないけど、確かに自然の形は戻るだろう。
循環の中にいる以上、いつかきっと美しかった町は戻るだろう。
そんな大きな循環の中にひとはその一部として存在する。

自然の流れをいじくってはいけない。
自然を細工しては、循環サイクルから外れてしまうことを、まどさんも、手塚治虫さんも、先住民の掟にも伝え続けているんです。
子供達はまどみちおさんの詩からどんなことを思い感じたのだろうか~
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-28 08:15 | 宇宙 | Comments(0)

嫁に行った花達

友人宅の庭。
私が4年前に挿し木した黄色のモッコウバラ。
それが今やこんなにフェンスを覆うように咲いている♪
f0215179_14363946.jpg

日陰がちな場所の雑草予防には・・と問われ、コバナランタナのピンクとウツギとツルニチニチソウをおっそわけ♪
その横には、さつき。
手間の要らない庭に重宝します♪と友人。
f0215179_14445836.jpg

嫁に出したさつき・・・この子はピンクだった。
我が家では何色のさつきかも分からずして・・・
その下には、紫のツルニチニチソウ♪
f0215179_14451599.jpg

私が引っ越ししてくる前から、我が家の庭には、植木屋さんによって植えられたギンモクセイ、もみじ、山茶花、さつき等がたくさん植わっていた。
木々は大木に成長しているので、そのままの様子を生かしてここにいる。
しかしさつきは我が家では咲かない。
二三年様子をみたけれど、やはり無理だ。
日当たりと土の問題だったように思う。
そんなかわいそうなさつきを何人かの友人宅にお嫁入りしてもらった。
するとどの家でもさつきはたくさんの花を咲かした。
よかったよかったと安堵する。
そして我が家に合いそうな花を探しに捜し求め、我が家に植えて無事育った植物が今我が家の庭を構成する。
実は我が家は北向きの家で、まわりを民家が囲み、また隣近所は敷地ギリギリに蜜柑の木やアカメ、楠など大きく育ててらっしゃるので、日があたりにくい。
だからか、ここに引越ししてきてからどれだけ太陽の光を欲したことだろう。
光を求めて、光のあたる時間を観察したものだ。
だから我が家で育った草花は大抵どこへ行っても花を咲かす。
我が家を訪れる友人に要望に応じて挿し木して~。
そんなこんなで友人宅も今花盛り。
嫁入りさせた子が生き生きしている様子を見ると、「よ~咲いてな♪」とうれしくなる。
親心とはそんなものかな~♪
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-27 14:36 | 花のこと | Comments(4)

ウラシマソウ

f0215179_11204699.jpg

f0215179_1131032.jpg
真っ黒の土の中からモコモコと頭をもたげ顔を出した。
君は誰だった?と問い掛けても、しばらくは何の反応もせず、黙りこくり。
もう~教えてくれないのか・・・と苛立ちながらも、ちょっと前に植えたであろうウラシマソウを思い出した。
でもどんな形だったかも定かでなく・・・わからぬままに、新芽を出した君の成長を見届けることにした。
一週間、二週間が過ぎ、だんだん様子を替えはじめ、ナマズのお髭のような紐を見つけ、ようやく君がウラシマソウだということを思い出した。
このウラシマソウは里山の仙人に3年前にいただいもの。
花盛りにしたい私の庭には似つかわしくない様子のウラシマソウだが、この花の様子がコミカルで私の心を掴んだわけだ。f0215179_11331388.jpg
しかししばらくして姿を消したウラシマソウは、私の記憶からは消え去って・・・。
今回の大地震のたいへんな時・・・ニョキッと顔出したウラシマソウ。
浦島太郎のように一時は龍宮に行っていたのか・・・
この世の中も、3月11日の東日本大震災でいろんなものが揺れ動き、大津波、原発、社会が大きくかわる。
今までの消費社会 と原発の安全性。
当たり前にあるはずのもの。
当たり前にくるはずの明日。
居るはずのあなた。
豊さは永遠に・・・そんな思いが一変した。
今までの日常と今の日常、どちらが浦島太郎のいた龍宮城だろうか?
石巻市や女川、そして津波の被害を受けた海岸付近の町は豊な漁村だった。
浦島太郎が竿で魚をつる光景が浮かぶ程のゆっくりとした時間が流れていた町。
今浦島太郎は何処に~。
我が家のウラシマソウは顔を出して教えてくれる。
先日に起こった出来事は、夢幻の出来事ではなく、今まさにここにある現実だということを~。
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-25 11:20 | 思うこと | Comments(2)
東南の庭。
朝日を浴びて原種の薄黄色のチューリップが咲き出して♪
その周りには月見草が芽を出し始めています。
f0215179_8283762.jpg

