ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

国会包囲と権力者の方便

小一のAちゃんとYちゃん。
郵便屋さんごっこするよって言って、庭のシロツメグサをとってきて部屋中にまき始めた。
「え〜!」私は驚いた。
先生は笑った。
「はい先生にも郵便!」Aちゃんは言った。
「何て書いてあるの?」って聞いた。
「ありがとうって書いてるよ。これをいっぱいいっぱいバラまくの。平和っても書いてあるよ。お花の手紙だからね」ってAちゃんは言った。
「本当に世界中に必要だね!この手紙。ありがとう」
子どもたちは笑った。
f0215179_10253226.jpg
f0215179_10255550.jpg











「逃げようとする日本人を同盟国である米国が救助で輸送している時、日本近海で攻撃があるかもしれない。このような場合でも、日本人自身が攻撃を受けていなければ日本人が乗っている米国の船を日本の自衛隊は守ることができない。これが憲法の現在の解釈です」と昨日安倍総理が発言した。
その国会の周りをたくさんの市民が取り囲んだ。田中ジャーナルより

特別秘密保護法可決のときと同じ空気だとこの記者は言ってる。
しかし、その空気にも負けず安倍政権は特別秘密保護法を可決し、公布した。
この様子は嘗てにもあった・・・もっと意識高い国民がつぶされた・・・
安保時代は、今以上に国会を市民が取り囲み大騒動になった。死者まで出た。
機動隊、警察が総動員されて、市民に催涙ガス弾を投げ込まれた。催涙ガスの元は枯れ葉剤に似た成分であったという。
その頃の活動を行った学生、市民は後に血の気の多い人々とレッテルを貼られ、政治犯的要素を植え付けられて私達の日常に消えて行った。
私のこどもの頃からの日常は、アイドル、博覧会、テーマパーク、新幹線、宇宙開発、おいしいごちそう、アパレル業界の飛躍的発展、バブル景気で猫も杓子も高級車を乗り回し、乗り換え、溢れ出る物質的豊さに埋もれた。
その日常の中に真面目さは毒となり、政治は重いものとなり、政治抜きでも我々はひょうひょうと生きているように錯覚をしていた。
しかし、その溢れた欲の泡は、人間の本質をも泡で覆ってしまった。
安保時代後自民党はこのような市民革命を恐れ、教育へ手を付けた。
それが意志を持たず、産業のために生きる子の育成である。
資本主義社会の正しさと、お金絶対主義の社会の形成。
徹底的にテレビ、新聞、雑誌の媒体により私達は成長した。
常識はテレビから発信された。
アイドルに狂う大人に異常を感じつつも、心理統制を大変学んだメディアが企業と国と手を結び、子どもたちから取り込んで大人たちをも連れ込んだ。
お祭りの紅白のもちまきのようだ。

戦争で精神と物質を奪われた日本は、物質に生きて行くために固執した。
戦中の思想統制から解放された日本人の意識はさまよい続けた。
個がなくなったさまよえる日本人は、示してくれる支持者が欲しかった。依存という生き方を強いられた国民性が選んだ道は、無くなった物質を与えてくれる政党だった。
それが自民党。
それでも戦争に苦しみ、戦争に異を唱えた正しき日本人はちゃんといた。
その日本人をつぶしたのが私が生まれる前の安保時代。
奇しくも福島第一原子力発電所が作られ頃のお話。
その原発が爆発した。
それが答えである。
バブルがはじけ、爆弾もはじけた。
えいじゃないかともうお祭り騒ぎで、今まで生きて来た道まで見失った日本国民。
アンデルセン童話のヘンデルとグレーテルのよう・・・道しるべに落としたパンを食べられてしまった感。
声を出さなければ埋もれてしまう。声を出さなければ届かない。
樹海の森は地場をも狂わす。
じっと目をつむり、耳をそばだて、水の音を聞け!
命の元は水なり。
福島原発からの汚染水が福島の地下水を汚染している。昨日の東電の方針は海に汚染水を流す方針という。
命の源の水の汚染をしてまでも原発を稼働し、武器をもって他国へ武力行使するとする安倍政権はもはや日本国民側にいない。
それを黙り、流され生きる人々は、どんな未来を想像し生きているのだろうか・・・
思想統制の出来上がりとも言えるのかもしれない・・・
思想統制にされず生きる方法は、メドゥーサの目を見ないことだ。
そして命の水源を探すこと。そこには川がきっとある、そこを道として行くこととしよう!
そうすればきっと道が現れる。獣道かもしれないが、これが本当の生きるための道なり。

朝ドラの「アンと花子」人気あるというが、私にはグローバル化を推し進め、軍国主義への意識を少しずつ私達に刷り込んでいるとしか思えないが・・・
そのナレーションを担当するのが美輪明宏氏である。
彼の意識は、今でも被害を被った国民側でいてほしい。

