ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

安倍政権終焉

やんばるの上空
f0215179_10572734.jpg

今年も後わずか・・・
もう日を追う事も無くなった。
こんなふうにしたのは安倍晋三さんだ。
安倍晋三さんだけを悪いと言っている訳ではない。
日本の官僚が悪い。その政治家が悪い。その権力に追従する市民が悪い。
原発の法改正、教育の法改正は、安倍晋三さんと、小泉さんの時にタガを外させ、大幅に舵を大きく真逆にとっていた。
原発事故が起きても危険を察する装置が動かなくなった。外されていた。また教育はどんどん統制社会へ連れて行かされていた。
河合隼雄氏の心のノートがその一つを担う。他教育の世界ではどんどん見えない排除が始まっていた。
そんな二人が一%企業に追従したもんだから、このほころびが震災で起きて、ショックドクトリン化した日本をど〜とと襲った。
あげくに安倍晋三さんは、政権を握ったと同時に今だとばかりに強行に日本を崩しにかかる。
日本中の何処のどいつが安倍晋三さんを押し上げたのか。
追従している人らのモラルとはなになのか。
狂っているとしか言いようが無い。
原発事故後の日本の有様は人間を人間とも思っていない人らがわきあがった。
あのバブル時代にいた下品な輩が年をとって湧き出た感じ。
それはテレビのタレントにみる。自己中の人・・・、弱いものをいじめて笑いを取る。モニタリングなんて最たるもん。品格の無い輩がわんさか。
それを見ている同じ穴の狢。
俺勝ち組だから・・・とでも思っているのか。

このあいだ「ビリギャル」と言う映画がテレビ放送されていた。
息子が見ていたので見てしまった。

上の息子がちょうど受験の時に上映された物だと言う。赤本見て苦しかったわ〜って兄ちゃん言ってたで・・・って。
ビリギャルとは、どうしようもない子どもが、ある塾にいって勉強して慶応に合格すると言う話。
これ、昔林真理子の「下流の宴」の話によく似ている。
結局勉強できない子どもはダメで、有名大学に入学して、それで憂さを晴らす事がきっかけで、勝ち組になったら、そのウサは消えていて、もっと世界が変わって見えるんだって。そんな話だ。
確かに塾の先生が一人一人子どものいい所を見てくれる所は親にとってはありがたい。
けれど、親さんが始め、弱いわが子が安定して学校生活をおくれるようにと、エスカレート式に中学に受験させたこの感覚が如何せん。
この映画って、塾産業のための映画なんだな〜と思った。
ちょうど下村文部科学大臣のときの映画だし、下村文部大臣は、塾講師を生業にしていた人。学校教育が壊れていくのも塾を盛り上げる為のマーケティングを教育に取り入れた結果だ。また教育費改正の問題等、下村さん、竹中さん、安倍さん、小泉さん・・・きりがないけれどいそんな人たちが結託し、その後ろに官僚たちが結託し、子どもを金儲けにしている訳だから、ひどいものである。
スポーツに子どもがどんどん打ち込んでいく。プロを目指し・・・という世界もこの2000年になる頃にひどくなった。
親は必死に子どもを何かにならせるためにマスコミの言うことを聞く。
大人が教育、子どもの何が大事かを見極められず、マスコミの言うように踊らされるから、子どもはつぶれていくのだし、そんな子どもが大人になり同じことをする。
勉強でもスポーツでも選ばれなかった子が、例え選ばれたとしても途中で心が壊れる子はどんなにいるか・・・。いっぱい見ている。そこに精神医療が参入だ・・・。
スポーツは統制社会のうってつけの教育だ。自衛隊、防衛大学の状態は、スポーツ精神が元になる。
自分が無くなる。・・・

ビリギャルに戻り・・・慶応に合格したら世界が変わる。
そんな意識を植え付ける映画。その空気をもつ大人が上下に世界を作り続ける。競争・・・いいことをいう様にみえて塾産業の思うつぼ。まあ〜、塾の値段の高い事・・・
そもそも受験は落とす為にあるようなもんだ。
学びは傾向とかそう言ったものだけか・・・、塾と学校が連携しているのだろうとも思う。
純粋な教育が消えている。
子どもは好きなゲームを怒らない大人をいい人と思うんだな〜。(ため息)これ飴と鞭・・・
子どもは馬か・・・
大学は単なる通過点である。その先の人生に優越感だけ与えてどうする。

