ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

アンテナを高くしておこう!

f0215179_8513420.jpg

南海トラフ巨大地震の想定被害総額が出たらしい。
200兆円を超えるという・・・
そのために防災対策を!という構想に、何となく違和感を覚える。
こんなに被害大きい地震が起きた時、防災対策強化として耐震工事や免震、様々な工事が必要というが、その前にもっと怖い話があるじゃないか。
福島の原発が事故によって未だに収束しない放射能漏れ・・・今日のニュースにはそれがネズミの仕業だったらしい。
ネズミによって漏電し、停電そして冷却水がうまく動かなくなった。
東電は大丈夫というが、もう危険と言う意味が麻痺している。
ネズミが原発に入って漏電し、冷却水が作動しないことが安易に起こること自体もう、科学がどうのこうのという問題ではない。
福島原発が事故によって小動物が出入りしやすいずさんな状況になっているのだろうが、その他の原発だってその問題が起こらないとも限らない。
また福島はもう事故が起こっていて、これ以上とんでもないことが起こらないとしているのか、今そして今後の危険性を伝えない。
その事故が起きているのに、南海トラフ巨大地震の問題点を耐震に重きを置き、危険を排除する構想をしない国や県、自治体の思考は間違いだらけだ。
おかしいってことは、子どもだってわかる。・・・いや大人だからわからないのかもしれない。
原発を停止することで、お金の出入りがかわるからだろう。
耐震工事や地震に強い都市計画とかいって、安全という言葉と危機意識を前に出して、土木建築、公共事業がどれだけ今大事かをいい、正当性を国民に唱えているだけじゃないのか。
人間は、自然の驚異に勝る訳がない。
これは歴史が伝えている。
どうして、頑丈な物質を作り出し、自然に抵抗しようとするだけなのか。
もっと自然の警告を真摯にうけとめ、危ないものには手を出さず、壊すことと作り出すことばかり考えず、大事なものを守りつつ、共存することを選択しないのか。
自民党になって世の中はどんどん昭和のにおいをまき散らし、あのときの余韻に浸る雰囲気が漂っている。
バブル、高度経済成長、日本は強かった・・・あの時に戻ろうとしている。
だって今の自民党は、戦後の自民党の二世、三世だから・・・
戦犯に問われつつも、なかったように今もここに存在する人たち。
そしてその声を子どもの時に聞いていた(おじいちゃん、お父さんが語っていた)今の政治家たちが、今の日本を動かしている。
戦争さえ間違いでなかったかのような思想が、この日本には存在する。
国会は今や国会の意味をなさず、権力者のたまり場だ。
誰も言わない・・・こんなにも日本はお金で買われた人たちの集まりなのだろうか。
f0215179_83364.jpg

