ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

原発が動く日、いいたいこといっぱいだ!

屋久島が汚染される!
f0215179_1020283.jpg


川内原発前の阻止演説。菅直人氏、嘘の無い本当の叫び!

山本太郎氏、国会質疑、ミサイルが原発に到達する!?

SEALD‘sの叫び!皆国会前に結集!(SEALD’sのFacebook添付)

SEALD’s沖縄の子の演説と奥田君の演説、安倍談話の矛盾!

【日時】8月14日(金)から毎週金曜日
    19:30〜21:30

【場所】国会議事堂前北庭エリア

 SEALDsは、先日閣議決定された安保関連法案に反対し、毎週金曜日19時半から国会前での抗議行動を始めます。 世論調査によると、国民の7割以上がこの法案について「説明不足」だと回答しているのにもかかわらず、与党は、今月の下旬までに法案を強行採決し可決させようとしています。

 この法案は、武力攻撃事態法や自衛隊法など10本の現行法を一括して改正する「平和安全法制整備法案」と、戦争中の他国軍の後方支援を可能にする新法「国際平和支援法案」の2本で構成されています。これらは日本が武力行使できる機会と範囲をこれまで以上に拡大させるもので、大枠は、a. グレーゾーン事態への効果的な対応、b. 集団的自衛権の行使、c. 戦時中の外国軍への軍事支援、を可能にするものです。
 
 私たちがこの法案に反対する主な理由は以下の3つです。
①これらの安保法制が実質的に「戦争法案」であり、戦後70年の日本の平和主義の伝統を骨抜きにして「戦争できる国」へと転換させるものであること
②これら安保法制が日本国民の安全を保障しない可能性が高いこと
③「積極的平和主義」の名のもとに立憲主義を崩壊させること

  これは人の生死に関わる大きな問題です。わたしやあなたは戦場には行かないかもしれません。しかし、私たちと同世代の自衛隊員が戦場に赴き、命を落とすことが起こりうるということを想像してみてください。これから先、戦争にいくことになるのは、まだ選挙権を持たない子どもたちです。ここで見てみぬふりをして後悔をするのは、あなた自身です。70年間戦争をしない国を守り続けた大人たちがいることを私たちは知っています。私たちはそのバトンを受け継ぎ、次の世代にまで繋げていきましょう。
 この法案を阻止するには人が声をあげ、その声を可視化させることが必要です。少しでもこの法案に違和感を抱いているのであれば、反対と声をあげましょう。そして、友人、恋人、家族などに少しでも知ってもらうことから始めましょう。私たちには、現状を変えていく力があります。本気でこの「戦争立法」を止めてやりましょう。少しの時間でもいいので、国会前に足を運んでください。あなたが動くか動かないかにかかっています。

日本が戦争できる国になる前に、この「戦争立法」の成立を阻止するべく、私たちは毎週金曜日に、学校帰りに、バイト帰りに、仕事帰りに、国会前に足を運びます。毎週毎週、知り合いや家族に呼びかけてください。毎週毎週増やして行きましょう。よろしくお願いします。





