ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:アロマテラピー( 11 )

質問にお答えして~冬用のアロマ化粧水教えちゃいます♪
f0215179_9164393.jpg


材料  精油(アロマ)ティートゥリー 5滴
     精油 ラベンダー・アングスティーフォリア 5滴
     精製水 45ml
     グリセリン 小さじ1/2
     無水エタノール 5cc (少なくしてもいい)

1)ビーカーにエタノールをいれ、そこに精油を入れガラス棒で混ぜる。
2)そのビーカーに精製水45ml、グリセリンを入れてガラス棒で混ぜる。
3)保存びんに2)を入れて出来上がり。
*保存びんは遮光できるものが良い。(色のついたガラスビン)

この化粧水は大変重宝します。
私は、敏感肌で、去年から特に超敏感肌になりました。
ですから、精油の選択を以前は、ローズマリーやパルマローザといった美容にいい精油を使って作っていたのですが、痛くなって・・・それほど敏感肌、乾燥がきつい状態となりました。
そのため、急遽選択する精油をアトピー肌に良好のレシピに変更しました。
痛みもなく、いい感じで今年の冬はこのレシピの化粧水で乗り切れそう♪
その後手作りクリーム(アロマ)をぬってスキンケアは終了です。


ナノテクとかいって分子の小さい美容成分がお肌に浸透ってコマーシャルをよく耳にするでしょう?
で、アロマテラピーってすごいんです。
アロマ(精油)の芳香分子って肌から毛細血管へ浸透し、また鼻から脳へ、呼吸することにより肺から血管へ浸透していきますから、ちゃんと成分が身体に入っていくのです。
ですから、安い精油、合成のものはだめですよ。
できるだけ無農薬のものを使ってください。
この化粧水は、アトピーの子どもさんにも有効ですよ。
一度作ってみてください♪
     
[PR]
by polepole-yururin | 2012-03-01 09:16 | アロマテラピー | Comments(6)

そっと手を差し伸べて〜

f0215179_8131176.jpg

庭に出てみると、花壇の隅っこから、ひょろひょろと可憐な小さな白い花を覗かせていた。
あらあら~いつのまに♪と近寄ってみた。
去年の秋に植えた白雪姫(だったと思う・・・?)水仙の新種。
土の中から、ニョキニョキと土をもたげて勢いよく顔を出した水仙だけど、茎がひょろひょろで、ばったりと倒れている様子がなんとも・・・。
そっと手を差し伸べて、かわいいお顔をカメラにおさめた。

金曜日、医大・小児科へボランティアに行ってきた。・・・ゆるりんプロジェクトである。
毎月第4金曜日の午後に、長期入院の子供さんに付き添うお母さんへのアロママッサージに行っているが、1月はあいにく関が原~彦根間が雪のため、チェーン規制だったので、ボランティアを休んだ。
二ヶ月ぶりのボランティア。
1月の施術希望者は6人だったようで・・ごめんなさい。
この間は、4人施術させていただいた。
毎回楽しみにしてくださる方と新しい方。
月1回の顔合わせだけれど、お母さんもだんだん心打ち解けて・・・お母さんから、笑顔で「こんにちは♪」と挨拶をしながら、施術部屋に入ってくる。
最初の頃の沈んだ、重い・・・硬い表情とは変わったな~とちょっとうれしくなる。
子供さんの様子を聞きながら、施術をする。
子供さんは未だ点滴治療中・・・きつい薬を使ったり、新しい治療法を試みたり・・・がんばっている。
でもこの前より上向いてきた症状・・・・退院のめどがたちそう♪と喜んでいる方も♪
そんなお母さんたち・・・時には涙を流される。
滝のように流れ出る涙。
「先生からは、子供さんの前で泣いたらだめでしょう!と叱咤されるから・・・ごめんなさい。」と涙をぬぐうお母さん。
長期入院・・・1ヶ月・・・2ヶ月・・半年・・一年の方・・または入退院の繰り返し。
子供さんやお母さんの居場所は、子供さんのベットと簡易ベットとパイプ椅子。
そこで毎日を過ごす・・・退院まで。
強く強く生きたいけれど、強いられる重い現状の中、子供の親として子供を支え、ここにいる。
でも・・・お母さんも一人の人間、崩れるときだってあるよね・・・涙流れるよね・・・・
「この病気を引き受け、がんばっている子供さん、そして子供さんを支えているお母さんすごい!よくがんばってるネ!大丈夫・・・」ってお話しながらのマッサージ。
人はね・・・「がんばれ」なんて言葉はほしくないんだよ・・だってがんばってるんだから。
今の現状を受け止め、今を認める・・・・・・・私はそうしてほしいから~。
世間は「、強くなりなさい」とよくい言う。
でもお母さんだから強くなるとか・・この現状を乗り越えるには強くならないと・・とか。
人は強要されたって強くはなれない。
我が家の庭の小さな水仙のように、一生懸命土から顔を出したとしても、重くって倒れてしまう。
お母さん、子供さんも同じ・・・最初はがんばれるんだ・・・でも続かない・・・現状が重すぎる。
時には、水仙の頭を支える手のように、誰かにそっと支えてほしい。
そんな方がいることを知っていてください045.gif
[PR]
by polepole-yururin | 2011-02-28 08:13 | アロマテラピー | Comments(12)
f0215179_9344047.jpg

