ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

自民党が死んだ日

9月23日代々木公園集会、上野先生のスピーチがいい

かりんさんのスピーチよかった9月17日国会前

f0215179_0203863.png

安保法成立へ

海外で武力行使に道

時効、意見批判押し切る

民意軽視の政治問い続ける

朝日新聞一面の記事。
野党議員は委員会の不正なやり方に非難の声を上げ、最もなスピーチをした。
ここ3日、夜中まで行われた国会。
野党議員は声を身体いっぱい張り上げ異論を続ける。
かたや与党は形だけ、時間かせぎの答弁をくりかえす
誰が見たって現政権の気持ち悪さ、不誠実さ、異常さが浮き彫りにされた。
騙す騙さないと言う領域を超え、これは公の者が行う行為ではない。
精神科医の斉藤環氏が二年前、この政権をヤンキー政権と朝日新聞で言っていたが、まさにその通りである。
いちゃもんつけてだまし討ちで、憲法違反の法案をこそこそと通す。
それも野党と意見を交わして、時間も決めた委員会を野党が休んでいる間に違う場所でやってのけた。
そんなことを放置していいのか!?
議員でもない与党側の人が入ってきて鴻池委員長を取り囲むなんてヤクザかチンピラか・・・
国民の代表である国家公務員であり、国会議員のすることか!?
本当に自民党、公明党の実体が見えてきた。
17日の国会前の演説では、創価学会員のスピーチがすごかった。
そこまで公明党は変色していると。
実際の所、政教分離って憲法にあったと思うんだけれど、今の日本は自民党の背景に日本会議がいる事や他にも幸福の科学が幸福実現党を作って政治活動行っている事ってどうなんだと思うし、いろんな宗教に国会議員が個人として入信し、さらには複数入信し、その組織票で成り立ち、政治献金もそこにあったりと思想と政治が結びつきすぎている。
宗教と思想は大きく関係し、洗脳という言葉がオウム事件でもあったように、この国だけではないのかもしれないが、人の心理を操るように存在するものが組織を作り、この国の社会を誘導している事じたい腐っているではないか。
純粋に国民を思っての議会制民主主義を日本は目指す必要がある。
戦後70年、その混乱の中、無我夢中に生きた人々に健康神話、裕福神話を刷り込んで依存人間を作り上げていたようだ。
もう覚醒しないといけない。
日本の民主主義が問われる時代に突入だ。
本当に、生きたい未来を創造しよう!お互いに〜。

ハッピーさんのBlog、是非!

そしてもう一度、国会前抗議行動スピーチ是非!


石田純一さん18日スピーチ

石田純一さん18日朝のスピーチ後のインタビュー

地球の裏側ニュースさんのBlogにも世界の声が載っています!是非。

_______________________________

*9月20日、iwjさんからのmail。
iwjの会員になっているので、毎日情報が入ります。
このmailは是非知ってほしいのでBlogにアップしました。


昨日9月19日未明(18日深夜)2時、安保法制が参議院本会議で可決され、成立しました。国会内では野党議員が連日、法案成立阻止のために徹夜で奮闘し、国会の外では多くの国民が、こちらも連日ほぼ徹夜で、「野党は頑張れ!」とエールを送りました。

 深夜の成立後、国会前はさぞかし「お通夜モード」になっているだろうと、法案賛成の方々は思ったことでしょう。IWJはその抗議の模様をずっと中継していましたが、成立後も、彼らは意気消沈するどころか、「次の試合に勝つしかない」「選挙に行こう!」と呼びかけ合い、終始明るいムードで抗議を続けました。

 深夜3時過ぎ頃、その国会前に姿を現したのは、計5回にわたり、「一人牛歩」を敢行した山本太郎議員。与党議員からひどい野次を飛ばされながら、一人で、しかも5回も牛歩をするというのは、それこそ筆舌に尽くしがたい圧迫感とプレッシャーに見舞われていただろうと思います。

