ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

変化をちゃんと感じて、大事にする意識。

f0215179_11215752.jpg

今日はある若者と先生と息子達の駅伝があった。
同時期に大きな事故にあい、生死をさまよった二人に息子達が加わり、彼等の事故後の復帰を祝った日。
再起不能?と言われた彼が今日6キロを完走!そこに立ちあった大事な日。
この日があるなんて、想像がつかなかった。とお母さんは言った。
明後日はまた滋賀。
野鳥センターでの造形教室。
めまぐるしい日常をおくっております。
f0215179_23342496.jpg

パリの シャーリー・エブド誌 が襲われた事件で、テロという言葉が又浮上している。ローマさんBlog
フジテレビなんかその情報ばかり煽り立てている。
朝、目覚ましテレビをつける主人がいるので、6時半から7時まではフジテレビが流れている。
7時から気分転換にNHKBSプレミアムに切り替える。
そこには、日本風土記や里山の風景が流れるから。
息抜きのつもりの映像だけれど、その映像も、震災当時から一向に変わらず同じ映像が繰り返されているだけ。
民主党時代に作られた映像が現政権になっても変わらず流れている。
里山の風景、日本の文化、風習をこのように永遠に変わらず流れていると、ホッとする反面、ここまで同じ映像がリピートして流れていると、この里山の風景は、この映像の時代で止まっていて、今実際にこの里山の風景を見に行ったら案外無くなっているのかもしれないと思うのである。
3・11から放射能拡散から東北の土壌は汚染され、変わらぬ里山ではなくなっている現状にあるのだから。
垂れ流す映像に嘘があるという事をこの震災後、嫌というほど感じてる。
消される電波とどんどん拡散される電波のあり方が見える。CMがそれを物語っていたな・・・
だから繰り返すBSにも少しうんざりして、他の民放は今何を流しているのか?ってTBSに切り替えた。
宮尾登美子さんが亡くなったという訃報。
あ・・・その前日、鬼龍院花子の生涯のものまねをして息子に宮尾富美子さんの話をしていたばっかりだったのでびっくりした。
ま、これは余談だが、番組情報がいろんな情報にまだ分散されているのがTBS、朝日かな。
こうして見てみると、番組がどのように構成されているかがわかる。
フジテレビは不安を煽るニュースが多い。大雪情報、台風情報、エボラ出血熱、デング熱、テロ事件・・・
北海道が大雪だとか、沖縄が暴風域にとか、・・・
北海道は雪が多いだろう?、日本海も雪が多いだろう?私の子供の時なんか、二階まで雪が積もった経験だってあるし、冬は11月後半から雪が降っていたし、雪があっての冬だったし・・・
今なんて雪が降らなくなったのに、雪が降るだけで、大雪注意!って警告なんていらない。
市の広報もひどいものだ。ロタウイルスが流行っています情報や高温注意報、時折地震の警報が流れ、その後に訓練です、訓練です・・・って訂正の放送。
これ、むやみに流してどうする?人々の心を条件反射的に危機意識を煽って、きゅっきゅって無意識に締め付けてるんだよ。
この情報の垂れ流しや、むやみやたらの危険を想像させる行為を定期的に流す行為は、市民がある一定の方向に反応するようになってしまうって匂いがする。
犬の調教、パブロフの犬、・・・象の調教・・・似てるよな〜。
この日本は戦時中、ラジオなどある一定の放送によって皆が同じ方向を向かされていた。
羊の群れを誘導するように〜。
おかしいと思う意識を消してはだめだな〜って本当に思う。

昔の話だが、心を病む子が恋愛に踏み切った。普通なら喜ばしい事だが、自立しかかった子が、急に恋愛に目が奪われ、周りが見えなくなった。そして互いがまだ自立していない立場の弱き現状だった。
そんな時、私は、他人の恋愛に口を出しするなんて野暮だって思ったし、何かとんでもないことが起こらないようにと心の病を危険視して傷つかないようにと見てみない振りをしそうになった。
その時、ある人は、傷が深くならないようにちゃんと言ってあげることの方が親切なんだよって言った。
つまり、心の病の先を気にして、傷つけずに友達としてと交流を続ける事で、その子は自分の道を見いだし始めた事さえ忘れ、恋愛に希望を抱いて逃げていく。依存と同情という形が恋愛だと錯覚して・・・。それを若い二人の事だとそっとしておく事と、大人として見誤る若者にそれを伝えることのどちらが相手を思いやるか・・・
怖さをあなたは持っていませんか?と私にその人は聞いた。
その人が傷つくからま〜ま〜と聞き流す態度は、容赦ない政権の動きに何も言わない事と同じだと。
放置しておけば、傷はどんどん大きくなる。
逸脱した行為は正さねばならない。それを先延ばししてま〜ま〜と放任すれば、これは、大きな傷となり、大きなほころびになる。
ちゃんと言えないから傷つくのである。声をちゃんともっていないからまわりも傷つくのである。
人との日常の対応が今の日本の空気を作る。
怯えから来る無声は、だめだ!人を思いやる事も、日常の変化に気づき、おかしいと声を持つ事も同じなんだってその人は言った。
優しさをはき違えた私であり、日本人であり。
いつからだろう、怯えることを条件反射で身に付けた。
それが身を守ったか?身を売ったか・・・
これが今この国に大きな問題として起こってるってことなんだ。
軌道修正する日々・・・



・・・
[PR]
Commented by cocomerita at 2015-01-14 02:46
Ciao yururin さん
リンクしてくださってありがとう

言うこと 言わないでおくこと で、いつ言うか どう言うか? 難しい問題です
私が思うのは その言葉の発信源である私たちが 成熟し、点と線を見極められ 偏見に左右されない自由でまっすぐな視点を持つこと
私はつい言ってしまうほうなので、いつも言う前に考えます
言うべきことか?そして今がその時期か?
そして 自分が凄いとかよくわかってるとか 思われたい。って思ってるんじゃあないだろうね!?
と自問自答します
自分の見栄や自惚れではなく、本当にそのひとのこと思って発した言葉は、その時万が一理解されなかったとしても
いつかは理解されるだろうと思っています

日本のあらゆる意味で過剰なニュースや電車内での大きなお節介のアナウンスは
私たち一人一人の自分で物事観察して、(お天気にしてもね 笑)自分でジャッジして自分で決める。という
人生を生きるために一番大事な姿勢を失わせると思います

残念ながら 民は羊。なんですよ
でもね、考える羊になりたいと思います 笑
Commented by polepole-yururin at 2015-01-19 22:30
日本のあらゆる意味で過剰なニュースや電車内での大きなお節介のアナウンスは
私たち一人一人の自分で物事観察して、(お天気にしてもね 笑)自分でジャッジして自分で決める。という
人生を生きるために一番大事な姿勢を失わせると思います・・・ローマさん、そのとおりですよね。フランスのテロ、日本の現状ふまえて思います。佐賀県の鳥インフルエンザもなぜ今でしょう。。。正しさが排除される・・・チャップリンの行為、すごく理解します。小説にチャップリンを出しました。表現の自由に立ち向かう、恐怖と勇気・・・権力とはなんでしょうか・・・いつもありがとうございます。
by polepole-yururin | 2015-01-10 23:48 | 思うこと | Comments(2)