ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

来年も続く

f0215179_23335266.jpg

12月30日の琵琶湖、夕日が美しかった。
小学一年生と、三年生の姪っ子が、奇麗!って叫んだ。
ゲームをやらないアナログで育った姪っ子は感動を知っている。
f0215179_23343079.jpg
f0215179_23344829.jpg














我が母は、四季折々の飾りを大事にする。
子供のときからずっと変わらない。
お金がなくとも、手作りで工夫し、来客をおもてなしする。
彼女のセンス、私は好きだ。
そんなもてなしを受験生の息子と味わった年の瀬。
f0215179_2335914.jpg

f0215179_23352789.jpg

関西に帰っていた。
家に帰ったらむのたけじさんの「99歳一日一言」岩波書店が届いていた。
2014年最後の日はこの本を読んで年を越そうとそう思う。
f0215179_20245918.jpg


去年は本当に私にとっては苦しい年だった。
というのも2013年12月に特別秘密保護法が発布されたからで、その後4月には政府は武器三原則の解釈変更にて、武器を輸出した。その時新聞には今まで普通の企業と思っていた企業が武器輸出に向けて名を連ねていた。さらに防衛相の官僚が武器を持って笑顔がのぞいている画像を見て、ぞっとした。
7月には集団的自衛権行使容認となって、閣議決定された。
そのような事がたった少数の人によって決められて法が出来上がり、それに反対する国民がいるのに、その意見は無視され、どんどん事を動かしてしまっている政権に憤りと、違和感と、度肝を抜いた。
どう見ても賢い大人のやる行為ではなく、何処かのやくざが動いているような軟派な動きがまかり通っている事に力をなくしそうになった。そして当然保障されるべき人が保障されず放置される国。
文明社会だと思っていた日本が一番愚かで、非文明社会の中にいたという事に気づき、苦しかったのだ。
この間の12月14日の選挙は意味がなく、堂々と安倍第三内閣が発足した。
政治献金問題や法律違反の人たちもそのまま衆議院議員に当選し、また内閣にも相変わらず存在している面々・・・その態度は、どういうことか。
正されない事が続き、国会議員にあるまじき人々がなぜこのまま国民の税金を給料として得られる所に存在するのですか!?
選挙で勝ったからとてそれはだめでしょう!
それを裁く立法が機能していない。
立法が機能していない国とは、犯罪を犯しても罰せられない、正しさが侵された非合法な国なのであって、もはや国と言えるのでしょうか。
沖縄の問題に関しても、政府が沖縄県の予算を大幅に削減する指示を出した。
民主党の枝野氏の選挙区への嫌がらせもひどい。
もっと正々堂々とした態度を取るべきである。

意地悪だ!

そして壊れすぎている。
この模様は、バブル時期のマハラジャ、お立ち台ギャル、ワンレン、ボディコン、若者が新車を乗り回したそんな時代の蠢きとしか思えない。
金だけで事がなされ、価値ないものにも値が付き、男も女も乱れ狂う。
それも景気という言葉に許される。
そんな時代を20代、30代に生きた人々の無作法な生き様。
それが今日本の舵を取っているのである。
2014年はひどい年だった。
ここまで日本という国が愚かな国だとは思わなかった。
そしてこの国は、未だ鎖国状態だったのだと知った。
日本は先進国で大変文化的な国だと教えられていた。
けれど、他のアジア諸国やアフリカ諸国よりも自国を守る事の出来ない親方アメリカの国だった。
どの国も外交は国益になるように動いているが、日本は自分の利益を重んじる人々によって動かされ、外交とはもう呼ばない。
それを知らずに、大国日本と教えられてきた国民がいた。
そして現実、独走する危なき権力者の動きさえ、読めぬ人たちが未だ存在し、日本は豊かだと言い切っている。。。
そんなことを書き倦ねていると、だからこんなBlogはもういいよって誰か言う。
そう、私も同じ事を他者のBlogを見て思うもの。
だからもうよそうと、ガーデニングや手芸の事やアロマや面白い事を書くことのほうが・・・と思うのだけれど、本当を知って、あっちむいてほいなんてもはや出来ない。
私が他国に移住し、安全安心を得たのであれば、話は別だけれど。
現実は、危うい状態にあるのだから。
だからどうする?
だから来年、あと3時間後の2015年をどう生きる?
原発はだめ!戦争はだめ!弱い者いじめはだめ!
それを助長する人はだめ!
だめなものはだめ!だと言う事は変わりなく。

ある人が言いました。
権力者は、声が一番怖いのだと。
声を失ってはいけません。
仕方ないと言ってはいけません。
仕方ないは権力者が使った言葉ですから。

f0215179_2157338.jpg

そして守ります。子供達を。
生まれてきた意味は、生きることの喜びを味わう事なのだから、最初っから生きていくことに弊害を持たせる環境はいりません。
だから続けます、私は。

むのたけじ「99歳一日一言」岩波書店より

1月5日:「一人では歴史は作れない。と同時に、その一人がいたから歴史が始まって進んだこともある。ひとり、一人、ヒトリの力」
1月6日:「歴史の長い道のりに変化をおこす出来事は、しばしばたった一人の一瞬の決意から発生する。それが人間、それが歴史だ。『太陽が地球を回っているのではなく、地球が太陽を回っている』という人がたった一人いた。その人を人類は殺すところだった。このことを決して忘れず、人類よ、たった一人をいつも大切にしよう」





・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2014-12-31 20:24 | 思うこと | Comments(0)