 そんな山本議員、本会議で安保法制の採決の際、牛歩の最後の場面、壇上において、これまでにないほどの猛烈な野次の嵐のなか、与党議員に向かって叫びました。

 「アメリカと経団連にコントロールされた政治をやめろ!組織票が欲しいか!ポジションがほしいか!誰の為の政治をやってる!外の声が聞こえないか!その声が聞こえないんだったら、政治家なんて辞めた方がいいだろう!違憲立法してまで、自分が議員でいたいか!」

 この魂の訴え。与党議員の心に響いたでしょうか?
おそらくほとんど響いていないでしょうね。しかし、それをテレビやネットの生中継で観ていた国民の心には響いたのではないでしょうか。

 で、国会前に現れた山本議員、SEALDsメンバーの誰よりも明るい様子で、「なぜ法案通ったのにこんなに明るいかって、それは、もうあとは変えて行くしかないからなんです!」と。ここまでポジティブな政治家、見たことありません。

 この模様は、IWJでもハイライト動画で抜き出しているので、ぜひ、観てみてください!

【ハイライト動画:「選挙に行こうよ!」山本太郎議員・奥田愛基さんスピーチ! 9.18安保法制成立後の国会前で】

※山本議員のスピーチは開始5分から




・・・
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2015-09-20 11:33
自民党も死んだけれど、民主党などの野党も死んだのではないでしょうか。
16日から19日の朝にかけて、もっともっと粘ることが出来たと思います。
内閣不信任案は切り札だったのですが、なんと18日の2時に提出してます。
せめて夕方まで引き伸ばし、審議ももっと演説時間を伸ばすなど、なんとか19日の昼過ぎまですべてを引き延ばせば国会前に集まる人の数は恐るべきものになったと思われます。
それを恐れて無茶苦茶な委員会採決をしたのです。
これに対して「無効だ」『無茶苦茶だ」と外に対して叫ぶけれど、国会内で参院規則を縦に取った法的取り組みがなされたのかどうか、それに対して議長はどういう根拠で有効と答えたのか、いまだにメデイアにも集会でも明らかにされていません。
私は民主党もなれ合ったとみています。
Commented by polepole-yururin at 2015-09-23 08:49
saheizi-inokoriさま、関西におりました。いろいろな方と安保法制後の日本について、私たちの行動含め話したり、子どもを持つ意識ある親たちや若者と話しました。
確かにsaheizi-inokoriさんの言われるようにもっと野党に厳しく声を持たないといけないのかもしれません。ただ法制が通った時点では批判対象は与党にしぼりたかったのです。確かに民主党の母体は、自民にも近い者でもあり、原発との関連もある。企業献金なく純粋な人たちではない。共産党も、維新も・・・しかし与党の横暴、腐りきった状況、辞めていただきたいので、与党に批判を向けたいのです。学者たちの動きが出ています。民主主義を考えるという判断から今日本は未熟だった民主主義を学者の中のものを民衆に行き渡らせないといけないと。安倍氏らの間違った日本語を徹底的に正す正しい日本語を教えて行くツールを考えると言った大学の文系の先生。日本会議という組織をもっと声高々に叫ぶ学者。我々が野党を育てるんだと言っていました。民主党を奇麗に掃除する事も然り、維新も、、、腐ったみかんを取り除く作業を地道にして行き、意識ある民衆から意識の自立を考える事を今日からはじめないと!と思っています。ありがとうございます。
Commented by sidediscussion at 2015-09-23 10:04
上京され国会前に駆けつけてくださった事お疲れ様でした。
市民の集まりがこんなにも燃え上がるには安倍暴走の酷さが原動力ですね。
闘いはこれからです。これからです。若者が変わります。
素晴らしい事です。歴史が覆されようとしている今、この今が大事。老若男女心を一つにして安倍打倒です。
Commented at 2015-09-23 10:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by polepole-yururin | 2015-09-20 00:08 | 政治(思う事) | Comments(4)