ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

KAMEの翼プロジェクト2014開始!

KAMEの翼プロジェクト2014
のお知らせ

f0215179_2230511.jpg

f0215179_22293918.jpg

今年もKAMEの翼プロジェクトは、静岡県のふじのくに文化芸術振興助成事業の対象となりました。
皆様の支援のもと、KAMEの翼プロジェクトは、静かにゆったりと活動しております。

今年度は、静岡県(里山)と滋賀県(里海)を行き来します。
選考者は、成田侑未子さんと中村彩子さんです。


ー本年度活動内容ーf0215179_22362969.jpg

里山の自然と時が止まったような佇まいの中、ゆったりと、じっくり時を過ごしながら表現と向き合うレジデンス。時代の時象を敏感に感じながら表現に向き合う。今回は里山と里海を行き来します。

*ゆみこの心展 /  繊細な感覚が掴む心象世界。色鉛筆・水彩画、ペン画、デジタル画(成田侑未子)
*あやこの糸と線の織りなす日本の心展 / 織物、水彩画、色鉛筆画 (中村彩子)
*はないと小説『未来へ』/ 福島の桃源郷を思い、綴り描く(はないみほ)
*高橋匡太 光と影のワークショップ2014 / 里山から里海へKAMEの翼君が空を飛ぶ!(高橋匡太)
*フリートーキング / 高橋匡太(光と影のアーティスト)、渡辺幸重(ジャーナリスト)、片山通夫(フォトジャーナリスト)、はないみほ(エッセイスト)、中村彩子(選考者)
*サポーター交流会 / 里山の再生と福島を思い樹木植樹とお茶会(随時交流会は様々な催しを企画します)

―2014年度のこれまでの経過報告と今後の予定―


4月・・・参加メンバーの確定、依頼チラシポスターのプラン/丸山(イラストレーター)
7月・・・掛川市役所記者クラブにて記者発表、チラシ配布
  ・・プチ交流会・桃源郷の手入れと草むらの庭、山のキャンパスの庭鑑賞会&お茶会
8月・・・フリートーキング、サポーター交流会
9月・・・小説『未来へ』挿絵原画展と小説『未来へ』の語り会(はないみほ)
     高橋匡太光のワークショップ 2014年 / 里山から里海へカメの翼君が空を飛ぶ(高橋匡太)
10月・・・ゆみこの心展(成田侑未子)
   ・・プチ交流会・桃源郷の手入れと草むらの庭、山の庭鑑賞会&お茶会
1月 ・・・中村彩子作品展
2月 ・・・カメの翼君一座『影絵劇』/ 掛川のアゴラと琵琶湖のアゴラの子どもたちと一緒に上演。里山と里海を行き来する(静岡と滋賀で二回上演)
3月・・・山の再生サポーター交流会
_______________________________________________

フリートーキング&お話会のお知らせ

                 
テーマ: 「最近の社会状況について」
各々の立場から語っていただきたいと思います。

場所:「アゴラ子ども美術工場」静岡県掛川市千羽1679
    ℡:0537−27−1428
日程:8月10日(日曜日) 午前10:00から夕刻5:00まで

参加者:渡辺幸重(ジャーナリスト) 北岡和義(ジャーナリスト)井上脩身(ジャーナリスト)
高橋匡太(アーティスト) はないみほ(エッセイスト)中村彩子(選考者)
他 ___

 今社会は、当たり前にあった認識が変容されようとしています。 集団的自衛権行使、武器輸出、特別秘密保護法を中心に、たくさんの法律が現政権になって可決されています。それも知らぬ間に閣議決定されています。 消費税増税、法人税減税、 中小企業に対する税率問題、残業手当廃止・・・国民への負担が大きい政治と言えます。その変容はたいへん急ぎ足で、私達国民の民意が反映されていません。国民抜きの政治が動いているようです。
平和憲法があって、日本は戦争に巻き込まれずに戦後68年という月日を過ごすことが出来ました。
上記法案を急ぎ足に可決し、動き出したとき、日本は平和を維持できるのでしょうか。これは大人の問題ではなく、これから大人になっていく子どもに関わる問題となります。
福島の原発事故後の放射能問題も、もう終わったことではなく、今も収束せずに現実に汚染は続いています。その状況の中、子どもたちを取り巻く環境はどうでしょうか。経済のみが国を成り立たせているのではなく、そこに平和に安心して生きる人々の存在があっての国家です。子どもたちが心身共に健康に育まれてこそ、未来の日本は存在するのだと思います。子どもたち抜きの国家形成は、国の秩序を保つことは出来ないと思います。
     キーワードは“子どもと自然”

そこを抜きにした机の上の議論は、大変危ういと感じます。

 今回は、政治に近いジャーナリストたちに子どもが行き来し、自然豊かなこの場所に来ていただき、これからの日本の未来を各々に語り合っていただきたいと思います。
そして子どもの一番そばにいる親たちもこれからの子どもが生きる未来の日本を本気で思考してもらいたいと思います。

多数の参加お待ちしております!





///




[PR]
by polepole-yururin | 2014-07-21 22:10 | カメの翼プロジェクト | Comments(0)