ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

危ない事が身近で起きている・・・うまい話はないぞ!


まずは・・・お知らせ!

f0215179_20391015.png

消された町 —復元された町
   消された記憶 —作られた記憶
    消された僕 —生まれた私
      さきのくにの風が吹く
読み手の心を映し出す 清水のような物語


内容紹介
訪れた者の意志次第で過去・未来・夢になり得る、
"さきのくに"に訪れたアゴラ森と琵琶湖の仲間たち。
先立った大切な友人や様々な生き物、
真実を知る語り部たちに導かれ、
永らく人間を支配してきた"欲"の正体を
突き止められるのか…。
現代社会に警鐘を鳴らすアゴラ森物語シリーズ、
待望の第三弾!


アゴラ森物語3−さきのくにの風ーが刊行されます。
只今Amazonでは予約販売しております。

このさきのくには、たくさんの方に読んでいただきたい本です。
ぜひ、ご購読宜しくお願いします。


掛川市西郷の戸田書店のFacebookより。
いつも応援してくださっています。
戸田さん、ありがとうございます!

e0253482_185110.png

e0253482_1852652.png






蓮の花ってこんなに大きい。かすかにお香のような香りして、この根っこはレンコンで・・・
実物みてもっとリアルに感じとれる。知らない事いっぱい。
知ればいろんな事に喜びと、自分を守る事が出来る。
最近本当にそう思う。
f0215179_23424767.jpg

私の住んでいる近くには”つま恋”がある。
子供会には必ず恒例の行事、つま恋で行事。他、ポーニークラブに子供達は入ってポニーの世話をしていた。夏にはぎゃんぎゃんとうるさいスピーカー音がアゴラまでやってくる。
夏恒例のミスチルとサザンと吉田拓郎と・・・コンサートが続いていた。
確かに今年は、静かだった。
秋になって新聞でつま恋閉鎖の記事。この記事を見る前にアゴラの子供達が口々に言っていたけれど・・・
空港近くのお茶の会館と言う所がある。
今年の春、息子が静岡空港から飛び立つ事が増え、食事にとこんなところがあるんだと、寄った。
そこで茶そばの定食を食べた。
二日前、この近くを通ったら、看板に、お茶の会館閉鎖中って。・・・
そう言えば、茨城だったか、千葉だったか、百貨店の閉鎖が相次ぐって記事があったが・・・
すべてサービス業。観光と商品、レジャー。
中国、韓国からのお客さんが減ってきたのか、・・・消費税8%と格差の歪みがどんどんでてきた。
アベノミクスちゅうもんは、大企業の為の恩恵与える為の策故に、一時的な他国からの観光客頼みの消費と、企業を肥えさせ、民衆の給料はどんどん減って、福祉もどんどん削減されているわけだから、余裕の中から生まれた娯楽でお金のいる所はどんどん閑古鳥が鳴いている。
結局、民衆は手頃なパチンコ、ゲーム、競艇等のギャンブルやポケモンGOなどに走ってしまう。
これが、ギャンブル業界やゲーム業界、さらには監視社会においてポケモンGOから人々を操作する。
最近知ったことだが、赤福と言う老舗がある。あれは昔テレビドラマにもなっていた。
その赤福はどこへ行ってもお土産物屋に山積みになっている。みんな買わないといけないように買っている。
ある時、赤福の賞味期限改ざん事件が起きた。赤福は、家族が株を持っていた。その責任を追求されて株を家族は手放し、その株を買い占めたのが・・・。
この事件に似た話は、北海道の白い恋人や不二屋など・・・
私たちが日本企業だからとか老舗だとか安心してネームバリューでついつい購入しているけれど、実はもはや、これはグローバル企業が既に、もとの商業者から権利を奪っていて、その経営には、老舗の安心真心は消えていく。
例えばそのあんこや、餅米や、他に小麦、様々な材料を買うルートなども利益中心となったり、知らぬ間に遺伝子組み換えのものになったりする事も考えられるし・・・。
疑いながら生きていく事はとてもしんどくて、いやだけれど、実は着々と成功企業の元が借金や不祥事にあって変わっている。
銀行は融資と言う形で簡単に資金を貸してくれたりする。
それにのってもう有頂天の主は、資金を貸してくれるのは、可能性があるからだと高をくくり、いとも簡単に借金をする。このケースが本当に多い。
すると、ある時借金は膨大に膨らんで、みるも無惨に、店を明け渡さざる得ない。株式にしていたら、株は持っていかれる。さらに土地を奪われてしまう。
この事は小さな店主にもおよんでいる。さらにコンビニ経営だってそう。
止めると借金が見えてしまうので、辞められない。動き続ける企業人。
グローバル化が進むと、どんどん日本のコツコツ築き上げてきたものが、外資に流れ、我々は表だけで安心し、物を買う。
がしかし、安心が消えている企業に変わっている。
ふっかけと破壊、虐奪がどんどん遂行されている。
さらに、農家が土地をどんどん手放しているのは、グローバル企業が、アグリカルチャー事業に乗り出したからだ。
地震、台風などの災害で痛手を被った土地は負債を抱え、借金につぶれる。
グローバル企業はいとも簡単に土地が手に入る。
そこに、TPPが通ったら何が起こるか想像がつくだろう。
この近くの農村地帯、今お茶は売れないと農家はお茶畑を手放し出した。農地も同じ。
すると、会社経営し、農業をやる人が過疎の村に現れた。
そこで田畑を営むが、そこにいるのは外国人。低賃金で雇われている。
そしてドロンで朝早くに、農薬散布。その事は地元には知らせていない。
こそこそと知らぬ間に合理的農業が展開されている。
どんどん日本は気力を失い、注意散漫になって、金にならないと見込んで、大事な農地や特許、あらゆる物を取られている。
今まで通り、農協が守ってくれない。政府も守ってくれない。警察も、弁護士も守ってくれない。
自己責任の中に民衆はいて、情報も流れないのだから、何を信じていいのかわからず、村の有志や銀行、会計士等の意見に合わせて、実は破滅に移行する。
もはや信頼関係は今までの構図では成り立っていない。
新たな信頼関係を築く事。互いがおかしい?の意識を大事にして、欲にほだされたり、目先の損得で簡単に事を決めないこと。
そして借金をしない事!
騙し、ふっかけ、あらゆる汚い事をする人たちがいる。これが実は今まで信頼してきた公機関。
しかしその公機関はもはやお金で買われた同じ穴の狢。
だから、腹に意志を入れ、連携を作り、丁寧に生きている人と繋がっていこう。

PS:お店で大々的に宣伝している物ほど、売れ残りをどうしても買ってほしい為の戦略だから。
劇薬の除草剤・・・本当にどこのホームセンターにいっても山積み、大きなポスターと画像まで流れてる。これの元が毒ガスだった事なんて知る人、それなりにいるんだろうけれど、まだ知れないのかな・・・。
ブラジル、アルゼンチンはこれに侵されている・・・日本も食われてしまう。
気づけよ、ほんと!
[PR]
Commented at 2016-09-15 16:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by polepole-yururin | 2016-09-12 22:20 | 思うこと | Comments(1)