ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

原画展開催!

ー9月30日までこの記事は固定します。ー
以下随時ブログ更新しています

f0215179_1218436.jpg

9月21日(日)野鳥センターに集まれ!
このカメさんが空を飛ぶ!
光のアーティスト 高橋匡太 in 北琵琶湖!

参加費一人500円

13時よりワークショップ開催。
夕暮れ琵琶湖の日没とともにカメの翼君が空を飛びます。
場所:滋賀県長浜市湖北町今西 野鳥センター


高橋匡太
1970年京都府生まれ
1995京都市立芸術大学大学院
    美術研究科彫刻専攻修了

東京駅ライティング 2013年12月
越後妻有 Gift for Forzen Village 2014
大地の芸術祭 雪アートプロジェクト 2013
”ひかりの実”スマートイルミネーション横浜2013
ライトアートエンターテイメント2012、東京スカイツリー
三陸イルミネーションR45三陸・横浜ひかりの実交際プロジェクト2011
”夢のたねプロジェクト”夢のたね2010osaka
その他多くのプロジェクト、インスタレーションを展開する



是非来てください♩


______________________

静岡県掛川市千羽ではカメの翼君の原画展やっています。
9月20〜22日までは休みです

f0215179_20273739.jpg

2014年9月1日(月)〜9月30日(火)
                 11時〜18時


はない みほ 原画展

         ―今伝えたい大切なことー

小説『未来へ 上 下』挿絵展 & 絵本『かめの翼くん』原画展

*9月28日(日)16:00より30分間、小説『未来へ』朗読会開催します。

場所:アゴラ子ども美術工場 ギャラリー
  〒438−0084
  静岡県掛川市千羽1679
  ☎ 0537-27-1428

*月、金曜日は休み
*9月20日〜9月22日は、琵琶湖の高橋匡太氏のワークショップのためお休み

主催 KAMEの翼プロジェクト
静岡県文化財団ふじのくに文化芸術振興助成事業


___________________________________

*5月23日、絵本「かめの翼くん」発売しました!

*電子書籍 小説「未来へ 上」「未来へ 下」共にDLマーケット、雑誌ONLineにて発売中!

Lapiznoveruzより電子書籍にて小説『未来へ』好評発売中!

f0215179_7383359.jpg
f0215179_73915.jpg
















<あらすじ>
福島第一原子力発電所はメルトダウンをした。原発近隣に住む人々はどうな
ったか!?同時にテレビ画面上でその出来事を知った人たちは何を考え、どう
したか?原発事故が日本人に問いかける。
言葉とチカラで出来上がった大人の世界を子どもの純粋な心が、言葉やチカ
ラの枠を外して凝り固まった大人たちを動かしていく。
私たちの未来は何処にあるのでしょうか・・・。
現実とファンタジーが入り交じりながらストーリーは展開していく。

