ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

amazarashi(あまざらし)再び

f0215179_23371735.jpg

今、いろんな事が今までとは違った見方で見えてくる。
今まではこんなもんだとか、自分の日常しか見なかったというか、物事のあり方が言われたままにひかかりなく聞き流していたのかもしれない。
3・11後、震災一ヶ月後の被災地へ行って、あの状況を目の当たりにしたからなのか、・・・原発事故が起こり、原発と原爆の違いを強調してきた大人たちのメッキが剥がれた・・・だからなのか・・・
私の中で何かが、変わった。
そして、今まで世の中は昔よりはいい状態になっているんだって思って自分に言い聞かせ生きてきたが、その言聞かせが自分にもはや通用しないまでに、事の重大さに身体が揺さぶられた。
民主党の時代、その大きな出来事によって、声を持ち、思考する国民に少し動いたのかもしれなかった。が・・・政権変わって、安倍自民党は、恐ろしいまでにこの社会のしくみを変えようと動き出した。
社会のしくみといわれると聞こえはいい。特に飽和状態になった日本経済にとっては、本当にプラスに転じる方法だと思ったのだろう・・・お金中心に動いている人たちにとっては特に。
けれど、その社会のしくみ変えは、特定の企業が喜ぶしくみ変えであるのだから、とんでもね〜・・・
そして自民党や、特定の政治家、官僚にとって権力を守り続けられるしくみ変えだから、とんでもね〜・・・
終いには戦犯さえも幻で、認識違いだという、日本の第二次世界大戦への介入を、正当化しようとする。事実をもすり替えていこうとするこの行為は、とんでもね〜以上に異常である。
新聞では、安倍総理が原発セールスマンになって各国に売っている。
大変成績のいいセールスマンのようだ。
日本がやらなくても他国が、原発セールスする訳だから、先手をとって売りまくる。日本が放射能汚染で、やられていてもお構いなしである。
安倍自民党にとって原発事故は、関係ない。
放射能汚染ってあったっけ?情報をどんどん流してしまえばいい、流し続ければ、すべては風化し事は忘れる。放射能は、見えないし、風評被害って言葉で押さえつければいいんですよ・・・そんな声が聞こえてきそうだ。
今、1986年に出版された子ども向けの本「社会・未来・わたしたち」のシリーズ(岩崎書店)を読んでいる。
きっかけは、無農薬・有機栽培で、作物を作り、牛を飼っている牧場主から農業のこのシリーズの本をお借りしたからだ。
なぜ農業が衰退し、日本の食糧自給率が低いのか、・・・その事について私の子どもの頃すでに語っていた。
そして未来をこうあってほしいという願い・希望をあとがきに寄せていた。
先進国と発展途上国との関係性と戦前戦後打ち出してきた法案が、誰のために保護されたものなのか、生きる事が誰かの犠牲によって成り立っている事・・・その事をちゃんと指摘していた。
あの頃から危険視されていた規制緩和による自由貿易・・・いまやそれがTPP。(TPPとはTrans-Pacific PartnershipまたはTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreementの略称で、環太平洋経済連携協定、環太平洋戦略的経済連携協定、環太平洋パートナーシップなどと訳される。)パートナーシップって言葉の意味とはかけ離れた協定だ。
が・・・、とうとうTPPが成立するんだよ、このままでは・・・
政府は、農業の事なんて本当は考えていない。
国民の事も考えていない。一部の国民だけ・・・
安倍総理は、国民の平和を全然見ていない。あの方を見ていると、ファシズムと言う言葉を思い出す。
第二次世界対戦で、イタリアのムッソリーニ、ドイツのヒットラー、日本の・・・あの方たちのやった事はおおいに批判され、撲滅させたのではなかったのか・・・
おおいに嘆く・・・。
そしてまた聞いた、あの曲を・・・amazarashi「古いSF映画」を。
無機質な世界。
今安倍総理が動いている社会のしくみ変えは、「古いSF映画」のような世界を作ってしまうかもしれないんだ。もっともっと先のような話であるようで、もうすでに原発事故は起き、既に原爆を投下され、核兵器だってもってるんだ。被害を被っている人や動植物、あらゆるものに異変は起きているんだ。
遺伝子組み換え、様々な薬・・・そういう科学の進歩というものは、今その被害がまだ見えていないだけなんだ。
SF・・・サイエンス・フィクション 
このままでは福島の原発事故のようにフィクションがノンフィクションになってしまう。
僕らが信じる真実は 誰かの創作かもしれない
僕らが見てるこの世界は 誰かの悪意かもしれない
人が人である理由が 人の中にしかないのなら
明け渡してはいけない場所 それを心と呼ぶんでしょ
僕らが愛した故郷が 殺されてしまうかもしれない
僕らが待ってた未来は 誰かの筋書きかもしれない
人が人である理由が 人の中にしかないのなら
受け入れてはいけない事 それは君自身が決めなきゃ

amazarashi 「古いSF映画」は、3・11後に作られた曲だ・・・
人である理由が人の中にしかないのなら明け渡してはいけない場所 それをと呼ぶんでしょ
どんな理由があっても、心を失ってはいけない!

[PR]
Commented by sidediscussion at 2013-06-18 12:21
そうか安倍は原発のセールスマンと言えば、一番相応しい。
どうにかならないのでしょうか。
破滅にゆっくり自ら向かっているように思えます。
Commented by polepole-yururin at 2013-06-19 08:40
sidediscussionさま、そうですね、私もあの方の動きを毎日テレビで流れて、悲しくなります。あの方の知人、家族が福島の状況に合われていたらどうなんでしょうか。でも実際は既に避難させているでしょうし、生活もちゃんといやというほどの補償を与え、海外に・・・という事も出来るのでしょうから、あくまで弱い国民の気持ちにはなれないのでしょうし、日本がこんなに被害を引き受けている国であり、自然・故郷を感じる場所が無くなる危機意識も見えなくなるんでしょう。人は今自分がやってきた事や思いつきが、たとえそれが本当はすごく狭い視野から考え出した発想だとしても、実現できるという感覚をもった時、一か八か動こうとする人が多いのかもしれません。特に人参ぶら下げられて生きてきた競争社会の中で生きてきた人は、危うい。広い視野で考えられないんです。ブルジョワ意識がなせるわざ・・・
by polepole-yururin | 2013-06-17 23:28 | 思うこと | Comments(2)