27日月曜日、二回目の小児科ボランティア。
施術したママ、4人。アロママッサージとヘッドマッサージ。
今回は初めてのママが二人、二回目のママが二人。
はじめの時よりにこやかにお話してくれる。
ちょっと心がゆるんだのかな♪
そろそろ退院の見込みがでたような感じもあり〜。
いっしょに、その喜びを共感する。
こちらもうれしくなる。
「来てくれてうれしいです。こんなことしてもらえるなんて、想像もしてなかったことです〜♪」と。
「月一だから少ないね〜ごめんね、距離があるからね〜」というと、「長期入院だとこのくらいがいいです。これが待ち遠しく、ありがたいから。」とママは言ってくれました。
そんな言葉にやりがいを感じます。
初めてのママは、マッサージしてお話していくうちに、涙して〜、頑張っているママだけに、涙が込み上げてくるようで〜。
生れてすぐに難病と診断され、ずっと病院生活を強いられて〜、自分がまさかこんな立場になるなんて・・・ママ達は、そんな思いから、1日1日、目の前にあることを消化しようとしています。
頑張っている小さな命にいちばん近い守護の存在であるママ達。
ゆっくり現状を受け入れて今を頑張って生きていらっしゃいます。
今は、病院がママと小さな子達の居場所です。
この居場所の中にほんの少し息抜きできる場、時間空間があるといいな〜。
今回もご縁をありがとうございました。

来年も皆様良いお年をお過ごしください~。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-12-31 09:34 | アロマテラピー | Comments(2)

ゆるりんプロジェクト

f0215179_803622.jpg

ゆるりんプロジェクト開始!
11月26日金曜日より、月1回、大学病院小児科で、ボランティアをすることになりました。
今まで習得した、アロマ、アーユルヴェーダなどの知識を生かし活動し始めます。
以前より関西で、アロマ、整体、アーユルヴェーダなど資格を取ったのだけど、どのようにして活動したらいいのか分からない方たちのデビューの場の提供と、癒しを得るのも難しい方たちへの「癒し」の提供を目的に、年3回ほど「癒しフェア」と称し活動をしたり、自宅で子供たちやお母さんたちにアロマ教室を適宜開催していました。
今までの活動にプラスして、「ゆるりんプロジェクト」をはじめました。
「ゆるりんプロジェクト」の主旨は、長期入院の子供さんを持つお母さんへのアプローチ。
まだまだアロマ、アーユルヴェーダなどなどの代替医療は、病院に入院中の方に施術することは難しいのが現状です。
自己責任のもと、施術することには問題はありませんが、公立病院での代替医療は、まだまだ試みることには問題があります。
特に病院に入院され、西洋医学の治療を行っている時に他の療法をあつかうことは、何かと難しく、医者、看護師などの医療スタッフと患者の信頼関係にもひずみが出ることになりかねないとも感じます。
ですから、入院中の患者さんには、治療に専念してもらうことが大きな目的です。
その目的を損ねず、なおかつ、今の現状を少しでも良くするには・・・と考えてこのプロジェクトをはじめました。
つまり患者ではなく、その患者さんを支える方への「癒し」の提供です。
「癒し」が大事などといろんなところでよく耳にしますが、「癒し」価格は以外に高く、サロン等に出向いていくことが主です。
私が代替医療を学んだきっかけは、自分が病気をしたからで、薬だけでは・・・という経験がもとになっています。
あらゆる代替医療を学び、目的、治療経過など理解しようと努めました。
医療経験と、今もなお医療情報を知ることが出来る私が、今提供できることは、癒しに縁遠い方へのアプローチだと思いました。
特に小児科の現状。
私は、子供を持って特に子供たちへの関心が高まりました。
病気を持って生まれてきた子供たち・・・たいへんがんばっている子達です。
でもその子達を、生み育てているお母さんの心の内は、どうでしょうか?
病院サイドは患者さんへの治療が精一杯です。
看護師さんたちも、お母さんたちへのケアを試みようとがんばっておられますが、限界があります。
医療者もホント心、身体を病んでいますから・・・
病気をしていない子もそうなんですが、子供が健全であることのキーパーソンは、お母さんです。
そのお母さんが、健全な状態でなければ、子供の健康(心、身体)を保持することは難しいことだと思います。
長期入院の、難病を抱えたお子さんにずっと寄り添い生活しているお母さんへ・・・・
少しでも身体が緩みますように・・・
少しでも孤立した心が、開放されますように・・・
私が看護師として働くことより、私が余裕ある状態だから出来ること・・・
それが今の形であリ、これが「ゆるりんプロジェクト」。
大学病院は、近くの病院では見れない難しい病気の患者さんたちを治療している医療現場。
人には理解できない物語があります。
そこをあえて選び、看護部長さんが、私を受け入れてくれました。
月一回・・・これは私がここから通える限界ですが、この関わりが少しでもプラスに転じますように~。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-11-29 08:00 | アロマテラピー | Comments(14)
             黄色のランタナとクイーンエリザベスというバラ・・・重宝する花たち
f0215179_8343359.jpg

