ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

本当の民主主義とは

ANAの飛行機の羽にはこんな日の丸あったかな?・・・
f0215179_10273840.jpg

連日芸能ゴシップ情報がダラダラ流れる。
清原、ベッキー、スマップ・・・
その後ろで甘利の汚職、さらには辺野古、国会、年金、北朝鮮、テロ、沖縄、各地地方選挙、 TPP、マイナス金利、アメリカ大統領選などが行われているが情報にほとんど上がらない。
北朝鮮拉致事件の暴露に対して今までの拉致事件の報道を考えれば、流れるであろう大きな問題も全然流れない。
年金が株に投入されている事も、選挙結果も、TPPは本日協定に持ち込まれるというのに!
ここまで本当が消え、芸能ばかりのテレビ報道となれば、このテレビはもはや情報の元ではなく、動く芸能本を電気代を払って見ているようなもの。
本当を教えない政府の暴走は、甚だしい。
前々から思っているが、今いる政治家は本当にバブルの亡霊の操り人形である。
まっとうな人間はいない。
こうもモラルがこんなに消え去り、チンピラがいろんな物をもみ消す乱暴な動き・・・そんな二流ドラマ、映画を見ているようだ。
アメリカの選挙なんて他者の悪口を言いまくり人の足を引っ張る競争。
アメリカは壊れている。
壊れているから軍需産業が政治の柱になっているのだ。医療も崩壊、モンサントの種子の問題で農民に言いがかりをつけて農地を奪い遺伝子組み換えのものをどんどん売りさばく。そんな会社が政治と絡んでいる。
植民地化支配時代の歴史を見てみると強引な奪い取り。これを歴史だったと言い切れない。
しかしこの状況は終わっていない。むしろ底辺で動いていて、今やまたその動きが表に出て蠢いている。
我が国は独立した思想をもっていない(官僚・政治家)
1945年の敗戦でアメリカに追従することに決めた。麻生氏の祖父吉田首相から始まり、安倍氏の祖父・岸首相により軍事協力・安保村が出来、見えない所で軍備を整える。
沖縄はアメリカ先住民のように、薩摩の島津に乗っ取られ、1945年以降アメリカに乗っ取られた。
沖縄はアメリカの世界でも大事な基地である。それも核の爆弾等も運び込まれている。
沖縄の大部分に基地を置き、そこにアメリカ村を築き、米兵は日本の税金で生活し、私たちはアメリカにより守られているという話で進んでいる。
守られているどころか、沖縄の人たちの生活は奪われ、国に雇われた警備会社により弾圧されている。
アメリカはその沖縄基地から旅たち、中東へ戦争をふっかける。
正義の為に戦争を起こし、太平洋戦争時の沖縄のように地上戦に突入されて、爆撃を落とされ、住民は逃げ纏い、家、土地、命を奪われ、核による障害を未だに受ける人たちもいる。
表向きは日本はアメリカに守られ、おとなしくお金をアメリカに払い存在しているような感じだが、乱暴者の裏の加担をしているようなものである。
それが生き残る道だと明治維新の男たちが思ったように欧米列挙の真似を続ける。
そしてあっちこっちの真似をする故、自分が見えずに分離しているのが今の日本の舵取りをしている世代の動きである。
東大の東洋文化研究所教授・安富氏は著書「満州暴走 隠された構造」の中においても日本人の立場主義的な性質に警鐘を鳴らす。
判断が出来ず、自分だけの利と訳の分からぬ大義や立場だけを重んじて、ほんとうの正義から足を踏み外すのである。そこに身近な命さえ見えなくなるのである。
それが長崎、広島の原爆投下や東京大空襲や、チッソの水俣、福島原発・・・様々な企業が表に出て政治さえ動かし利益を生むシステムに浸り続けているからだ。
産業革命から資本主義社会を動かす中に、産業を潤すための社会形成に昔いた民を守る王様の意識さえ消え、そのかわりの王様が勝ち抜き合戦で金で地位を奪い、その金をもっと生み出すだけの意識で成り立った社会をずっとずっと継続してきたゆえの今である。
サラブレッドとかなんとか言うが、そのサラブレッドさえ、金儲けした結果の家柄形成であるゆえに、金儲け主体の血の連鎖からは、お金より命が大事だという概念は消えている。
アメリカが民主主義と言うのなら、民主主義は軍国主義の何でもありきの勝ったものが正義で、勝ったものが法律を作る暴君国家と言えるではないか。
と言う事は北朝鮮を暴君国家と言うこととほとんど同じである。
ただ北朝鮮はなかなか外に出れない閉ざされた国家ゆえ、その自由のなさだけに恐怖を持つというか、共産主義というニアンスに私たちがはめられただけなのかもしれない。
アメリカは自由のような幅をもつ。ゆえにオープンであるように見えるが、そのオープンである見え方もマスメディアに操作された自由である。
この事は「ショックドクトリン」でしっかり書いているが、太平洋戦争後、アメリカのやってきた事は、民主主義を旗印に動いたヒトラーの再演だと言ってもいいのかもしれない。
アメリカに留学した他国の学生(得に発展途上国と言われる国の)はアメリカで何を学び母国に帰るのか?
その点を含め、留学の意味を深く考えるべきである。
知とはもっと純粋である。
しかし教育により先兵を自ら作り、国を形成するひとりとなることを思えば、その教育が誰の為の教育であるのか、誰の為の宗教であるのか、一つ一つ事細かに見ていかないと取り返しのつかない事となる。
それが先の太平洋戦争の日本であるのだし、他国の兵たいであるし・・・第二次世界大戦を引き起こした人々の意識のなのだから。
医療もアメリカに学んだ地域医療が日本では結構広がりつつあるが、日本は日本の風土があり、精神がある(安倍氏らが言う日本会議精神ではなく、もっと深い人としての思慮深い誇りある日本の心である)
日本の自治医大の先生方が思考し関わってきた独自の地域医療、その他にも真似るべき国の医療もある。今や規制緩和という言葉で様々な分野で企業の参入が目立つ。その企業の参入には、赤字を黒字へという利益を追う意識に変換された嘘がある。
利益を得ている所の見直し、削減をやらずに、もっと大幅な数字だけを追って結果をみる体制。
医療も教育もそうなってきた。そうなって来たのは2009年くらいから・・・
郵政民営化が本格的に動き出す。(竹中平蔵氏が動き出してからコロコロ転がっていく日本)
あ!そのころ押尾学や酒井法子の覚せい剤事件が浮上したな・・・
こう見ていくと私たち日本人はずっとずっと誰かに教えられてきた。見せられてきた。
お上の言う事に、情報に従った。
立場主義というぼかしが大事なものを消して行く。
戦争も国の利益ももう個人のものではなく、企業のものになっている。
戦争もお金儲けの為におこし、お金儲けの為に人を殺し、薬も、農業も・・・利益だけを追い求めた結果がアメリカの国つくり。
それに食われる日本。従属を言葉で断れる心強き国となろう・・・
それには個人個人の覚醒だ。
これおかしい!その一言を当たり前に言い続けていく勇気と命を守る意識から。