美輪明宏氏曰くー

「わたしは原爆にあっている人間ですし、戦前、戦後の両方の時代を知っています。戦時中の一番の問題は、軍人たちに国を預けてしまったことです」

「軍人たちは、平たく言えば会社の用心棒、あくまでガードマンです」

「そのガードマンをいきなり社長や会長に・・・なにもノウハウがないのですから、うまくいくわけがありません。それなのに、日本国という会社は、用心棒たちに経営をまかせてしまったのです」

「ですから、新しい憲法ができて、とにかくよかったのは、「戦争を放棄します」ということでした。これを聞いて、私は少年でしたが、本当に跳びあがるほど嬉しく思いました。もう逃げ惑う必要がないんだと」

「9条を改悪する必要なんてありません。今の政治家は戦時中の軍人と同じです。そういう連中が、憲法改正、改正と言って、また日本を戦争にひきずりこもうとしている。彼らこそ非国民です」

「鎖国の時代でもないのに、こんなに日本が戦争にひきずりこまれることなくこられたのは、憲法に守られてきたからです」

「正義の戦争なんてありゃせんのですよ。最近、「次は徴兵制度でしょ」と、私は言うんです。いいじゃありませんか、自分の夫が、ボーイフレンドが、わが子が、孫が、家に帰ったら赤紙一枚で出征させられて、それは死を約束されているわけですからね」

「また戦時中と同じように、日本中が老人と女子供だけになればいいんです。自分の恋人を殺して、子供を殺して、孫を殺して、さぞかし満足でしょうよ。みんな、全部他人のことだと思っているから平気でいられるのです」

「私がどれだけ悲劇を見てきたか――。汽車のデッキに立って出征しようとしている兵隊さんを、「死ぬなよー、帰ってこいよー」としがみついて見送る母親が、憲兵に引きずり倒され、ぶん殴られて、鉄の柱に頭をぶつけて血を流している」

「それを死地に赴くために出征しながら見ている子供の気持ち、どんなだったろうかと思います。戦時中は、そんなことばかりでした。またそれが始まろうとしているのです。それが戦争です」

「与党や野党の一部を支持している人たちはみんな、男たちのいない世界を作りたいのね」

「みんな戦争の正体をしらなさすぎます」

(「憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言」) http://amzn.to/RaP28y

「日本は石油も鉄もニッケルもない。もともと戦争できない国なのに、根性、根性、根性――。根性なんて何の役にも立ちません。軍部は知力がなく、非科学的。日本人は野蛮人だった。その愚かさの結果が原爆ですよ」

(2009年8月7日 毎日新聞)


大事なことを伝えています。ローマさんのブログのそこからまた新しく平和を考えていらっしゃる方のブログへ。

ps:メドゥーサとはギリシャ神話のメズサ。メドゥーサの目を見れば石にされてしまう






・・・
[PR]
Commented by junko at 2014-05-16 22:19 x
Ciao yururin さん
リンクしてくださってありがとうございます
なにか起きる度に前回の非常識を遥かに越えているので、毎回その酷さを表す言葉と発する気力を失いそうになる自分がいます
福島収束さえままならないのに、福島無視して、そこから派生する問題無視して、海外に原発を売り、アンダーコントロールだと大嘘ついてオリンピックまで誘致し、もうそれだけであり得ないことだと私は思っています
まるで映画のヒーローに敵対する悪役が悪巧みをしかけているかのようなストーリー
でも、映画の中のお話でもないし、それを阻止してくれるスーパーヒーローもいないのです
政府は国民の必死の叫びも無視している
これ民主主義ですか?
じゃないですよね?
独裁政府です
> 根性なんて何の役にも立ちません。軍部は知力がなく、非科学的。日本人は野蛮人だった。その愚かさの結果が原爆ですよ
まさに美輪さんのいうとおり
その知力の欠如した野蛮人の政府が現在の政府そのものです
だから国民一人一人が覚醒しないとまた同じ過ち、いや前以上の過ち犯すようになる気がしてなりません
Commented by polepole-yururin at 2014-05-17 11:47
junko さん、ほんとうにそうですね!安倍総理は誰の声も聞きません。野田さんよりひどい。野田さんは躊躇する顔をしていましたが、安倍総理は、誰かに操られているような作られた感じですね。役割遂行するための人ですね。じゅんこさんのいうように、映画ならいい、けれど、これ現実です。誰かがしかけたのではない、自民党が戦後ずっと作って来た社会の行き着いた現状と、それを正すことせず、誰かに渡している、
テレビからこの政治家の状況を批判する情報が流れないことじたい、作られている。それに国民は世論を作らないと!ごまかすことが出来ないくらいの世論の形成が必要!ヒーローは個人一人一人なんだということを皆が感じてくれたらいいのにと思います。
by polepole-yururin | 2014-05-16 10:32 | 政治(思う事) | Comments(2)