ビリギャルはのちに、ビリギャルを育ては母の本をも売り出しているのだという。
もうキャンペーンだ。
商売だ。この世に売れる売れない、すべてマーケティング。電通のような企業が事を牛耳り、世の空気を作り人々をもっていく。
自分たちが持つ意識は自分から発動されてるようで、社会システムを作り出したもとからあらゆるいろんな光線が出て、これにまんまとはまっていく。
例えれば、スパイダーマンから糸がば〜と何方向にもて出て、私たちの思考、行動パターンを掴まれてしまうのだ。
ビリギャルが慶応・・・結局士農工商のピラミッド社会に追従して、ビリギャルは上から見渡す優越感。
今や慶応の福沢諭吉さんが新聞、教育等で人種差別を煽り、戦争に導いた思想をまき散らした張本人だということがが学者たちにしっかりと学問上の中から暴かれて、10000円札から引退を!の運動にまでに広がっているのだから。

12月26日、安倍晋三さんはハワイの真珠湾に行った。マスコミはこの事ばかリかき立てているが、その後ろでなにが日本で起きているかどれだけの人は知っているのだろうか。
テレビでは年末の歌の番組、お笑いがだだ漏れに流れている。
アハハアハハ・・・と笑っている間に安倍晋三さんらは16倍もの軍事予算を軍事研究に投入した。
こんな16倍とはバカか、あえて民衆に見せつけているように設定しているか(良心的に見て)、ひどい。
昨日、科学者の池内了さんらが緊急に記者会見を開いた。
お金で目をくらます学者になるな!学者を馬鹿にしているこの政権への異の表明である。

沖縄では辺野古への基地建設に向けて工事が再開された。
陸からは多数の機動隊。海からは多数の海上保安官。名前だけは公務員だが、もうれっきとした法律違反の暴力団。
市民の声はつぶされ、暴力も飛び交う。
琉球諸島に着々と自衛隊の基地を作り出した安倍晋三内閣。
敵がいると煽る偽旗作戦。
今や政治家は政治家に非ず。チンピラ映画の俳優のごとく。
原発の問題も然り。
安倍晋三さんの存在、その取り巻きの存在、追従して助長する人たち、・・・

この一年、いやいや4年・・・嫌というほど見てきた悪魔。
もう明らかに見える世のカラクリ。
来年こそはいち抜けだ。
それには自然の中にいる自分を絶えず感じることだと気づいた。
戦闘機の合間に見えるハヤブサが存在をアピールする。
かっこいいのは本物さ〜。


*1/3追記

上記記者会見にて、立教大学教授が言っている。自衛隊と私たちはあくまで使い続ける。それは軍隊としたくない、認めないという意味である。しかし安倍晋三さんは、自衛隊を我が軍という。
軍隊と政治家は思っている。しかし言葉上は国防費という。が・・・武器輸出等、武器は何をするもの?人を殺すものである。それをいうなら軍備費である。武器製造費である。
この日本政府の言葉の嘘をスルーしてはいけない!と警告する学者たちである。
日本政府とマスコミの言葉の操作。
事実を捏造する言葉のごまかし。

『以下言葉のすり替え添付』

戦争→事変
戦闘行為→衝突
武器輸出→防衛装備移転
公約違反→新しい判断
産めよ増やせよ→結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援
年金カット→持続可能性賭博→リゾート
差別→区別
事故→事象
墜落大破→不時着 ←イマココ

近未来の言い換え語録を予測します。

徴兵制→給付型奨学金
軍事教練→インターンシップ
軍事研究→大学の社会貢献
原発→クリーンエネルギー
学徒動員→フィールドワーク
強制無償労働→ボランティア
子ども産んで家事やれ→ワークライフバランス
非正規雇用・失業→みんな違ってみんないい」



・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2016-12-29 10:56 | 政治(思う事) | Comments(0)