ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

国会でやっている政治

国民も、もうそろそろ脱皮するときだよ!
f0215179_20215987.jpg

山本太郎氏のYouTubeを今日見ていた。
熱い思いと政治の実態を伝えている。
解散総選挙が行われる事で、税金が650億円使われるのだそうだ。
解散総選挙が行われることで、安倍政権の民意を問う状況に陥ったと思いきや、総理大臣の思い一つで解散行われ、莫大な税金が使われる。
山本太郎氏はその安易な解散総選挙をするくらいなら、その選挙資金を弱者の福祉、雇用などに税金を回し、助けられるという。
他にも今の政治は国民のためではなく、大企業、大資本家への政治であると断言する。
今までの政治も大企業、資本家への癒着が言われていたが、原発事故後、この企業と政治の癒着は大々的に見えてきた。
さらに安倍政権は、山本氏の言うように企業を守る政治を着々と行ってきたと言えよう。
その危機感を山本氏は、ちゃんと捉え伝えていれる。
私達が知り得ぬ政治の実態をちゃんと知ることが本当に求められる。
私達の未来は、人任せでは行けない。
マザーテレサが平和と対比する言葉は無関心だと言う。
戦争と平和の対比ではなく、平和と無関心。
そう、無関心の先に戦争が起こる。
私達が、テレビ、新聞、雑誌等で意識を持って行かれ、政治に無関心になって、ほだされ政治家に尾っぽをふっていた間に、政治家は政治資金や票をくれる企業や大資本家に、いいように法律を作られてしまっていたのだ!
昨日、息子に社会の問題を出してほしいと言われ、公民の教科書を読んでみた。
知る権利、公共の福祉を受ける権利、環境権、健康で文化的な生活を営む事が出来る権利、国会の開示を請求する権利・・・様々な権利が私達には憲法で守られている。
確かに税を払うという義務等様々な義務はあるものの、私達国民がちゃんと最低限の生活を維持できる権利は保障されていると教科書に今にある。
教科書を読んで、改めて憲法をもう一度読み返そうと思った。
私達は憲法で守られ、憲法は独裁しうる権力者の暴走を止めるための大事な法であった。
憲法改正の問題点は我々国民にあるのではなく、金を生み出すための権力者の危うき悪知恵を遂行するための改正であるのだ。
中学の子どものいるお母さんは、今一度子どもの教科書を読んでみるべきだ。
私は息子に伝える。
三権分立がちゃんと行われ、基本的人権を尊重し、憲法九条を維持できてこそ、この日本の平和は守られるのだよ!と。

山本太郎氏のYouTubeぜひ!







・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2014-11-18 20:22 | 政治(思う事) | Comments(0)