ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

今、私達大人のやる事

f0215179_2051927.jpg

いつもより大きな太陽が、私の行く先に見えた。
夕日が燃えている。
あの夕日は今の社会の事を知っているのだろうか?
70年ずっと平和を維持してきた日本が、おかしい。
そして世界がおかしい。
その様子を太陽は知っているように大きく燃えていた。
悪魔のような、自分さえ良ければという意識の先の軍需産業を支持して行く意志を、焼尽してしまってくれと懇願する。
先の第二次世界大戦時、日本は大日本帝国だった。情報は、新聞、ラジオ、隣組の情報であり、天皇主権であり、天皇絶対の意志に従う臣民だった。
あの頃私は生まれていないので、その当時の人々の意識は計り知れぬ。
ただ、亡き祖母も、亡き義父も「仕方なかった。」「戦争にいく事が誉れだった」と言っていた。
つまり、声を出し、反対する意識なんてよっぽどの人でない限り、無理だった。
それが帝国主義の臣民の立場であった。
今憲法で、日本の主権は我々国民である。
中学三年生の公民でしっかり習う。
憲法によって国民の権利は守られている。
それが、現政権は、国民の権利を尊重せず、義務だけを強いる。それも最高責任者といえどもそれは代理であり、政権を奪った政党内で決められただけである。
私達国民にとって、安倍さんも、小泉さんも、野田さんも、管さんも、麻生さんも知らない。
勝手に上層部によって動く政治であった。
それくらい政治は私達にとって遠く、公約通りの憲法で守られているものだと思っていた。大半の人もそうだろう。
だが、この政権はその意を無惨にもことごとく潰していった。
憲法改正の意図は、これからの戦争への道を作るものとなり、民主主義も破壊される。
この事については、毎日新聞支局長を経て、現在ジャーナリストである井上氏の記事にも書かれてある。
皆は有名人の言葉に弱い。
有名人の言葉は大きく人を揺さぶる。
けれど、それ以上に社会を見てきた人たちの言葉には、もっと本当が隠されている。
古賀さんの意見は大変大事な言葉だと思う。が、スリーマイル島にずっと行き来しているジャーナリスト、キューバ危機、文化大革命、サハリン等の現場に行き来していた人、さらに731部隊の事実を知っている人、・・・そんな人はテレビではお目見えしないが、静かに事を見続けてきた。
大事な言葉を拾いながら真実を掴み、私達が今すべき事を思考する。

昨日高校生が美大へ受験の為のアゴラ講座。f0215179_18142180.jpg
進学校から表現者への第一歩。
先生は子供達に様々な事を伝える。
学校では教わらない社会の事、今の事。
そのデッサンの材料にはジョンレノンの雑誌とレモン。
難しい題材の中に、今の社会へのメッセージ。
その子は、一生懸命描いていた。
オノヨウコとジョンの抱き合う写真

親が競争を強いる。その重みに潰されそうに、固定された彼女。
その唯一の反発か自分への存在意義を求めてか、美術と言う世界へ入りたいと思った。
その彼女に今日、上記井上氏の記事の話をした。
「明治維新以降の歴史は、本当に重い、うんざりする。覚える事も多いが光が見えない」という。
それが、今の政権はこの時代にもっと移行としているんだよ。憲法改正は大日本帝国憲法への移行だと私は言った。
「え〜!いやだ!最悪じゃないですか!?」
そう最悪なんだ!高校生の歴史をちゃんと理解している若者は、当たり前にわかるんだ。
金が唯一と思わない、自分の存在意義を大事にしたいんだ。
そんな彼女達に、ものの見方をちゃんと教える先生。
美術は、勉強嫌いの逃げ道じゃない。そんな浅はかな認識は、競争社会と理数系優位の考えを主張する浅はかな大人達からでた認識だ。
こんな今こそ、創造性が問われる。思考する人を必要とする。
ニアンスを芸術は伝える。おかしいと言える個を持つ人材。
その価値を重んじず、モエだとか、破壊だとか、戦いだとかを漫画等に取り入れさせた大人達が、今の社会の意識を作ってしまった。(進撃の巨人も、レディーガガも、きゃりーぱみゅぱみゅも・・・)そんな人までアーティストと呼ばれている今・・・
すべて金だ。
金は下品と共存する。バブル時代を狂乱に動き回った大人達が、金を生むためのシステムに固執する。
それが世界の破壊だとは知っていてても、ブレーキがかからない。
それほど、金は人を狂わす。
それを一掃したい。
けれど、私達に出来る事は、破壊ではない。
だから丁寧に次を担う子供達に分け隔てなく一人一人に向き合う。f0215179_23204473.jpg

私は??桜咲く・・・桜餅とカメの翼人形とアゴラで摘んだ四葉のクローバーを彼女らに渡した。
祈りと彼女らの努力で明日をつくる。桜咲くよ!??