昨日、またもやアロマのオイルいいよ〜♪と話題に上った・・・偶然に〜。
以前友人がけっこうな大きさの火傷をおったといって我が家にきた時の話で、でアロマのオイルをとっさにブレンドして友人に渡した。
そのオイル重宝していたようで、ヒリヒリ感が消え、跡も残りはしたもののいいんだよ〜と。
でこの間、同じ職場の子が火傷をしたと言ってきたので、もらっていたアロマオイルを分けてあげた。
すると、二日後その子に会ったら、「いいんです。水ぶくれもすぐにひいて落ち着いてきて〜。」と。
そんな話があったんだ〜あれいいね〜と友人。
そう、それもラベンダー・アングスティフォリアなんだ〜メインは。
重宝するアロマなり~♪

重宝すると言えば、ランタナ。
このランタナは今年の暑い夏にも負けず、ガンガンに咲き誇っていて、重宝しました。
我が家には黄色、ピンク、白のランタナが所々に咲いています。

ps:アロマは、今や雑貨屋さんでも目にするようになりましたが、合成のものや農薬の入ったものがありますので、品質に注意してください。アロマは直接体内に浸透していくものですから~。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-10-07 08:34 | アロマテラピー | Comments(6)

アロマが気に入って〜

f0215179_828322.jpg

昨日、夏の公民館でのアロマテラピー教室に来てくださった方が、おまけに渡した虫刺され用オイルが気に入った〜と言って我が家に来てくれました。
さっそくマンツーマンのアロマテラピー教室〜。
お子さんもつれてこられたので、他愛無い話をしながら始めます。
普段はムヒを虫刺されには使っていたのだそうですが、今年の夏はアロマオイルがたいへん重宝したのだそう。
「ムヒは一時的ス〜とするのだけど、腫れ上がるし、またかいてしまうんだけど、アロマは、刺されたことを忘れてしまう感じ。跡が残らないの〜。今はなんでもかんでもに塗っちゃう〜。」と。
気に入っていただいてどうもどうも~♪
メインはラベンダー・アングスティフォリア、別名真性ラベンダー。
それにオイルと、その他の精油をブレンドして虫刺され用オイルを作ります。
虫刺され以外にもいろんな効能を持つラベンダー。
お子さんは少々アトピー気味で、肌の弱いお子さんにも重宝したそう。
ラベンダーは賢いのです本当に(^-^)
皆様もよかったら単発講座にいらしてください~。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-10-06 08:28 | アロマテラピー | Comments(0)