その手前には、白、紫、マゼンダ色の芝桜。クリスマスローズは色あせて・・・
f0215179_833320.jpg

原種のシューリップは小さくてかわいいの♪
f0215179_8291557.jpg

小人さんも愛でています♪
f0215179_8293849.jpg

東の花壇には、ピンクのマーガレット満開に♪
その後ろにはクリーム色のモッコウバラが咲いています。クリームのモッコウバラは、去年我が家に仲間入り♪
変わりに2本あた白のモッコウバラのうち1本はお嫁に出して~
これからは白のモッコウバラもいっぱい咲き出しますよ!
f0215179_8295488.jpg

デッキの東側には、ミモザがいつの間にか大きくなりました。
その下には、ラベンダーと白のクレマチスが咲き出して♪
f0215179_8301440.jpg

二階から見た、庭。もみじが旺盛!その横はトキワマンサク。
ピンクのはなみずき、ギンモクセイ。はなみずき・・・花の数が少なくて・・・毎年(涙)
手前は、八重のこでまりが咲き出しています。
バラも花芽をつけています。
f0215179_830292.jpg

八重のこでまりが旺盛です!ほら~♪
f0215179_831489.jpg

ボタン色のフリージアがあちこちから顔を出して♪
白のコバナランタナも咲き出した♪
f0215179_8314181.jpg

このスペースは日陰です。
クリスマスローズが4苗。色あせて・・・でもその出番を待つようにゆりがぐんぐん芽を出しています。
アジュガも暗い場所に明かりを灯して♪
f0215179_8315391.jpg

紫のアジュガ♪
f0215179_8322422.jpg

西側には酸性土ゾーン。
ブルーベリーが2本。今クリーム色の釣鐘状の花が満開です。
その下にはつつじが満開。
f0215179_835149.jpg

f0215179_13402067.jpg

f0215179_9856.jpg

玄関から庭にかけてのアプローチには、こでまりが咲き出しています。
その下には白のうづき♪
f0215179_8352189.jpg

[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-25 09:08 | 花のこと | Comments(4)