震災一ヶ月後、石巻ボランティアセンターへ行った。
そこには地元 JCと日本財団がいた。
私達は、子供の支援のための情報を彼等に聞いた。
子供なんてまだまだだ!後回し!今は泥のかき出し、ガレキ撤去に追われてる。
そう言って簡単にあしらわれた。
大変な事が起こった時、人は目先の大きな事に奪われる。
子供がいつも後まわし。
けれど、子がいつか大人になる。
今の大人は間違っている。
大人が潤う世界ほど醜いのだ。大人しかみえていない世界は破壊なのだ。
エジプトもローマも滅んだ由縁は、権力者の大人社会にのみ固執したからだ。
野生達は、子孫を残し、子育てを大事に行い、子を守る。それが大人の存在だ。
だからこんな危うい今こそ、私は子を守る大人でいたい。
「子供が未来なんだ」その事を言われ続けて、4年の月日が過ぎてしまった。

先日内田樹氏のBlogをあげたが、内田氏は、1月1日、今年の抱負を語っていた。その中に、もう終わりだと言っていた。だからこの国が壊れようとも国破れて山河ありといい、文化、教育、今まで日本人が持ち合わせた大事なものを守り続けようと言っていた。
私は、簡単に終わりだなんていわない。これから生きてて行く子供達が今もここに未来を思い生きているからだ。
でも内田氏の言葉を借りて今の現状を言うなら、だから今子供に本気で生きる意味を伝え、知恵を伝える事だ。そして未熟な大人の成熟に丁寧に一人一人つきあう事であるとそんなことを思ている。

今の政権が、戦争に向かう事は、国民は大半おかしいと思っていると私は思う。
フジサンケイや読売テレビ、NHKが政府の言うように情報を流そうが、9・11のテロ以上になぜ日本が戦争に加担しなければいけないのか、イスラエルと手を組むべきかのいみがわからない。
その違和感はちゃんとあるはずだ。
野次を飛ばし、国会答弁もなんの答弁にもならぬ総理の発言は苛立ちしかない。
汚職にまみれた内閣の人事が続く。
壊れた人間が壊れたものを流行とし、常識として動かすマスコミと政府・・・
私達は、何に持って行かれているのか?
空気に持って行かれている。
窓を開け、風通しよく、・・・
すると品のいい知ある人と出会い、繋がれる。
そう思うと楽しみだ。
だから丁寧に丁寧に〜。

f0215179_22515375.jpg

故井上ひさし氏の伝える「子どもにつたえる日本国憲法」おすすめ。
アゴラにも置いてある。お母さん方へ伝えています。
f0215179_22555637.jpg

アゴラ近くの石田屋というお菓子屋のイチゴ大福。
新鮮イチゴにほんのり甘いあんを包み、羽二重餅で包んでる。
職人の息が聞こえる。
イチゴが入ったときに作る限定もの。
一個一個丁寧に70代のおじさんが作る。
大量生産大量消費の時代に、見よう見まねの嘘ものはいっぱいある。
安全なのかもわからないお菓子があらゆる所で売られている。
丁寧なしごとしているものは、相手にちゃんとわかるもの。
思わず手を合わせていただく。
そしてごちそうさまと言えてしまう。
そんなものを伝えていこう。
受験生の彼女らには、今回はおじさんの桜餅を送りました。





///
[PR]
Commented by kinnnikumans at 2015-02-27 09:22
ゆるりんさんおはようございます。
私も最近考えます。
大人を変えようとするのは難しく
だけどそうこうしているうちに子どもは次々生まれ
育っていく。
あきらめてはいけないし、確かな事を教えてくれる
大人に自分も教わり、それを伝えていかないと
いけないなぁと思います。
そうしていく事で、自分もまだまだ変わらなきゃいけない
部分が沢山あるなぁと改めて感じられるし。
ゆるりんさんのブログも勉強になっています。
ありがとうございます。
国会の答弁は時々見ていますが、ここに時間をかけな
あかんのかと思う内容がいつも多いですね。
お金は確かに生きていく上で大事だとは思うのですが・・・
その金額というのか、感覚が麻痺してしまうような人が
お金に執着するのはとても怖いです。
そのためなら何をしてもかまわないという感覚が。。。
子どもに伝える日本国憲法という本、
よさそうです。探してみます!
ゆるりんさんもお体に気をつけて下さいね。
苺大福、とっても美味しそうです!!
Commented by polepole-yururin at 2015-02-28 17:52
kinnnikumansさま、私も震災後危機を抱いて勉強し始めました。子育てにおわれ、日常も学校の事、家事の事・・・そんな時代があって、震災があって、揺さぶられ、当たり前に社会が動くだろう道に動かず、真逆に真逆に動いていることに日常に戻れなくなり、おいおいおいおい!と政府に言いたい思いがいつの間にかこのBlogに書き込まれていったようなきがします。
キャラさんが一生懸命正しい事を勉強していらっしゃることをを感じます。ただほんとうにこの社会はこれが正しいと思う事が、実は真逆に動いていたりする事もあります。福祉は今や偽善です。全うな福祉を提供されていない。これは誰がその福祉をサポートしているかと言う事です。福祉にお金が絡む以上そのサポートもとが危ういのです。銀行も、保健も大企業も安心と言う言葉に裏があります。その事を情報ともに間近で感じています。偽善と言う言葉に今の社会の縮図が隠されています。親として、子供達の安全、平和を絶対に守りたいです!丹後半島の話も私も人ごとじゃない、私も知っている美しい場所ですから。知って行きましょう。ありがとう。
by polepole-yururin | 2015-02-24 20:52 | 思うこと | Comments(2)