__________________________________

2015年8月11日
ずっと止まっていた日本の原発が動き出した日。
朝から鹿児島県川内原発のゲート前には人々がチェーンを組んで燃料を入れないように阻止していた。
しかし核燃料は海から強引に原発内に投入された。
日本に今何が起こっているのか?をまだまだ考えない他人事の日本人が多すぎるのか、権力が横暴なのか・・・
安倍政権を支える人々がもはや思考しない人々の集まりだ。
操り人形だ。
おかしいだろう!って叫んでも、安倍晋三氏率いる自民党もそこにいる官僚も資本を牛耳る人々に、今日本がどんな状況に陥っているのかさえ、思考する、この日本の先を思考する方々はいない。
シナリオどおりに演じている訳者だ。
そんな馬鹿げた人たちが権力を思うまま乱用している。
原発はエネルギー対策なんてもんではない!
原発はなくとも日本は電力は動き、各電力会社は赤字でもない。
川内原発がどうなろうとも近所の方々も誰もどうでもいい。
福島への思いも消えたのか・・・そんな雰囲気だ。
集団的自衛権の事に対してもリアルさが本当に抜け落ちている。
怖いと言う感覚が私にはまとわりついて消えない。
それを大人げないと言う人もいるだろうが、こんな感情、感覚は当たり前の感覚で、福島を知り、長崎を知り、ヒロシマを知る日本人はこの核の脅威を嫌というほど知っているのに、どうしてその脅威が日本中に54基もちりばめられている危険性を身体で感じる事が出来ないのだろうか。
ダウンタウンの松本氏がSEALD’sを批判しているが、その批判している情報媒体はフジサンケイからであり、読売もフジサンケイももう安倍政権と仲間ではないか。
既得権益とか、天下りとか、ツテとかもうその関係で出来上がっている。
日本は戦後一時民主主義的な様相を見せていたが、あたらしい世代は思考を停止した無知な子供達が、そのままパパや親戚にお願いしてそう言うポストに甘んじて、社会はこういうもんだと何となく理解しているもんだから、自分の立ち位置さえみえない。
自分の明日の給料とかの心配は出来ても、今自分たちがやっている仕事、行為で明日の生活、明日の日本の暮らしを住みにくくしている事が全く見えていない。
芸能人は昔貧しかったを経験して、のし上がる感覚を持ち合わせ、反骨精神を!と意識しているのだろうが、その反骨精神があまりにも金だけの支配に神経、精神を支配される故、強気な発言んをしている人らが、いかに抜け落ちた自分の言う事を聞く支配体制、ピラミッド社会を支え、自分たち個人個人の小さなピラミッド社会、コミュニティーを築いている。
しかしそう言う人ほど、いざと言うと簡単に自分が吐いた言葉の責任を覆す事を平気でやっている。
貧しさや、差別が人々の心の歪みを作り、歪んだ自分を認めてもらった喜びとお金と言う報酬で空っぽのコップはどんどん満たされていく。
そのコップは愛情と言うピンクの色で満たされるべきはずなのに、歪みを持った人はある時現れた笑顔をいっぱい振りまく土色の脂ぎったブランドを来た人たちに出会ってしまって、スクリーン上に人々の黄色い声援とお金をコップにどんどんつがれている。
固形物でいっぱいになったコップから見える世界は自分しか映らない。
水が注がれるはずのコップに、先を見える隙間は見当たらない。
君は誰だった?
そう聞かれた時、過去の自分は消したいから今の自分、もしくは芸名を貰って生きて行く。
君は誰だった?
そうもう一度聞かれた時、君はもう名前を忘れてしまってる。
薄汚いしがらみに埋もれてしまってもう後戻りできない自分がいる。
後戻りできない。先の日本も本当は見える。
けれどもう観ない。
観るタイミングも掴み損ねた。
それが第二次世界大戦中の最後の時期だった。
もうわかっているじゃないか。物も息子もみんな持って行かれて・・・勝つまではと言われてもいつまでとは言わない政府を信じてさ。
あの時核はまだ爆弾ではなかったし、原発は作られてなかったし・・・
その悲劇が実験として落とされたヒロシマ、長崎。
今丸裸の日本があって、福島の汚染は変わらずあって、そんな日本をもう手放した政府がいる。
見えない権力は指令だけをうけて暴走する。
日本人が危機意識を煽れば、ロボット化した官僚や政治家はどんどん加速して行く。