入学式

                   4月21日の朝日新聞 一面
         今年卒業した渡波中学校の卒業生が3人、後輩たちのためにエールを送る。
f0215179_22285718.jpg

f0215179_22285743.jpg

               二階まで泥があって、緞帳もドロドロ。床も何度となく拭いた。
f0215179_23434153.jpg

f0215179_23492186.jpg

               時計は14時46分過ぎで止まっている。
f0215179_2350995.jpg

f0215179_23444258.jpg
f0215179_23453733.jpg
f0215179_23455921.jpg

今日たぶん宮城県石巻市渡波中学校で入学式が行われた。
今日の朝刊に昨日の出来事が一面に載っていた。
昨日、ボランティアの渡辺君と出会い、その彼が活動している中学を訪れた。
この中学校は港の近くで、地震と津波の被害が大きく、当初は二階まで波が到達し、水浸しの状態。
卒業式、入学式をとり行う場所はその中学の体育館であったが、その体育館も水につかり二階の手すりのところまで水びたしだったそうだ。
震災から1ヶ月ちょっとが過ぎ、水は引いたものの泥が二階までたくさんあったという。
その泥を中学の先生やボランティアの方が一生懸命取り除いた。
卒業式は出来なかった。
入学式も出来る状態ではなかった。
けれど、中学の先生方がこの渡波中学で入学式をやらせてあげたいという思いが、思いを繋ぎ、体育館は人が入れる状態にまでなった。
泥だらけの床を拭き、泥だらけの壁を拭いた。
校歌が書いてある板のところまで泥だらけで、その板を丁寧にボランティアさんが拭いていた。
ステージの横の緞帳も泥だらけで、その泥をみんなで一生懸命はらったという。
それだけでいっぱいいっぱいだ。
そんな状況を察知したボランティアの彼は、飾りがないこの殺風景な入学式を華やかにしたいと思った。
入学式という看板も、彼が個人ボランティアさんに声をかけてお願いしたという。
看板係りのボランティアさんは横浜からこられたアーティストさん。
何かできることはないか・・・とスコップを持って現地に二三人で来たという。
その方の友人は、カメラマンだそうで、この入学式にあたり、写真を撮ってくれる写真屋さんもいなくなってしまったらしく、渡辺君にスカウトされ、この入学式のカメラマンをすることになったようだ。
そしてここに彼を訪ねた我々も、彼から仕事を与えられた。
この入学式を華やかに飾りたいので、紙の花を作って下さいと~。f0215179_23522072.jpg
我々は段ボール箱いっぱい、紙の花をつくった。
そして入学式という看板に、できるだけ華やかに!と色とりどりの花を飾った。
昨日作った千羽鶴も飾りに使おう♪
所々壁が剥がれ落ち壊れかけた体育館。
正面の時計は14時46分を指して動きを止めた。
戸もなく、がらんとしている体育館だけれど、この場所を忘れないでほしい!
そんな思いをこめて、あえてこの体育館での入学式を迎える。
中学の先生も被災している。
飾りまでは手が回らない様子を、たぶん彼が察知したのだろう。
ささやかながらの入学式。
ここにあるもの、できる範囲での餞ですが・・・
(この中学は壊滅的で、今後授業は行われないそうだ。入学式はするものの今後は隣町の中学と合同となるそうだ。)
明日140人の新1年生がこの体育館で入学式を迎える。
その場面に少しでもお手伝いできたことに感激です。
体育館の外には、まだここが被災地である現実がまざまざと存在している。f0215179_23465428.jpg
自衛隊の車が・・・
壊れたままの校舎が・・・
運動場が・・・
学校を取り巻く町並みが・・・
でもあえてここで明日入学式が行われる。
強く強く生きよう!と。
目を背けず生きよう!と。それが先生からのメッセージかも・・・と。
そして体育館の脇には桜が蕾を膨らまして、明日のみんなを応援しているかのように花を咲かしていたんだよ♪
桜は記憶しているだろう・・・この震災を・・・そして明日を迎える子供達をこれからもきっと。
入学本当におめでとう!
(実は4月19日は石巻は吹雪いていて、4月にこんな雪が降ることはないらしく・・・この寒さを昨夜経験しても、花開いたのだ・・・この桜。)

ps:彼から今日入学式の様子が届きました。f0215179_2347224.jpgf0215179_2347383.jpg
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-21 22:28 | 震災 | Comments(8)

ボランティア

f0215179_221679.jpg

f0215179_22105446.jpg
f0215179_22112632.jpg

4月19日、20日と宮城県石巻市を尋ねた。
一番被害が大きかった場所に行き、現状をつかみにいった。
被災地の子供たちの居場所つくりとサポートをしていきたいというカメパオプロジェクトが今現地では必要か否か。
現状は・・・。
まだまだ手付かずのままの家屋の状態。
津波の恐ろしさを物語る容赦ない無残な情景が延々と繋がる。
そこに自衛隊が交ざり、警官が交ざり、ボランティアが行き交う石巻市や女川町。
この現実を目の当たりにし、身体が硬直し、溜め息と感嘆符しか口からは出ず。
あ~・・・。
本当に変わり果てたのだな~この地区は・・・
仙台空港のまわりも津波の影響ですべてのものが流され、裏返った車があちこちに残されていたが・・・石巻市、女川町はひどすぎる・・・。
石巻市のボランティア本部に行き、ボランティア会議に参加した。
ここでのボランティアは泥かき、炊き出し、リラクゼーション、ガスの復旧などで団体ボランティアが関与する。
ピースボート、JC、日本財団、個人団体のもろもろのNPO団体。
今日のやってきた活動報告を淡々とする。
とりまとめは石巻市のJC。
みな色々とボランティアを頑張っておられるが、なんかJCに仕切られているボランティア活動とそのボランティア活動をテレビ取材している広告用の取材の仕方にちょっと違和感を覚えた。
そんな中、ひとりキッズのサポートとしてボランティアに参加している青年に出会った。f0215179_22124298.jpg
その青年は仙台で地震を経験し、仙台空港に置いていたマイカーを津波でながされたという。
その彼は「今何かしないと!」と流されたマイカーが手元に戻ってきたのを機に石巻市に駆け付けた。
そしてひとり、「被災地の避難所にいる子供たちのサポートをしたい!」その思いだけで動いていた。
子供のいる場所をみつけ、子供の把握をできているであろう人に直接会って、今できることを尋ね歩く。
彼は、折り紙を用意していた。
そしてそのボランティア会議に参加しているみんなに呼び掛けた。
「明後日、石巻市渡波中学の入学式だから、入学式に飾りすらありません。皆さん、折り紙で折り鶴を折ってください。協力お願いします!」
しかし折り鶴を折りはじめたのは、我々だけ。
しばらくして、それを見て二三個折りに来た女子が二三いただけだった。
意味のあること・・・
今被災地で意味あることはどこにあるのか?f0215179_22131241.jpg
ボランティアとはなんなのか?
被災地の方が必要としていることは何なのか?
ノリじゃないだよ、ボランティアって。
被災地の人々が生活の基盤を戻し、安心できること。
主役はあくまでも被災地の人々。
ボランティアはイベントではない。
淡々とした日常を取り戻せるためのサポート。
ボランティアは使命でもなく、統制された機械的な仕事でもない。
いろんなことが出来る人・・・たとえば専門職の方が被災地から離れたところで、私はこれが出来る!被災地の人はこれを求めているだろうと、思いだけをもってこられても、現地の方とのギャップがあるように思う。
全て人間関係だ。
相手があってケアがある。
優しさをもって、現地の人と関わりあって動いていく。
これが本当のサポートだとしみじみ感じた。
そんなサポートをその彼は一人で手探りでやっていた。
そんな彼を応援したい!素直にそう思った。
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-21 21:42 | 震災 | Comments(10)

