ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

影に脅かされて・・・

f0215179_9312180.jpg

日々ネットではどれが本当かという事が湧き出ている。
イスラエルとパレスチナの戦い、ロシアとウクライナ、中国の民主化デモ、アメリカのシリア空爆、未だに続くイラク攻撃、スコットランドの独立運動、世界は急に蠢き始めている。
その中に戦争という言葉が当たり前に出ている。
戦争はちょっと前まで、世界ではいらない言葉だった。
戦争のない世界、戦争はすべてを奪いさるとんでもない行為だとみんなも当たり前に思っていたに違いない。
当たり前だった事が当たり前でないように動き出した。
え?え?え?・・・
その連続に皆打伏しがれているのではないだろうか。
捏造という言葉が表に出ている。偽装、嘘、真実、その言葉が乱舞する。
右翼、左翼、・・・私には知らない言葉だった。
これを無知というのか、それともいらない言葉だったのか・・・
私の中には中学、高校で学んだ歴史観と命の大切さと戦争は悪だと言う事がしみ込んでいた。
福島第一原子力発電所の事故があって、エネルギー問題に対して、核にに対して、医療に対して、政治に対して、経済に対して様々な疑問がわいて、あらゆる方向性の本を読んだ。
知り得る人に意見を聞いた。
その作業により私の中にあった知っていた常識が見事に崩れて行った。
その崩れが私にとっては良かったと思った。
するとその崩れは私だけでなく、疑問をわき出した人々の中にも起こった。
その崩れを正しく修正して行く作業が行われようとしていた。
しかしその作業をかき乱す人たちもウジョウジョと出始めた。
私は原発事故後、皆は心精進し、足るを知り、本当に人の正しき道に歩み始めると思っていた。
だから大変な負から特に日本人は本当に人が歩む良心の道へ動き出すのだと安堵していた。
けれど人はこうもお金にほだされ、負も他人事として捉える事が出来、こうも人に操られる人々が作られていたんだと思うのである。
命が頓挫し、金と自分の立ち位置を命以上に重んじる人間がこんなにも多かったのかと愕然とした。
民主党から自民党になって、正しさはもっともっと言葉だけになって、嘘も方便が連なり、その嘘も明らかに嘘、でっち上げだと言い切れるのに、権力を持ったという事だけで嘘を貫き通す。
あげくに、どんどん新しいシナリオが生まれて、本当の歴史とかこれが真実だ!とか大きく見出しの出た本が店頭やネット上で売られ始めた。
あるものが消えて行く。いらないものが生まれて行く。
今年4月京大にあった731部隊の資料館は閉鎖された。
美味しんぼは叩かれた。
はだしのゲンは図書館から消えた。
朝日テレビのニュースステーションのディレクターは亡くなった。
朝日新聞は叩かれ、大いなる圧力をかけられた。
ネオナチという言葉は危険という認識だったが、いまの政権はこれをどうどうと言葉にする。
様々な団体が今の政権と絡んでいてもこの国の中枢にいてこの国の代表だと階段で写真を撮る。
山谷氏は国家公安の最高権威のところにいる。その人と絡む背景。
当然、この国の総理もその人たちのもつ背景を同じく抱える。
ヘイトスピーチが生まれたのも自民党になってからだ。
人種を超え、私達は同じ人間で、互いのいいとことを尊重し言葉で交わす外交を行い世界平和に貢献しようと皆が言いあっていたではないか!
それなのに戦争は未だに正義のための戦争といい、戦争を肯定させ、正しき歴史認識を前に出し、武力がやはり必要だと力を煽り、日本の国だけが正義だという思想が飛び交っている。
戦争に持って行くためには、人の意識が最優先だという事を知った。
その意識を動かすために、宗教観が利用される。
そして国という枠を強調させられる。
私達は日本人だとか中国人だとか、国の線引きをさせられる。
そして愛国を煽るのである。
その中には巧妙に予言者が出て、その予言者やカリスマ的存在が、先を見通すように実は・・・と小声で話をはじめ、大事なことを言うように耳元で囁く。
実は私達は騙されていたんだよ。実は私達だけが本当の救世主で、日本人が植民地化支配を食い止め、アジアの人々を解放した。その救世主は世界で例をみない原爆投下を経験した。それでも日本人は生き残り、経済成長し君臨している。アメリカとのやり取りも左翼思想のかき乱しで私達は知らぬ間にアメリカに持って行かれてしまっただけだ・・・と。
いかに宗教や思想が政治とおおいに絡み、組織を作り、人の意識を作り上げていたかを知った。
政治権力は国民を振り回し、食い物にする。
もっと政治から離れてものを見よう。
今動いている人たちは政治にかり出された人たちで、もっと少人数のいろんな顔を持つ人たちである。
真実なんてそんな所にはない。
真実は民衆の中にあるのだから。
その情報の嵐に潰されて、自暴自棄になっていた私に、いつも草花に触れ、ヘビや鈴虫と話している知人が言いました。
様々あるBlogの中にも真実はあるさ。
そのBlogの中の言葉は凛としている。
もっとすーっと言葉が立っている。
風が通る。
そこをちゃんと感じなさい。
うめいているのは少数だ。
少数のうめきを拡声器で大音量にして拡散している。
実はその正体は小さな小さな小心者の一握り。
影が蠢くそれにおののいている国民。
影には実体はないのだよと・・・

