ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

「八重の桜から」・・・福島は今どうですか?

f0215179_0324359.jpg

NHK大河ドラマ「八重の桜」を録画して観ている。
昨日の「八重の桜」をひさしぶりに観てとうとうここまで来たのか・・・って状況だった。
徳川慶喜は、勝海舟がいう江戸城の無血開城に従い、江戸城を明け渡す。
会津と徳川の主従関係は、二代将軍徳川秀忠の四男・保科正之を藩主とした頃から始まる。
保科正之は、徳川のために忠義をつくすと家訓にも書いている。
儒教を重んじる武士の世の中では、忠義が一番大事であり、長男が一番であり、御家のためという大義名分で、ほとんどの事が形成されていた。
九代藩主・松平容保は、八代前の保科正之の言葉で、徳川慶喜に徳川を警護しろと命ぜられ、そのまま京都守護職に任じられて、鳥羽伏見の戦いで敗退した。
その後会津をがんじがらめにした慶喜は、無血開城で将軍の座を退いてそのまま隠居の身になる。f0215179_033521.jpg
雇われ将軍が、会津の意志さえ、奪い取り、徳川を守る盾としてさんざん利用し、最後にいなくなる。
しかし、薩摩、長州は会津を敵と見なし、最後の最後までつぶしにかかる。
白河がやられた・・・昨日の場面。
会津は、翻弄された。
会津戦争と言えば、白虎隊も悲しい最後をとげた。なんだか第二次世界大戦の特攻隊のようだ・・・
会津藩はその後解体され、青森の津軽の方へ移転を命じられる。
青森の津軽と言えば、六ヶ所村があるところ・・・原発の最終処理場となっている場所である。
青森に移った会津の方々は、やせた荒れた土地を開墾し、新たに再出発した訳である。
が・・・この場所も100年ほどで、日本政府の命で、日本のいらないものを最終的に引き受ける場所となってしまったのである。
そして会津は、会津でこの日本で初めての原発の大惨事が起こった場所となったのである。
事を動かす政府は何ら傷を負わない。役職を辞すだけである。
被害を被るのは、忠実で正直な人間ばかり・・・
おい!政府は誰のために動いているんですか?
誰のための政治ですか?
明治維新、新政府軍は、徳川の出来上がった独裁政治をつぶし、開国を主張し、西洋に学べと武力行使した。が、しかしその新政府である薩摩・長州が舵をとり行った政治は、王政復古である。
新政府は、大日本帝国憲法を作ったが、その憲法は、ドイツのビスマルクの考えに賛同したものだった。
つまりフランスやイギリスは市民革命が起こっていたため、市民が政府より力を持ってしまってはいけない、ある程度の市民への抑圧を持たせていたビスマルク率いるドイツの憲法を取り入れたのだそうだ。
明治維新の発端は、下級武士だった西郷隆盛も、大久保利通も木戸さんも伊藤博文さんも・・・上級武士への氾濫が発端だったろう。本当に国のために動く人だったら、もっと民のために大日本帝国憲法が作られても良かろうもんだし、武力行使で事を進めることで国を征服した彼等にとって、もっと強く!我こそは!って思想がわき上がってきただろう・・・。
そう思うと本当にお粗末なもんだ、政治家ってもんは・・・
政治家さん、あなたも一市民であり、私たちと同じ人間であるのに・・・
勝ってしまうと・・・権力をもってしまうと・・・人間は自分が何様だと言う事が見えなくなるようだ。
ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」の世界である。
どんなに弱い人間も知らず知らずに諂う人間が周りに存在すると、自分が自分では無くなり、名前さえ忘れてしまうもののようで・・・
今政界で動く人たちは元の自分を忘れてしまっている。
何者でもない一市民であり、一日本人である。
それなのに、福島が今もなお大変な状態なのに、原発を売り、六ヶ所村の核廃棄物処理ともんじゅへの予算を盛り込み、TPPを押し進め、グローバル化を強調し、一握りの権力者のためだけの政治って本当にありですか!?
グローバル化って、本当にいい事なんだと思いますか?
またそのことについてはいつか触れたいと思っていますが、今の政治は、「八重の桜」の時代と同じように思うんです。
誰かに責任や被害を押し付けて、豊かな場所や人の営みをめちゃくちゃにして、強い国日本といい、憲法改正をし、武力行使にも踏み切りやすい法に変えていく。TPPを押し進めるために法を変えていくんです。国民番号制もそうだし、マスコミへの圧力もそうだし・・・
食の安全、医療の安全、思想の自由、生活の安全さえ守れなくなるんです。
どうしようもないものを会津に押し付け、取り返しもつかない方向へ進む政府の動きに異をもしもっていうるのなら、いつまでもその異を持ち続けていきましょう。f0215179_0392878.jpg
安倍自民党らと同じ大人である一市民が、ちゃんと子どもの将来を見据え、守る事が歴史の繰り返しを阻止するものと思うから〜。
今日も山にレンギョウを植えた。
福島の桃源郷をいつも想像し、ピンクの桃の花と黄色のレンギョウの光景を思った。
自然の循環を考えていたという飯館村が今、人が入れなくなってしまった。
あの人たちの作り上げた営みは、何処に行ってしまったのですか?
桃源郷はやはり幻・・・?
いやちがう!桃源郷は本当に現実にあった。そして今もあり続けている。
大事な場所を守るのは、政府ではなく、私たち一人一人の意志と行動なのだと思います。
良ければこれも読んで・・・
[PR]
Commented by Kっちゃん母 at 2013-06-16 16:15 x
八重の桜、最初は見ていたのですが、保科さんの家訓を利用されて、会津が巻き込まれてくのが辛くなっちゃって見れなくなっていましたが、やっぱり目を背けないでちゃんと見なきゃなって思いました。会津の精神を大切にしたいですね。夏の展示、楽しみにしております。
Commented by polepole-yururin at 2013-06-16 21:32
Kちゃん母さま、そうですね、いやになりますね。昔の私なら複雑になっていく時代背景に敬遠していきそうですが、年でしょうか・・・坂本龍馬を見てから攘夷の意味もわかってみれるようになりました。震災に支援にいったからさらに今は会津について知らなければ…と思います。それに八重は看護師にいずれなっていきますから、興味深いですしね。
ただ、封建的な社会と今では少し考え方が違いますから、同じ認識でははいんだよな〜って思い見ています。夏の展示・・・ありがとうございます。カメのブログ見たのかな?はい、私なりの作品を表現します。テーマは心です。心○ちゃん、○心ちゃんですね。
by polepole-yururin | 2013-06-11 22:41 | 思うこと | Comments(2)