ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

朝日新聞報道に思う

f0215179_9114110.jpg

朝日新聞が叩かれている。
慰安婦の問題と吉田所長の調書の誤りについて取り糺されている。
報道の誤りに対し社長は会見を開き謝罪した。
こういう場面を最近多いに見る事が増えた。
少し前にはstap細胞の小保方氏が叩かれ、あげくにセンター長が自殺した。
stap細胞の有無を主張しても、論文の書き方に問題があるとしてどんどんその不備をマスコミたたきで穴をあけられ、あるものないものすべてが無になってしまった。そして自殺者まで出した結末だった。
マスコミはこの時とばかりに情報たたきを行うが、マスコミこそ、本当の真実を知っているのだろうか。
昔々の話だが、オウム真理教のサリン製造事件で松本市の民家で悪臭が出てその出元が河野宅からだと犯人を河野氏に仕立てられ、恐ろしいマスコミたたきが起こった。
それ以上に河野氏は犯人にされて長い間汚名を着せられた。
朝日新聞に対しては、上記のような単独の事件ではなく、誤った報道によるものである。いわゆる叩いた側の異を叩かれたわけである。
そこに安倍総理は慰安婦問題に口を挟み、日本のイメージを悪くしたと伝えたらしい。
今何処に日本の政府が位置し、誰のために動いているか感じていれば、情報の真実は何処にあるのかは大半の方は理解できるだろう。
今与党の力が強く、与党を叩く野党が少数派であるからか、明らかに与党人が政治献金問題を犯そうが、原発事故で放射能拡散していてもアンダーコントロールと嘘の発言を言おうが、それに対してはマスコミは叩かず、報道もされにくい。
唯一大手新聞社の中で今の政党のことや原発に対して異の報道をやっていたのが朝日と毎日。
その中でも朝日は原発関連の報道を私達に伝えていた。
戦時中朝日新聞は国の御用新聞社で戦況を煽る記事を書き、国民の士気を煽っていたという。
当時の朝日新聞記者のむのたけじさんはその責任を取り、戦後朝日新聞を退社してひとりで新聞社を立ち上げ、独自の視点で「たいまつ」という週間新聞を創刊していた。
今朝日は戦中の謝った報道を取り上げられその点についてもつつかれている所がある。が、その反省をもとに意志ある新聞記者が正しい報道を伝えようとしていたことも理解してた。
国民から見て異議申し立てしたい記事を書こうとも読売やサンケイは叩かれず存在する。
ようは報道は、国側に立った記事で構成されると生き残れ、国民側に立った記事を書けば干されるということか。
震災後、新聞やテレビの存在が国民に正しい情報を伝える機関だと思っていた事が見事に壊れた。
情報は作られて、報道も作られていたことにも驚いた。
私の無知をしらされた。
そしてテレビで育った世代も踊らされている。
情報統制、・・・情報はあるのか作るられるのか・・・
朝日新聞にも様々な圧力がかかっているんだという記事が多い中、それでも原発事故についてや沖縄基地問題に対しても少しではあるが記事を載せて報道していた事やプロメテウスの罠という原発関連記事に対して、私は高く評価し、朝日新聞を相変わらず購読していた。
テレビにおいて読売、サンケイが正しいニュースを報道せず、ましてやNHKも完全に国側の作られた報道する中、朝日、毎日はいろんな圧力がある中、それなりに情報を伝えてくれていた。
さらには朝日テレビのニュースステーションでは、古館伊知郎がきっちり原発関連や集団的自衛権の報道をしてくれていて、震災後めっきりテレビを見ない私が唯一見るニュース番組だった。
なのにそのニュースステーションの原発除染に関しての取材をしていたディレクターの死。
そして今回の朝日新聞社長の謝罪。
国民は正しい情報を待っている。国よりの情報など欲しいためにわざわざ新聞など買わない。
テレビニュースも同じ。
それを圧力に屈して国よりのものを報道したり、曖昧な情報を流したりすれば、その不安定さを見抜かれ足下をすくわれる。
堂々と正しい情報を流し、報道してほしい。コツコツと取材した記事にはちゃんと文字に重みを感じ、真実がちゃんと浮かび上がるのだから。
権力に屈して御用〇〇なって存在すれば、もう自分が何者かもわからなくなる。
余談だが、原子力規制委員の田中氏の顔色がもうないと思うのは私だけか?
御用〇〇が危うきものの楯になればなるほど、生気は奪われていくものである。
報道の自由、表現の自由を奪う世の中の空気は本当に危うい。
経済重視と言いながら、経済を支えているのは労働者である。
その労働者を無視した権力者(企業)保護の国家は国家として機能しない。
労働者=市民のための報道、政治であってほしい。

新聞記者だった編集長が言いました。
もはや報道は意味をなしていない。
だから今こそ、市民ジャーナルなんだと。
市民のための市民が作るジャーナリズム。報道。
だからつくりました・・・Lapiz

電子書籍 Lapiz 9月号発売中!
f0215179_801395.jpg

[PR]
Commented by 09donpo11 at 2014-09-12 21:23
読み応えのある記事に背筋を伸ばして拝読しています。今後もぜひ精力的に綴りつつけてください。
Commented by polepole-yururin at 2014-09-12 22:58
09donpo11さまはじめまして、ありがとうございます。
はい、続けます。ありがとう。
by polepole-yururin | 2014-09-12 08:03 | 政治(思う事) | Comments(2)