ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

福島の実態 ー情報が流れない―

福島は元気です。とHAPPY福島という動画。
世界中からの反響があるとネット上であり見てみると、これが福島の現実なのかとも思える映像であった。
それに観光地にも様々な場所に人影が少ない寂しい背景。
これをHAPPYというのか・・・と。
エートスという動きがあって、福島の自立を謳っている。
しかし、福島の自立を謳う前に、国や東電の保障に着目し、国や東電への対応がされて当然のことである。
言葉巧みに福島住民を翻弄させる。
実態はどうなのか・・・それを知る事が原発列島に住む私達の明日に繋がるのである。
福島の実態被ばく牛の調査を 浪江町の牛飼い、霞ヶ関で抗議
f0215179_2252663.jpg

安倍政権は誰のための政治をしているのか。
集団的自衛権行使容認の閣議決定から6日が経った。
ネット上では東京、名古屋等の市民のデモが盛んに起こっていると情報が流れる。
けれどテレビからは情報はほとんどなく、朝日テレビは、山本議員を暴力的なデモだと非難した。
私もライブ映像で山本議員の抗議を見ていたが、山本議員が暴力を行使したのではなく、警察側だった。テレビでは情報操作をしてデモという行為が危険行為だと伝える。
かつて60年安保、70年安保時代のデモを同じように過去を紐解きテレビのコメンテーターはその当時のデモ隊を血の気の多い世代だと野次った。
そのままテレビに疑いすらしなかった若い時代、私はデモの実態をそのままコメンテーターの言葉によって認めてしまったような気がする。
左翼という言葉も公害問題や戦争反対、政府の行為への異を表明すれば左翼という言葉がつけられるようだ。
正しい事、命を大事だと主張しても左翼運動と見なされるようだ。
結局日本は、誰かにレッテルを貼って悪い人の名前を着せて政府側を擁護する国であった。
それが今もっともっとひどい国になってしまっている。
国民がこの国の危うさに気づき始めたと同時に情報を操作し、情報を提供しない秘密国家形成へ動いている。
そして捏造の発信場所は政府側からだということである。
戦中、国民には情報はほとんど伝わらず、日本国は優勢であるとあえて情報を拡散し、国民はその情報を鵜呑みにし、国民同士を互いに監視下に置き、国の動きに反するものを排除した。婦人会も教育勅語の賜物で、男さんが兵隊にどんどん連れて行ってしまった日本を守るのだとおばちゃん独特の監視を自治体に振りまいた。
結果たくさんの若い男が亡くなった。空襲で焼け野原、国のためにあらゆるものを奪い取られてしまった。悪夢というべき原爆が唯一投下された国となった。
その後の日本はGHQがやって来て、日本はアメリカの支配下となった。
ただ日本はアメリカに寄って潰されたのではない。
戦中にすでに政府と天皇の行政によりめちゃくちゃになっていた。
その後アメリカによって侵略されたというが、アメリカの言う通りに動いた人たちがいたのだから、結局の所戦犯を免れた人たちによって日本は形成されてきたのである。
沖縄が侵されている現状も本土には伝わらず、1974年の沖縄返還だけを取り上げるマスコミや教科書上の記載であるが、戦後の沖縄の人たちが辿った歴史や今なお苦しまれている基地問題の現状は伝わらない。
沖縄は観光の県で米軍基地があるから本土からの保障を貰って悠々自適に暮らしていると何処の情報を聞いたのか、うわさ話にのっかりいい大人が沖縄を非難する。
お金をもらうからいいという話の前に、お金で解決させられるほどの悲惨な現状が続いているという事である。それに補償金は一握りの人への対応であって、沖縄県民すべてが保障の対象になってはいない。
これは今の福島の現状に匹敵し、嘗ての広島、長崎の被爆された方への保障も同じ事が言える。
それにお金で土地も生活基盤も奪われ、危険といつも共存している生活は、生きる覇気を奪われ、生きる希望を吸い取られるものである事は、インディアンやアボリジニ、マーシャル諸島の人々それに原発誘致された自治体の現状に現れている。
日本国民は優しい国民だと私は思っていた。慎ましく、人への思いやりがあって、協力しあう民俗というのだろうか、もったいないという精神のもと育まれた八百万の神の下に生きて来た民俗だと思っていた。
けれど、統制されやすい自分がない、右ならえの危うい民俗であったのかと思えるほどに、今の安倍政権や権力者へ連れて行かれている人たち。
今のNHK顧問の人たちが発言する書物を読んだ。
安倍氏を応援する人たちの声。
弱いものへの徹底的な排除主義。弱いものが悪いのだという。生活保護受給者への思いや慰安婦への嫌悪・・・日本国という箱が大事なようだ。そしてその箱の中で生きる少数の頭のいい?権力者、選りすぐりの人たちで形成される国家形成を望んでいるように思える。
優秀な遺伝子の連鎖が強き国を作ると言う思想をもち続け、それを理念にしている人が本当にいたのだ。
その思想は嘗てヒットラーが持っていた。
安倍政権の危うさは、人生経験のなさである。
限られた人たちに囲まれた養育歴は大事なものを落としていく。
今日本の権力を持つ職種についている人たちが辿った養育歴は皆よく似ている。
視野の狭い子育てが視野の狭い子どもを作り、その子どもが国の権力を握ったとき、どうなるか・・・
その連鎖が今の学校教育である。
学校の先生も優秀に弱く、親も優秀に弱い。
その意識が排除する意識を無意識に作り出し、今の政権の違和感さえ、感じずにいる。
テレビから出される情報と流れない情報。
今流れない情報こそ、真実であり、流れる情報は意図がある。
天気予報が頻繁に流れる。この不安を煽る情報に人は振り回される。
その不安より安倍政権の動きほど不安を増大させる情報であるといえる。
不安は自然以上に権力により作られるのだと感じる今日この頃。



