ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

あれから3年・・・

3年前も知っているオオイヌノフグリ
f0215179_23414282.jpg

2011年3月11日から三年が経った。
震災に遭われた人はどうなったか、そして復興は着実に行われているのだろうか。
三年経っても東北は、阪神淡路大震災の時のように新しく建物や道を建設していくことが復興へとつながるという具合にはいっていない。
原発事故は収束していない。
ましてや汚染水は大量に地下水にしみ込み、海へと流れ出ている。
その情報が新聞に小さく載るだけで、その後様々なニュースにかき消されてしまう。
放射能汚染はいわゆる核汚染であり、被曝である。
1986年ソ連がチェルノブイリの原発事故を起こした。そして1991年ソ連が解体した。
嘗ては世界の二大勢力・米ソと言われたソ連が、国際社会から非難を受け、衰退していった誘因はチェルノブイリ原発事故だったと言う。
27年経った今も部厚いコンクリートで覆われたチェルノブイリ原子力発電所からは放射能汚染が続き、老朽化しているコンクリートをさらに覆う作業が必要であるというニュースが東日本大震災当時に聞いた。なんとも、人間が手に負えない代物を操り間違った結果の結末である。
それが日本で起き、3年経った今なお原発はむき出しの状態である。
放射能は漏れ続けている。3年経っても収束せず、原発労働者は、今も線量の高い原発で危険な作業を続けている。
そんな状態であるのに、フクシマ原発から20キロ圏の町は帰還解除が出た。チェルノブイリ原発事故によりたくさんの町が廃墟の町となった。そして今なお人は帰還しておらず。
ソ連と日本の差は何処にあるのだろうか。
震災後日本は、原発事故に対して行った民主党の政治に怒りを覚え、各地で抗議デモが起こった。そしてこの日本は脱原発の道を辿り、東日本の被災された方々への絆を大事にする民衆第一の優しい国を表現していた。
しかし野田政権は、ベトナムに原発輸出し、TPP受け入れに譲歩、被災地への対応の遅れなど政治は不安定になった。
国会で自民党が民主党に猛烈批判しあたかも救世主到来とでも言いたそうな演出で野田政権を解体させた。そしてねじれ国会はなくなり、自民党独裁政権+公明・維新と変わってしまった。
救世主と誰が思ったかは定かではないが、返り咲きした安倍政権になってからというもの東北の復興の話は遠い話となってしまった。原発もインド、イラン、各地に原発を輸出し停まる事をしない安倍総理。
脱原発も頓挫した。
「アンダーコントロール」と放射能の被害ももうないと国際社会へ言い放ち五輪誘致をもたらした。
そしていつの間にか秘密保護法が公布された。集団的自衛権の問題にどんどん踏み込んで憲法解釈を総理と少数の自民党議員で決めて、国会での答弁も曖昧にして議論せずにすり抜ける。
テレビも新聞も本当を報道しない。
報道しても他のニュースを入り交ぜて本筋を国民に伝えないように歪曲させているように思われてならない。
今日本には本当の情報を知る機会さえ無くなりつつある。
内閣が独走し、三権分立も機能していないように思われてならない。

震災は人々の心をめちゃくちゃにした。
大事なたくさんの命を失い、家を失い、財産を失った。そして原発事故は生きる意欲を奪い去った。
そして差別を作り、怯えを作り、互いが信頼する心を奪い去った。
嘗て明治維新の時、京の町に、民衆はえいじゃないかと踊り狂った。
そのどさくさまみれの心の錯乱の最中に長州・薩摩の新政府が誕生し、日本人の信仰をつぶし戦争の国へと突入していった。
震災後私達民衆は混乱している。しかし政治を動かす人たちには、復興も原発事故も現実からはほど遠い紙面の上で起こっている出来事である。
震災という混乱こそが、権力者の狙い目なのである。
そこをこの三年嫌というほど感じた。
今だから情報操作に惑わされず、心清らかにして、状勢を読む目を持つ事である。

私は震災当時から女川へサポートに行った。そして節目ごとに女川の方々に心を送った。その心が本当に彼女らに届いているのかはわからない。けれど、私は被災地を忘れないこと、大事だと思うことが明日を作ると信じている。
その明日に今年新たな存在が加わった。フォトジャーナリストの片山さんと若き僧らのお経ライブ。
女川の町は未だ更地の状態であり、皆まだ仮設住宅に住んでいる。
明日への希望を奪うのは誰か、そして明日という希望を持ち込むのは誰か・・・。
そう問いながら、心を持ち合わせ未来ある日本を強く思う。
[PR]
by polepole-yururin | 2014-03-11 23:42 | 思うこと | Comments(0)