ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

山田真先生講演会のお知らせ

この記事はしばらく固定します
以下Blog随時更新しています。

今までアゴラ子ども美術工場では、子どもたちに優しさを伝えてきました。
いつも見守る先生がいました。
2010年、KAMEの翼プロジェクトを立ち上げた先生。
いつも穏やかだった先生が言葉を出して行きました。
そして4年、政治についても語る機会をつくりました。
こんなこと誰だってやりたい話ではないのです。
危うい、危機を持っているから言葉を出し、大事な人をお招きし、伝えてもらうのです。

この声が届きますでしょうか?

どうか届いてください。

どうか今日本が何処の時点にいるのかを気づいてください。

穏やかな人が言葉を語り始めている意味を感じてください。

f0215179_23143223.jpg

f0215179_23144959.jpg

f0215179_2315331.jpg


上記チラシのとおり、アゴラ子ども美術工場にて12月14日に小児科医・山田真先生の講演会を開催します。
定員:50名のため、連絡順です。お早めの連絡お願いします。
(☎ 0537−27−1428 アゴラ)

ー開催にあたってー

里山にあるアゴラ子ども美術工場は、3歳から18歳までの子どもたちがいる居場所。
自然と造形を通して子どもたちに”あなた自身が大事ですよ、優しさが大事ですよ”って伝えています。
2011年、福島原子力発電所の事故が起きました。この時を境に、世の中は変わって行きます。その後、政権が変わり、特別秘密保護法、集団的自衛権行使容認、武器輸出等と政治は平和から遠ざかっているように思います。
今、様々な不安が私達を覆っています。
その不安を解消するにはどうすればいいでしょうか?
ネット、新聞、テレビからの情報に『本当にそうなの?』と問いかけてみましょう。
人が生きて行くために大事な感覚、”怖いという感覚”は身を守り、未来へ繋げます。研ぎすませて、当たり前に『怖い』と口に出しましょう。
”ニュートラルな人々との交流は新たなコミュニティーを創ります。”
アゴラ子ども美術工場は、ニュートラルな目線の方との交流、新たなコミュニティー創りを提案します。
キーワードは子どもと自然
今回は小児科医であり、震災後福島に行き来し、福島の子どもたちの健康をずっと見守ってこられた山田真先生をお招きし、これからの日本の未来についてお話していただきます。
子どもの一番側にいる親御さんたちと一緒に子どもの未来について考えましょう!
多数のご参加お待ちしております。



山田真氏
・小児科医
・東大医学部卒業
・現在、東京都八王子市八王子中央診療所理事長
1967年東京大学医学部卒業、その後、上記診療所勤務しながら公害、医療被害、障がい児の就学などの運動に関わりながら40年、診療を続ける。「子ども達を放射能から守る全国小児科医ネットワーク」代表として、福島で「子ども健康相談会」を開催。「ちいさい、おおきい、よわい、つよい」ジャパンマシニスト社の編集代表。現在も福音館の『母の友」にて医療コラム連載中!
著書多数・・・




・・
[PR]
Commented by toco-luglio at 2014-12-07 21:46
山田真先生…子育て中、山田先生と毛利子来先生の本にはどれだけお世話になったことか。
海外に行くことになった時も先生方の本は必携でした。
まだ、本は大事にとってあります。
お元気そうで嬉しいです。
Commented by polepole-yururin at 2014-12-08 20:46
toco-luglioさま、はいその先生方のことを知る方々は本当に軸を持っていらっしゃいます。私世代以下の母親たちは新しきものをどんどん取り入れてしまいました。それで子育ても流行のようなものに変化して・・・。雑誌や企業の作る本当を鵜呑みにしてしまう。そして子どもを守る事の意味が分からなくなる。私も危うい親でした。今少しずつ私が育てられた時代の親の言う事を思い出し、ちゃんと叱る先生の言う事をおもいだしています。お近くなら・・・と。
by polepole-yururin | 2014-12-12 10:23 | お知らせ! | Comments(2)