ラベンダー

                   イラガ虫をにらむラベンダー
f0215179_1733713.jpg

ラベンダー恐るべし!
今日は庭の手入れにあけくれた。
梅雨も明け、うっそうとしてきた庭の草むしりや芝刈り、そしてバラの剪定をやっていた。
こんなに草ってのびるものか〜と感心と悲鳴。
で、ふとお隣さんの垣根のアカメが丸坊主になっているな〜と目をやると、イラガ虫、別名電気虫ともいうらしいあの害虫を何匹か見つけた。
あ〜お隣さんの被害がこちらにも伝播するぞ〜と、シュートをのばしはじめたモッコウバラに伝播される前に剪定することした。
が、もう事態は遅し〜。
私が剪定しはじめて〜ビリビリ〜!やられてしまった!
右の手の甲がみるみる腫れた〜。
素早くガムテープで虫の毛を取りのぞき、ラベンダー・アングスティフォリアを塗る。
今回は息子の皮膚のただれ用にオイルで希釈したものを作っておいたので、それを使った。
~~~すばらしい!
痛みがみるみるひいた。
腫れもしばらくしたらひいた。
主人はステロイドをすすめたが、私はラベンダーを塗った〜。
ステロイドとラベンダーの効能の差はわからないが、とにかくラベンダーの効果は恐るべし026.gif
この間のアロマテラピー講座の話を素早く実践し、言うとおりの効果を得たのでした。
皆様お試しあれ〜。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-07-18 17:33 | アロマテラピー | Comments(4)

アロマテラピー教室

f0215179_15222298.jpg


今日はアロマテラピー教室に多数参加していただきまして,誠にありがとうございましたm(__)m
いろいろ質問していただいて、私自身も勉強になりました。
また次回このような講座が開けますことを願って(*^_^*)
また質問等ございましたら、気軽にお連絡くださいませ〜。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-07-16 15:22 | アロマテラピー | Comments(2)

お知らせ

f0215179_9492761.jpg

7月16日(金)AМ9:30~AМ11:30
公民館でアロマ教室を開きます♪
アロマテラピーのお話と赤ちゃんや肌の弱い方にも仕える虫除けスプレーを作ります。
詳しくは℡0538-32-4853へ。

最終確認いたしますので、よろしくお願いします~。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-07-06 08:36 | アロマテラピー | Comments(3)

小さな訪問者♪

f0215179_2050043.jpg

今日我が家に小さなお客様が、来てくれました。
5歳のお客様、数人です。
[こんにちは~♪」と玄関からかわいい声が聞こえます。
「は~い♪」と玄関に行ってみると、ま~かわいいかわいい幼稚園の女の子たちがいました。
思わず「あら~、かわいいね♪」と言わずにはいられない感じです。
お兄ちゃんの石鹸をみて、「私も!」とアロマの石鹸を作りに来てくれました。
席についてもらって、石鹸の説明をしていきます。
「みんなこれが石鹸のもとです。これで、色をつけていきます。みんなカレー知ってるよね?」と聞くと
「は~い♪」とみんながいっせい手を挙げます。f0215179_20504198.jpg
次にアロマの香りを順番にかいでもらいます。
「これはスウィートオレンジです。みんな、みかんは知ってるよね?」
「は~い♪」
[これはレモンです。これはグレープフルーツです。わかる?」
「は~い♪」とみんなは、毎回手を挙げて返事をしてくれます。
もうかわいくてかわいくて・・・こんなに幼稚園の時は素直で、小さくて、かわいかっただろうかな~と息子の小さな時を思い出そうとしたのだけど、隣にいてお手伝いしてくれる息子とその友達を見ても、どうも結びつかない。
たった5年しかたっていないのだけど、こんなに小さかったのだろうか012.gif
時とはおそろしいもんです。
でも5歳といえども、今日の生徒さんはたいへんのみこみが早いです。
小さな小さなぷっくっとした手で、上手に石鹸を練っていきます。
時にはおにいちゃんにお手伝いしてもらいながら、かたどりしていきます。
「出来る?手伝おうか?」なんて5年のお兄ちゃんは、声をかけます。
あらあら~すばらしき兄妹愛043.gif
上手に石鹸が出来上がりました♪
「これきれい♪」「こっちもきれい♪」「わーいわーい♪」
小さなかわいいお客さんは、バラでにぎわう庭で、しばらくはしゃいでいました♪
お母さんが迎えに来たので、出来た石鹸と、お菓子と、少しのお花を小さな手に握り締めて、「ありがとうございました♪」と言って帰っていきました。
お母さんから「今日の石鹸づくりのことは、幼稚園の園長先生にも子供たちはお話したそうですよ♪」とおっしゃっていました。
あ~ほんまに愛らしい子達だな~と心が温かくなりました。
上の息子が中学になり、家族のあり様が変わってきました。
かわいいという存在ではなくなり、頼もしい感じです。
息子が幼稚園の時のこと・・・、ある本に「子供の時代は親へのプレゼントです。」というフレーズがありました。
そうなんです。
小さい時は、親にとっては手のかかる存在なんですが、今思えば、心を和ましてくれるかわいいかわいい天使さんなんですよね~。
今日はかわいい訪問者さんからそんなことを教わりました。
来てくれてありがとう♪
[PR]
by polepole-yururin | 2010-05-21 20:56 | アロマテラピー | Comments(0)