・・・
[PR]
Commented by cocomerita at 2014-07-09 00:28
Ciao yururin さん
優秀が嫌いな私です 笑
要するに、優秀を崇拝し、求める人ってのは、優秀だと思えない自分自身のコンプレックスに苦しんでる人たちではないか?と
ヒットラーにしろ、安倍にしろ、そうですよね?
彼らのそのコンプレックスが彼らのなかで湿気を帯びて増長し、暴力にも似た彼らの癒しようのない渇きに変わっているのが感じとれ不気味です
やっぱり、自然との関係のなかで、与えられている、生かされているという慎ましさを忘れ、自分達が一番偉くて自然でも動物でも何でも自分達の思い通りにできる。なんてことを思い始めてしまったところに、人間の弱さが生まれ、寄らば大樹の陰 体質をよんでいるのだと思います
寄らなければいけないのは、大いなる自然なのにね
そうして、最終的には自分の手で自分を破壊していくことになる
おおばかものです
Commented by polepole-yururin at 2014-07-14 07:50
cocomeritaさま、『要するに、優秀を崇拝し、求める人ってのは、優秀だと思えない自分自身のコンプレックスに苦しんでる人たちではないか?と・・・』そうですよね。最近政治を見てその背景は子育てではないのかと思っています。
そう思うと私もその親なので、子どもたちに今の社会の価値観を植え付けるのではなくて、自立と人としての良心を持て想像できる子にと何となく意識していますが、なかなか・・・だからまず自分から実践!息子以上に競争社会の法則にのっとった教育を受けた私がどう育ち、どう行きて来たかを振り返る作業をしています。
教育勅語を推進するように今世の中が動いています。けれどそれじゃないのですよね。『自然との関係のなかで、与えられている、生かされているという慎ましさを忘れ、自分達が一番偉くて自然でも動物でも何でも自分達の思い通りにできる。なんてことを思い始めてしまったところに、人間の弱さが生まれ、寄らば大樹の陰 体質をよんでいるのだと思います』そうですよね、自然からはなれて人間は傲慢になりました・・・明日を考えます。ありがとうございます。
by polepole-yururin | 2014-07-07 22:06 | 政治(思う事) | Comments(2)