ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

保坂正康氏の警告!

霧が晴れぬ、しかし自分を持つと心の霧はれる。
f0215179_22464918.jpg

「国によって生命が買われる」――保阪正康氏が警告「新たな安保法制で国民の序列化が始まる」
保坂正康氏は、作家であり、ジャーナリストであり、日本近現代史研究者。
岩上安身氏のネット放送で知った。
彼は戦争を知らない60年安保反対闘争時代、学生だった。
彼は戦争を追い、戦争後の東南アジア諸国の人々にインタビューをし、様々な声を集めた。
教科書では、日本の戦後をある一定の言葉で語る。・・・東南アジア諸国を統治した。
その統治だけの言葉で終わる歴史。
私たちが学ぶ歴史は、その単語に込められた意味のみで理解し、二文字という言葉の意味のみに停まり、簡単に戦争を処理してしまっていた。
しかし戦争は、日本人の人口すべてに・・・東南アジアの人口すべてに・・・中国、朝鮮・・・すべての人々にとっての歴史が刻まれていて、簡単な言葉で処理できるものではない。
大事な人を奪われた人、戦争へ向かって厳しい仕打ちをされた人、空襲、原爆、・・・もうたくさんだと言う人々の思いが何十にも重なり戦争と言う言葉を伝えている。
だから保坂氏は、あらゆる立場の人の声を聞く事により、いろんな戦争の有り様が見えてくると言う。
丁寧な取材の末に出来上がった書物には、戦中、戦後の思いが詰まっている。
その思いを誰も検証する事無く、敗戦後、アメリカに追従し、次の歴史を作り出した日本人。
その日本人の過ちが現政権を作るに至ったのではないか。
731部隊も、A級戦犯も、軍人、隣組、婦人会・・・様々な人々が、敗戦と言う現実と次ぎに与えられたアメリカの介入と何もかも失った空洞の自分に反省する事も無く、忘れると言う処置で自分の傷を癒し、生き残るために無我夢中で生き方を模索した。
それが朝鮮特需であり、沖縄の基地問題であり、高度経済成長であった。
仕方ないという言葉で反省をせず、ここまで来てしまった。
反省なき人類は、記憶の消えた頃、あのときの汚名を晴らすべき血の流れにより受け継がれ、蠢いている。
保坂氏は、戦争をもっとリアリティーをもって掴まないといけない!と叫ぶ。
政権、官僚は戦争に行かない。ましてや自分たちの息子が戦争に行かないシステムを作っている。
新たな安保法制は、確実にあの頃に私たちを連れて行く。
皆言葉の中に込められたリアリティーを感じ取らなくていはいけない!
バーチャルになれてしまった人々、そして言葉の意味を情報処理のように流してしまい、立ち止まって考えない。その危うさが本当に我々を後戻りできない制圧の中に閉じ込めてしまうのだ。
早く目を覚ませ!
私たちだけは違う・・そんな言葉を言える人は少数の既得権益保持者である。
そんな格差社会をあえて安倍政権は2012年から作っている。
社会福祉に手をつけ、労働法規を変え、グローバル化企業を応援する。
その格差は、戦争へ行く人を育成していた。(自衛隊勧誘は、公務員、授業料無料等の好都合な条件を前に出す。前記事の奨学資金制度を使った若者の苦しみを手招きをして甘い水を用意し、連れて行く)
心の不安をあえて作り、対立軸をあえて作り、原発にも何も手を出さず、危険の処理をやらない。
人が不安になればなるほど、安倍政権自民党は、好都合。
心の憎しみが破壊への気持ちを助長し、自分だけはという細かい気持ちを育成する。
対立軸を作り、不安要素を作り出す原因は安倍政権である。
そこに目を向け、安保関連法は廃案にすべし!
また読みたい本が出来た・・・保坂氏の本。

SEALD’s仙台が出来た。
what is 安保法制?
SEALD’sの安保法案に対する抗議YouTube、是非!


PS:只今帯広畜産大学教授の杉田聡氏の「天は人の下に人を造る」を購読中!
福沢諭吉の背景が見える。そして今のヘイトスピーチの原型がここにある。
皆様もお読みください。すごく、今の社会を反映しているから。


Blog:弁護士鈴木篤のつれづれ語りには、今の政権の問題点を法的な見解で伝えています。




・・・
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2015-08-07 09:18
「戦争は抽象論じゃない。具体的な名前を持った個人が殺し合うのです」、ゆうべの国会前集会で誰かが言ってました。
安倍とか武藤だとかにはバーチャルな戦争ゲームなのかもしれない。
Commented by polepole-yururin at 2015-08-09 11:54
saheizi-inokoriさま、そうです!戦争に行かされる人のことをおもわない。自分たちは違うと言う思いを持っている。
若者たちは当事者にならされて、勝手に使われ、勝手に教育を改正され、国の為の道具にされてしまう。権力を持つ大人は本当は何も考えていない。高い所にいるんです。
吐き気します!ありがとうございます。
by polepole-yururin | 2015-08-06 22:05 | 政治(思う事) | Comments(2)