勢いついて

f0215179_9361850.jpg

今我が家の庭は勢いづいてきた。
一週間前はまだ、緑色の新芽を出したばっかりのもみじは、いつの間にかうっそうとし始めてきた。
ぎゅうっと閉じた新芽が、一斉に開き、重なる葉が風になびいて、春の喜びを感じているようだ。
小さな子供たちがお遊戯をしているようにも見える。
結んで、ひらいて、てをうって、むすんで・・・♪
もみじの新芽はグーしているようで、そして今一斉にパ~と手を開いたように開放されたもみじ。
わさわさ~と風になびいて、まるで子供達が笑っているようだ。
芽吹きの季節、勢いよく。
f0215179_1055829.jpg

トキワマンサクも満開。
トキワマンサクは、静岡の県花だそうだ。
中国原産のこのトキワマンサクは、昔は日本全国に自生していたらしいが、今は熊本、静岡に限られるようになったそうだと、今日テレビでいっていた。
我が家には赤と白のトキワマンサクがあり、今紅白の花を思いっきり咲かせている。
そういえばマンサクの花の様子も手を広げたようなにも見え♪
f0215179_1061219.jpgf0215179_1062446.jpg
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-18 10:14 | 花のこと | Comments(10)

母の日にむけて~

ディールーム・・・・ここで石鹸つくりをしました。
f0215179_8522656.jpg

石鹸をこねて、匂いをつけて、型抜きして♪
f0215179_852383.jpg

かわいい袋につめてお母さんへのプレゼント♪
「これで今日から頭を、身体を洗えるね♪」
そう、これを使ってください♪お部屋でお手手を!身体を洗ってくださいね♪
f0215179_8525530.jpg

見本に持ってきた美術工場アゴラの先生が作った猫の石鹸。
「この猫ちゃん、僕ほしい!」
はい、あげましょう♪僕にお会いするためにこの猫ちゃんは静岡からやってきたよ。
f0215179_853625.jpg

4月15日医大で、入院している子供さんと母の日のプレゼント、アロマ石鹸をつくりしました。
毎年、近所の子達とやっている石鹸つくりを今年は入院中の子供さんにと提案し、この企画がとおりました。
いつもお世話になっているお母さんへ、入院中の子供さんからのプレゼントです。
医大に入院している子供達は、長い長い入院生活を強いられている子供さんたちだから、石鹸つくりもたいへんな作業でした。
石鹸つくりはねんど遊びのように楽しいのだけど、1時間以上起き上がって作業をしていると、しんどくなる子供さんもいたり・・・点滴つけての作業だったり、石鹸の型抜き・・・難しいのです。
我が家にきてくれる元気な子供さんたちと同じようにはできない・・・
でも楽しそうに作ってくれました。
お母さんへのプレゼントだけど、今回はお母さんたちとも一緒に作ります。
お母さんも楽しそう。
私はスウィートオレンジ、私はレモン、私はラベンダー、グレープフルーツ♪
石鹸の色は白がいい!
黄色はウコンで色づけます~。
・・・ぎゃあぎゃあ~とはならない作業。
でも淡々と優しい空気に包まれているな~って感じます。
子供達の手に見とれてしまいました。
かわいいかわいい手の上には、注射の跡にアンパンマンの絵が描かれたシールが張ってあったり、点滴のチューブがついている。
私はこのかわいい手がいたたまれないほど愛しくなりました。
この子達の笑顔を見てるとうれしくなりました。
一緒に石鹸つくりが出来て、自分の方が楽しい時間をいただいたようです。
2歳、3歳、4歳、8歳、30歳の子供たち・・・あなたたちに会えてよかった♪
ほんとうにありがとう。