メディアが広めた嘘




///
[PR]
Commented by sidediscussion at 2016-02-06 11:54
一億総国民テレビ人間が道を見失って、簡単に情報操作される無知な無思考国民を養ってしまいました。
心の中で燻ってることを全部今日の論説で文章化していただきました。有難うございます。
Commented by polepole-yururin at 2016-02-07 21:30
sidediscussionさま、ありがとうございます。
今日、映像の世紀を見ました。NHK録画。戦後のアメリカとソ連の工作。権力者の横暴。騙し騙され・・・権力者が核を含め、利権の為にたくさんの人を戦争で殺していく。遣われる民衆。殺される民衆。人はここまで壊れていくのか・・・とまた改めて思います。ただ今思うのはこの映像の世紀は権力者の存在を中心に映像を作っていますが、今権力の先に資本家が存在し、その資本家が武器を作りもうけている。その儲けを得るひとたち、国を操る人たちをもうそろそろ映像化して表に出してほしいと思う訳です。目の前のムーミンの本に目がとまりました。そうなんです。私たちが望む日常は、ムーミンの世界のようなゆったり色のある優しい風景、かわいい絵の世界を望んでいるのです。 sidediscussionさんの絵の世界でもありますね。だからやっぱりここまでひどい世界を作ろうと目論む人たち、権力者がいようとも、これを私は肯定したくない。私たち個人個人の生があるのだから。ひとまとめに虫けらのように扱われるために生まれてきた訳じゃない!だから声絶やさずに。
by polepole-yururin | 2016-02-04 10:08 | 政治(思う事) | Comments(2)