そして今日、川内が動く。
原発を動かす意味の無い、大義名分も無いなんの理由も無いのに、動かすという行為に邁進する政府。
原子力規制委員会の田中さんはもういつから生きていないのだろうか?
私の近くにも生きていない人がいる。
どうして怖くないの?と聞いた。
楽しく生きる為に生まれてきたんだ。だから自分を苦しめる情報入れない。変わらずおいしい物を食べ、好きな人と飲み、いきたい所に旅行して、・・・。
その先にだって金をたくさん稼いで、豊かにしている、大事な仕事を任されている、人一倍仕事している、人一倍勉強して受験戦争にかったんだから・・・そんな声が聞こえてきそうだ。
賢いって何なんだ?
賢いと言われた人間ほど見えない。見えていないんだ。
君は何人?
君には子どもはいないの?
ね〜ね〜・・・・ね〜!
おかしいっしょ!
おかしいよね!
誰が育てたの?
これほど愚かな日本人っていいの?
もう辞めようよ!原発も戦争ももう辞めようよ!金をどうしてむさぼるの?
内田樹氏が今の日本を国破れて山河ありとよく言うんだけれど、原発事故があって、汚染続いてて、日本54基の原発あって、プルサーマルもあって、アメリカの後方支援っていいながら南シナ海でアメリカの変わりに中国とどんぱちやって、アメリカの軍需複合体の在庫処分して、その変わり日本人の命や山河さえ汚染させて・・・何処に生き残るの?
武器の定義が消えていくし、こんなもん言葉でも何でも無い政治家の答弁。
警察の顔ぶれ見てみなよ!若い子ばかりじゃないか?
若い子を使って自分たちを守ってもらって、金儲けして、あの当時の日本人じゃないか!
学徒動員!福島の石川町では1944年から草履で中学生の男子をウラン鉱山で働かしていたんだぞ!
その時代に声が出なかったのは、大日本帝国憲法という独裁者の為の法律をつくっていたからなんだ。自民党の憲法改正案は、大日本帝国憲法に全くそっくりなんだ。
誰の為の玉砕だったんだ?国民は奴隷だよ!
人権守れよ!私たちは安倍政権、自民党、公明党、官僚の株式会社に入社した覚えは無いんだよ!税金払っている国民があの人たちを雇っているんだよ。本当は・・・
それが選挙なんだ。
間違いを犯した人に破壊されていいの?
言いたい事いっぱい!
もうやめようよ!
[PR]
Commented at 2015-08-11 16:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by polepole-yururin at 2015-08-11 21:02
鍵コメ様、ありがとうございます。
すごく落ち込んでいた私に今日ハガキとmailで「アゴラ森物語」の感想が届きました。ひとりはいろいろ考えさせられます。と。
もうひとりはアゴラ森のような生活空間を今から作ると・・・そして本を読みながら生き方を選択して行きますと。
もうひとりは、アゴラ森がいっていたよね、放射能は○○だから、むやみやたらにレントゲン撮らない方がいいんじゃないかな。とアゴラ森を指標にしていただいたり。うれしいです。
絶望を見たくない!だから希望を、未来を模索しました。
ありがとうございます。
Commented by 妻の配偶者 at 2015-08-16 22:47 x
政治家もそうなら憲法の番人はもっとひどい。お巡りさんと同じで「まだ被害が出てないなら何もしないよ」という。こんな被害をこうむりましたと裁判になると「そんな難しいことは僕には決められないよ。国会や内閣の言いなりになりなさい。君たちが彼らを選んだのだから」という。お金だけの問題ではなさそうです。だからより厄介な気がします。
Commented by polepole-yururin at 2015-08-23 11:11
妻の配偶者さま、返信遅くなりました。
ひどい物です。手が出せない現状・・・違憲行為が横行します。
こんなにひどい日本あったの?と思い返し歴史検証の本を見れば、その時代は大日本帝国憲法下の日本。自民党の憲法改正案は恐ろしき社会のしくみを模索しています。ここまでひどい人たちがいるなんて・・・と感じています。声を消さずにいたいです。
by polepole-yururin | 2015-08-11 10:20 | 政治(思う事) | Comments(4)