*電子書籍で発売。
購入方法は電子雑誌「Lapiz」と同じようににて購入してください。
*お求めはDLマーケット or 雑誌ONLineで・・・



ただいま静岡県掛川市千羽のアゴラ子ども美術工場アトリエにて はないみほ原画展 やってます!
古民家のアゴラ、納屋を改造し、アトリエにしました。
そのアトリエに入ると・・・
アトリエには光のアーティスト高橋匡太さんが作った大きなKAMEの翼君が今います。
f0215179_13141609.jpg
カメの翼君がいる部屋には「かめのつばさ君」の絵本原画展やっています。
f0215179_13144706.jpg
f0215179_13182975.jpg
f0215179_13192498.jpg
立体KAMEの翼君、フエルト人形 大 中 小 の 七色KAMEが並びます。
f0215179_13205331.jpg
二階に行けば電子書籍になった 小説『未来へ』の挿絵原画展やっています。
f0215179_13213976.jpg
f0215179_13222846.jpg
f0215179_13231399.jpg
生まれ変わって・・・
f0215179_13230145.jpg
座敷童がやってきた・・・
f0215179_13224710.jpg
KAMEの翼君は今この状態を一年保っております。
そのKAMEの翼君は9月20日トラックに乗って琵琶湖に行きます!
f0215179_13234380.jpg
13時からバルンをこのKAMEの翼君につけて行く。
そして高橋匡太さんの演出により夕方の琵琶湖を背に空を飛びます!
f0215179_13232709.jpg
そしてKAMEの翼君は子どもたちやいろんな人々の居場所に成るのです。
その居場所は野鳥センターか?はたまたどこになるのでしょう?
私達の思いで作られる心地いい居場所がきっとできるでしょう!
私は小説『未来へ』を去年の今頃書きました。
福島の現状や世の中の動きにあまりにも違和感を抱いたからです。
衝動的に書きました。
日本に未来はあるのだろうかと本当に不安になりました。
不安を解消するために、今の世の中の状況整理をはじめました。
私達はたったひとりの力なき?市民です。
大きな力が動く社会の流れには何の力も出せない存在だと思ってしまいます。
けれど、私達は生きている。
どうして私達は生まれてきたのでしょうか?
苦しむために、従うために生まれてきた訳ではない。
長い長い歴史の中で切磋琢磨してここまでたどり着いたのだと私は思います。
そのたどり着きは、あまりにも残酷極まりない事だと思う事もあります。
科学の進歩という名で推し進めた歴史は破壊を生みました。そして今なおもっともっとと蠢いています。
そしてそのもっともっとを推し進めた人々は思想の中に人を操る方法を作りました。
でも歴史は繰り返されるという言葉で同じ事が繰り返されているのだとは私は思いません。
昔の日本(戦後以前)は良かったという声が今本当に聞こえます。
けれど昔は今以上に差別はあらゆるところにあり、他者との違いを強調するようにあったと感じます。
だから昔より今のほうが、人々に差別という枠は少しずつだけど消し去られてきたとも私は思います。
退化だって確かにあります。けれど進歩も私はあると思います。
いろんな経験をしてきた人々の中には、もっと複雑な出来事をも鳥瞰図的にちゃんと見れる人々が生まれていると感じます。
だからもっと強く、もっと優しく!
そんな人々が今の社会に存在し、訳の分からない権力者に持って行かれぬように夢を持ち続ける。
思いは叶う!
小説『未来へ』が実現します!
PS:2013年10月、小説『未来へ』を書き終えて、琵琶湖へ向かいました。
当時はまだ琵琶湖の古民家をお借りしての造形教室でした。
静岡へ帰る前に小説『未来へ』に出てくるKAMEの翼君が着陸し、居場所として根付いた場所に行ってみたいとアゴラの先生は言いました。
小説『未来へ』ではKAMEの翼君は野鳥センター近くに上陸した・・・
だから野鳥センターに行きましたら・・・
野鳥センター入り口にはカメが5匹たらいにいました。
そして野鳥を見ながら私達は居場所を探していると野鳥センターの人にお話していたら、奥の方で野鳥センターでいろいろ頑張っておられる植田さんが「ここを使ってください!」と隣の環境省の場所を案内してくださいました。
そして11月から琵琶湖のアゴラは野鳥センターで造形教室をする事になりました。
琵琶湖の居場所。
実はこの野鳥センターは番地がありません。
ということは・・・湖の上にあるということです。
琵琶湖を埋め立ててたてられたのです。
KAMEの翼くんも琵琶湖の洲に上陸しましたから・・・
思いが先か?現実が先か?
政治の事、企業の事を思えば悲しい事ばかりです。
ですが、未来を担う子どもたちを大事に思う気持ちを忘れないで続ける。
琵琶湖にはオスプレイよりカメがお似合い♩

f0215179_13235887.jpg
9月21日13時〜
北琵琶湖へみんな集まれ!



f0215179_12163677.jpg







・・・
[PR]
by polepole-yururin | 2014-09-18 23:50 | カメの翼プロジェクト | Comments(0)