ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

文化が壊される日常ってどう?

あの頃の春が懐かしい・・・
f0215179_22121289.jpg

NHKの紅白のサザンオールスターズの動画が消えている。
紅白を見れなかった人がオンデマンドで見たら、サザンオールスターズの部分だけ中継だからと消えている。
中継で今まで消えたことはなかったよ、ドリカムも中継だったけれどみれたしさ〜、海外のスーザンボイルも見れたしさ〜。
どういう事なんだ・・・このあからさまな状況ってひどいな〜。
1月1日夕方、NHKのカラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~.「歴史・紀行 · 戦後70年 ニッポンの肖像プロローグ 私たちはどう生き てきたか」を少し見た。
こんな映像があったんだ・・・
八ミリの白黒映像を見ると昔の事と思ってしまうけれど、カラーに置き換え、速度を変えての映像は、大変リアルで、あの当時の戦時中がまさに昨日のように見える。
表情も、服装もゆっくりの動きには、人々の営みが感じられ、怖いほどにここに生きているのである。
ただ、その映像を見て、リアルに北朝鮮の今の映像を見ているように感じた。
皆同じ方向を見て、同じ服を着て、同じ嘆きをして、同じ同じ同じ・・・
こんな日本があったんだと怖くなる。
が、その日本に仕向けている今の政治、マスコミがいるわけだから、彼等のセンスを疑う。
軍服に色の無い風景。これを彼等は望んでいるのか?
それに同じ方向にみんな向いて行くこの表情に皆酔いしれるのか?
権力者って、そんなに統一した表情、服装、行動・・・を欲しているのか?気持ちいいものなのか?
そんなものに価値を見いだす意識は、たいへん創造性が無く貧弱で、貧しい・・・。
今政府がマスコミを取りこんで圧力をかけている行為は、文化の崩壊に繋がる。
今まで私はこの日本は大変多様性のとんだ国だと思っていた。
なんでもOKとも言えるのだけれど、その中にもちゃんとモラルがあって、いろんな表現方法があった。
映画も舞台も、絵画も文学も、漫画も、音楽も、ものつくりにしてもすべてに自由があった。
それが私達が戦後得た自由であり、豊かさの幅だった。
戦後色が溢れたのもその多様性のおかげで、そこに一人一人の面白さ、賢さ、美しさ、巧みさ・・・数えきらないくらいの良さがどんどん生み出された。
これを豊だと人は思っていたに違いない。
それが、今どんどん統一化さされ、削られて行く。
テレビも流してはいけないものがどんどんできた。
ドラマも映画も、バラエティーも同じ方向を向いている。
食べ物、金儲け、金持ちのくらし、お笑いはドッキリでのいじめやいじる事での優位性の助長。
汚い言葉の乱舞。
今本屋に行けば、戦闘機の本がずらりと並び、日本の日の丸をどんなに見る事か。
靖国参拝の企画、神社の企画、あげくに文庫本のコーナーは百田直樹氏の本が山積み。
本屋もどっち向きなんだ・・・売れるものなのか、政府の動きなのか・・・不思議である。
百田氏は小説家なのに大変汚い言葉をネットでは吐き出している。
政治家の言葉も汚い。
産經新聞の1月1日の社説には曾野綾子さんの反日という見出しのコラムが堂々と載る。
右傾化がもはや国という器があっての国家となり、国民の自由をどんどん奪う。
福祉はどんどん削減している。
皆こんな日本を欲しているのだろうか・・・
売れるもの、評価されるものは、この政権を褒めて、政権に擦り寄っているもの、そして日本の軍国化を指示しているもの・・・
こんな単一化した物が面白いのだろうか。
戦い物が面白いのだろうか。
原発も政治の汚職もありありと悪い物が見えているのに、正される事もなく、事がなされて行くことに意識のずれが生じないのだろうか。
人はある一定のモラルがないと生きる事の意味さえ見いだせないものだ。
善悪の判断がこうも危うい状態が溢れ出ている事を見過ごせる人間って本当にいるのだろうか。
私は無理だ。
空しすぎるし、哀しすぎるし、貧しすぎる・・・
お金儲けして、海外旅行いって、地位名誉を得て、ごちそう食べても、ある方向の力に右向け右してその生活を維持できても、競争相手を力でねじ伏せ、排除した中で得た勝利なんぞ面白くもないだろうに・・・。
それにそこに多様な文化、思想が消え失せ、何が安全か解らない状態の中での生活をする事の喜びは本当に存在するのだろうか。
今権力を得ている人が、違和感も持たずにこのままこの状態をもっともっと加速しようとしているというのなら、その権力者やそこに連なる人々は、本当に心貧しい人である。
生きている意味は、心が豊かな事。
戦争を繰り返してきた人類が獲得した財産は、民俗の多様性と、文化の多様性と心豊かなつながり、ナショナリズム。
グローバルという言葉からの覚醒を!

今日、サザンオールスターズのCD「ピースにハイライト」が届いた。
ガンガンにかけて夕飯作り。
[PR]
Commented by うさぎ二匹 at 2015-01-08 23:35 x
サザンの紅白動画観ました!紅白には全く興味なしでしたが、junkoさんのとこでしっかり観ました。バンバン心に響きました。大丈夫です。心にしっかり刻みましたから。
元旦明け方まで政治についての討論会見ました。田原総一郎さん司会の番組です。お互いに言うこと言って相手の話は聞かない。ケンカ腰でした。煩いだけでした。サザンのようなメッセージ大事ですよね。
Commented by polepole-yururin at 2015-01-10 07:31
うさぎ二匹さんおめでとうございます。はい、ジュンコさん頑張って新たな映像をリンクしてくださっていますね。
CD、ピースにハイライトの次は、百田氏の原作「永遠の〇」の映画の主題歌に使われた蛍でした。有名人は使われるのですね、いいも悪いも・・・。本当にプロバガンだという行為が横行しています。そこに今アーティスト、名のある人は、その行為に意識を払っていてほしいと思います。日本が今このような国になってしまっているのは、見抜けぬ国民と嘘をつく権力、そして表現者としての社会的行為をそれぞれが意識していないという事ですね。モラルが本当に問われる今です。ありがとうございました。
by polepole-yururin | 2015-01-08 21:54 | 思うこと | Comments(2)