そうだった。
影を触ってみてもつかめない。実体のないもの・・・
ネット社会は、実体のない架空の幻想でしかない事に気づかないとな。

内田樹Blog『ネット時代の共生の作法』是非!














・・・・
[PR]
Commented by cocomerita at 2014-10-03 17:10
Ciao yururin さん
> 互いのいいとことを尊重し言葉で交わす外交を行い
苦笑 言葉で交わす外交なんてそんな素敵なこと、我が国日本はかつて一度もやったことない。と思いますよ
行なっていたごく数人の大使はいたでしょうが、、

政治とか宗教とかビジネスとか、そして福祉やボランテイアでさえまがい物が一杯ですよ
だから私たちはその仮面の裏側、一体こいつはどんなやつなんだろうってことを見極めないといけない
みほさん、情報に混乱されてない?
嫌だ、ひどいと全部自分の中に取り込まないで、ぐっと凝視してみると、見えてくるものあると思います
例えば、私はバイキングって大嫌いなの
あれだけものをさあどうぞ!と出されると気が散って自分の目の前にある一番食べたいものに集中できない、だから楽しくもなんともないし、栄養にもなってない気がする
情報も一緒だと思うんです
だから、選ぶセンスと智恵を持てと、内田先生もそうおっしゃってるんじゃあないかなあ?
みほさんがどっかと腰を据え、取捨選択し、関わっても仕方のないものに気を止めなくなったら、大事なことにもっと集中できるし、みほさんもっと強くなるし、子供たちにも伝わるはず
大事なことだと思います
Commented by polepole-yururin at 2014-10-03 20:48
cocomeritaさま、 「互いのいいとことを尊重し言葉で交わす外交を行い」は、確かにないのだけれど、百歩も千歩も・・・譲って書いてみました。それぐらい力のみに行使して我が物顔の安倍さんへの批判です。確かに情報に混乱していたのは事実。いっぱいみている訳ではないのだけれど、安倍さんのやっている事、安倍内閣の個人個人があまりにもひどく、今までの日本以上に際立って、下品で、乱暴で、気違い染みた人たちがなぜ日本の代表者としてそこにいるんだ?っと叫びたくて、・・・特別秘密保護法も施行する意向を決めたとか、・・・ジャーナリストの状況も見てもイライラするし・・・。
先生にも良く質問して…師曰く・・・ってかんじです。
淳子さんが言うように先生にも言われます。「関わっても仕方のないものに気を止めなくなったら、大事なことにもっと集中できるし、」・・・今あなたは文章を書き、絵を描き、自分しか出来ない事を続けていなさいと言われます。・・・
内田さんもBlogその通りですね。
Commented at 2014-10-04 02:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by polepole-yururin at 2014-10-05 08:07
鍵様、ありがとうございます
そうです、甲賀忍者のマキビシなんです。野鳥センターの方が言ってました。私も大津にいた頃は子どもを甲賀の忍者村によく連れて行き、忍者の服を作り、その気にさせて楽しんだりしていて・・・甲賀の忍者村は伊賀よりも全然リアルで大人の私達の方がはまりますね。リアル過ぎて怖い・・・赤影って昔子ども番組ありましたが、その時代の雰囲気いっぱいです。ヒシクイはトウモロコシのようです。おいしい♩
by polepole-yururin | 2014-10-02 09:25 | 政治(思う事) | Comments(4)