午後はいつものようにお母さんへのアロママッサージ。
石鹸つくりに行きたかったけど、うちは難しいから・・・と。
何でだろう?誰でも良かったんだよと伝えると・・・それもままならない子供さんたちだった。
お母さんたちは、気丈だ。
毎日毎日今を生きてらっしゃる。
強いお母さんたちにまた会えた。
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-17 09:01 | 子供たち | Comments(6)

忘れな草

f0215179_12212527.jpg

f0215179_12212542.jpg
3月11日、たいへん辛い出来事が起こりました。
あっという間に3万人近くの命を奪ってしまった悲劇。
そしてまだまだ続く放射能汚染の被害。
あれから1ヶ月がたちました。
被災地は今日も余震が続いてます。
いろんな不安と悲しみの現状を毎日目の当たりにしてこられたことでしょう。
被災地の皆さんはあっという間の一ヶ月だったと。
しかし私にしてみれば、たいへん長い一ヶ月でした。
この一ヶ月、いろんなことを考え、思い、これからどのように暮らしていけば良いのか、被災地の方は何が必要か・・・模索した日々でした。
一日一日大事だと本当に思いました。
だからでしょうか、長い長い一ヶ月でした。
そして一ヶ月がたち、いつの間にか春も本番です。
我が家の庭も春色に色づき始めています。
赤、白、黄色のチューリップの間を埋めるように、小さなかわいい忘れな草が咲き出しています。
この忘れな草は、何年か前に植えた一苗からの種があっちこっちにこぼれて、いつの間にか花壇を埋め尽くすようになりました。
そして花壇だけでなく、我が家の庭のあっちこっちに飛んで優しい顔を覗かせています。
私はブルーの小さなかわいい花が大好きです。
表情はかわいく、素朴で、はかなげで・・・でもちゃんと自分を持っている。
そして自然生えしてくれる・・この野生的な表情が大好きです。
今、被災地では子供達が大人たちを勇気付けているようです。
自分達で新聞を作り、被災地の状況を伝えています。
又肩もみ隊を作ってお年寄りにマッサージ。
子供達の笑顔に救われると大人たちは言っています。
この子達だって、辛く悲しい出来事を、目の当たりにしてきました。
親を亡くした子供達もいます。
でも笑顔で毎日を迎えている、素敵な素敵な天使さんたち。
その天使さんたちに、近い将来会いに行こうと思います。
そしてこの花を持っていこうと思います。
被災地の子供達は、小さなかわいい存在だけど、そのはかなさの中に自分を持ち、力強く生き抜いている。
忘れな草のように~。
忘れな草の花言葉を知っていますか?
「私を忘れないで・・・」
決して忘れません!
この地震の被害で亡くなった方々、そして今を一生懸命生きてらっしゃる方々を・・・
だから風化させない。
今は触れらない荒れ果てた被災地に、青い忘れな草の一苗が、種を飛ばしてどんどん増える。
私の心を忘れないで下さいと伝える花を植えましょう♪
辛い記憶を花に変え、新しい優しい町を作りましょう。
いつか東北が桜と花の町になることをイメージしています。
私の今の思い、夢です。
f0215179_18533575.jpg

f0215179_18551947.jpg
ps:3月11日に観た1本の桜は散りましたが、1ヵ月後ソメイヨシノの桜があたりを埋め尽くしています。
被災地の方々の空虚な心を埋め尽くすように、力強く咲き誇る桜。
被災地はいつか、空を桜が、地面を忘れな草が埋め尽くす・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2011-04-12 12:21 | 震災 | Comments(10)