ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

好奇心ある子どもへ

適宜、このBlogも更新中!
私達の試み。
子供達への関わり。
この記事はBlog『里と湖のポレポレ時間』より

9月4日日曜日、琵琶湖のアゴラは、琵琶湖のアゴラ展の展示が主。
その合間に野鳥センターの池田君のレクチャー。
今日はレクチャールームでは、近くのバイオ大学の学生さんがお勉強中。
よって野外に出てきました。
ビオトープには、蓮がいっぱい。
草津にある琵琶湖博物館の近くには、蓮の群生地があります。
けれど、今年はほとんど蓮の花が全滅。咲いていないよう。
蓮なら、ここだよって池田さんがご案内。
ほんと、いっぱいの蓮の花が咲いていた。
e0253482_1653674.jpg
e0253482_16541348.jpg
e0253482_16584424.jpg
e0253482_16593150.jpg
e0253482_1721133.jpg








































植物採集。高枝ばさみ持参の池田さん。
ほら、これは、くずの花。この時期いっぱい咲いています。
紫のいい香りの花。フジの花の香りに似てる。
e0253482_1724224.jpg
e0253482_1731310.jpg







今度は池田さん蓮の沼に入ります。
e0253482_1743662.jpg









ほら、来れ見てみて、蓮の根っこはレンコンです。茎も穴が空いていますよ。
e0253482_17172919.jpg



ほらね!
e0253482_17175635.jpg




みんなは、琵琶湖に流れる川の景色を写生。
最近見ない光景です。
私の子どもの頃は図工の時間はよく写生に野外にでて描く機会がいっぱいありました。
今はどんどん図工、美術の時間は学校では減っています。
理数を重んじる教育が美術というものに価値を置かなくなったのか、週に一時間あったらいい。
その少ない時間で出来る作業は、塗り絵、キット。
これが美術と言うのでしょうか・・・寂しい。
想像を育む事をなくし、ものを見る機会をなくし、思考する時間をなくしています。
アゴラでは大事にこの時間を続けています。
なぜ?
そうぞうすることが(創造と想像)が未来を作る大事な事だとわかっているから。
e0253482_17195572.jpg
e0253482_17204342.jpg







暑いので日よけ。天然の蓮の日よけ。
e0253482_17213281.jpg
麦わら帽?いえいえ蓮の帽子です。冷たくって、ひさしの大きくってこれがいい日よけの帽子なんです。
e0253482_17231612.jpg






蓮の花も取ってきてくださった池田さん。
大きいんですよ!蓮の花。
それに香りはうっすらお香の香り。
いいんですよ。
e0253482_1724185.jpg
e0253482_17253668.jpg











どこかベトナムの風景を思い出します。
e0253482_17265895.jpg
e0253482_17274846.jpg
e0253482_1728146.jpg








いつの間にか、蓮の帽子の子供達がいっぱい。
見ようによっちゃ〜カッパみたい。
e0253482_17284914.jpg
e0253482_17295850.jpg

川のほとりのカッパたち。
e0253482_1731115.jpg
蓮の種が出た後の蓮。
e0253482_17315196.jpg












蓮の傘
e0253482_17324616.jpg
e0253482_18473553.jpg
蓮の葉は水をはじくんだよ。
ほら〜って実験。
e0253482_1845559.jpg











わ!わ!わ!面白い
e0253482_18463681.jpg



水の玉。生きているよう。宝石のよう。
e0253482_18495524.jpg

野鳥センターに帰った子供達は、水道の所で何やら始めた。
びしょびしょになって、水と蓮の葉の実験遊び。
蓮の真ん中に穴をあけて、ストローのようにしたよ
e0253482_18502820.jpg
じゃ〜!って蓮の葉っぱから蓮の葉っぱへ。
水が動く、面白い♩
e0253482_1851680.jpg
e0253482_18513838.jpg







ストローのようだ!
じゃ〜ジュース入れてみたよ。飲める?
あ〜ん!
e0253482_18521564.jpg




飲める飲める!蓮の葉ジュース!
e0253482_18523730.jpg
好奇心旺盛の琵琶湖の子供達。
自分たちで考え、試してみる。
どうなの?どうなる?わ〜!ワ〜!すごいすごい!
こうなるんだな〜って実験してみる好奇心!
[PR]
Commented by cocomerita at 2016-09-29 16:00
Ciao yururin さん
うわーーー楽しそうーー!
私も参加したかったわー
本当の子供の姿がそこにあって ほっとするとともに、心に笑顔が満ちました
今や 養鶏場よろしく 子供さえ不自然なそして迅速な成長を要求されているものね
子供ってこうやって のびのびゆっくり きちんと 手をかけ心を注いで育ってもらうものなのにね

子供の頃 父の故郷を訪ね 青島に行ったんです
そうしたら雨が降ってきて 大雨になって 父に言われて蓮の葉っぱを取ってそれぞれ傘にした
そういう思い出が大人になってからのかけがえのない宝になり、ちょっときつい時の支えになったりするんですよね

アゴラに出会えた子供たち 幸せですね
Commented by polepole-yururin at 2016-09-30 08:12
はい、ありがとうございます。この子供たちは自ら遊び出した蓮遊び。びしょびしょになって遊んでた。笑顔とエネルギーいっぱいで。でもね、同じアゴラでも時にちがう。里山でも同じ事をしたけれど、汚い・・・考えられないって子もいて、そんな子が一度空気をつくってしまえば、皆もう声を出さなくなって・・・親の日頃の吐き出す言葉かけ。その事が本当に表に現れる。今いろんな子を見ての課題です。もはや子育は親育てです。私たちの認識が子どもをどっちの方にもつれていくから。ローマさんの日々の活動、頑張っているな〜って思っています。声を絶やさず伝えること。社会はどんどん政府の暴走に声を無くしているようで、でもリークされる事もどんどん増えている。そんな中、どの立場でいるかと常に考える。次のBlogにやっと書こうとBlogを開けたらローマさんからのコメント、嬉しかったです。アゴラは続きます。子供達の側で。
by polepole-yururin | 2016-09-24 12:42 | 子供たち | Comments(2)