今日も教育について新聞に取り上げられていたが、強き日本とは、詰め込み教育をして勉強ができる人間を育てることで強化されるという思考は最も危険である。
子どもたちへ教育をさせる親たちは、学歴を得て勝ち組になることで、社会での安定層にいられ、これが幸せな生き方だと思っているように感じる。
中学にいけば当たり前のように塾通いをさせ、できるだけ成績の順位を上げさせ、受験校へ入れることが自信の源となると親は信じ、教師さえもそういうふうに線引きしているようだし、子どももその大人の対応に、世の中を生きる術はそういうことなんだと感じてしまう訳である。
競争についていける子どもはいいが、ついていけない子は、どうするか・・・だんだん学校がおもしろくなくなるだろうし、自分の価値を大人の目線で決めつけてしまう。意味があるか、ないか、自分の存在価値さえわからなくなる。
昔、教育で競争原理が行き過ぎて、大阪の池田小学校の事件やいじめ・・・いろいろ歪みが生じ、これではいけないとゆとり教育に変換させた。
しかし学力が低下して失敗した。
そしてちょうどゆとり教育前の詰め込み教育を強いられた私たち親世代が、私たちのときの教育に戻すべきだと動き出した訳だ。
でも私たちの子どもの時とは違い、IT産業が蔓延し、時間の使い方も変わった。美術、音楽、家庭科等の時間はほとんどなくなった。
ゆとりというものは、私たちの時代とは比べ物にならないくらいになくなっている。
その状態で、教育をどんどん強化すれば、登校拒否、心の病、引きこもり、いじめ・・・様々な問題はもっと増えるだろう。
ついていけないことが弱いのではない。
感受性が強く、この世の中に違和感を覚えるから身体が警告を出しているだけだ。それに、学校で勝ち組とされる子は、あたかも大人の前ではちゃんとしているが、このゆがみがどこか弱いところに吐き出しているのだ。それがいじめなのだから・・・
この現状は、アメリカにおいてはもっと顕著に現れている。
ブッシュ大統領が、落ちこぼれ0政策をとった後、子どもたちはどうなったか・・・下級層の子どもたちは行き場をなくし、軍隊に入隊し(アメリカは職業軍人だから)、イラク戦争に行った。
戦争は人を殺し、相手の大事なもを奪っていく。
その片棒を担ぐ人となっていく。「よくやったと」と国に褒められる英雄になる。
「落ちこぼれが初めて褒められる、英雄と褒められる。」とある本でアメリカの現状を語っていた。(日本の自衛隊も公務員であり、職業軍人である。今や日本は自衛隊を国防軍に仕立てようとしている。これは軍隊と同じではないか・・・。)
幕末、攘夷を言い、倒幕派を滅多きりした「人切り以蔵」こと岡田以蔵は、土佐藩の武市半平太に尊王攘夷のためだと言われ、人を殺し、そして褒められた・・・
力を持ったものは、手を汚さず、純粋な人の手を汚させてしまう。
そして手を汚した人は褒められ役に立ったことで、そこに自分の存在価値を見いだしてしまう。
今自民党が動かそうとしていることは、アメリカの物まねだ。
アメリカの格差社会がどれだけたいへんか・・・アメリカンドリームばかリ前に出して強きアメリカを謳っているが、イラク戦争の間違いを正すこともなく、今がある。
ブッシュ大統領も二世である。ブッシュと今の日本の首相はよく似ている。生いたちも、目指すことも・・・・
9・11後「愛国者法」を作ってしまったブッシュ。その後のアメリカは思想の管理が厳しくなった。
日本において憲法改正、教育の改正・・・様々なことは、民主主義からはかけ離れた封建的とも独裁的ともいえるような社会へと動く前触れのように思われてならない。
高揚する首相の発言の奥には何が隠されているのか、一国民はちゃんとアンテナをたててキャッチしてほしい。
f0215179_17105992.jpg

2013年3月11日の夕日
落ちてゆく太陽に向かい火の鳥が飛んでいくように感じられたこの光景。
手塚治虫氏の「火の鳥」をも一度読もうか・・・
手塚氏は「アドルフに告ぐ」とか「ネオファースト」とかさまざまな漫画に思いを込めた。
手塚氏が見て感じた社会をフィクションといいつつ、今思えば本当は漫画での話はノンフィクションなんだと実感する。
今は亡き漫画家(「はだしのゲン」の中沢啓治も)、作家(「故郷」の水上勉も)、様々な表現者は、見えない思想の統制された社会の中で、未来の私たちのために精一杯伝えていたのである。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-21 10:23
南海地震予測で無力感を煽り、その間に原発稼働、教育格差、労働市場の流動化(首の横行)、、憲法改悪、、この際全部やっちまえ!
いよいよほんとに恐ろしい覚悟が必要になって来たかのようです。
Commented by polepole-yururin at 2013-03-22 08:44
saheizi-inokoriさま、ほんとうに、恐ろしいです。
自民党のやっていることは、本当にあぶないことしていることに気づかない・・・どうしてでしょうか・・・ヒトラー・・・???
Commented by tonkoid at 2013-03-22 18:27
yururinさん
ご無沙汰しておりました。
しのぶの里へのコメントありがとうございました。
そうですアンテナを高くしておかねばなりませんね。
少々くたびれてしまった今日この頃ですがyururinさんのブログで色々学ばせていただいております。
詰め込み時代の子供の親でしたので、
今 四十代の娘から色々あの頃の不理屈だった教育に批判されております。

第一原発では一つも前進せず緊張の日々の中でストレスアップ どうしょうもないですね。

里山の暮らしを取り戻したい福島県民
わたし達の当たり前の生活を取り戻したく
福島人権宣言賛同の一員として少しですが活動しております。
Commented by polepole-yururin at 2013-03-24 20:16
tonkoidさま、そうですか・・・応援しています。
福島のことを思い、アゴラの裏山に植えた桃、ネクタリンが今花を咲かせています。まだ小さいですが、いつか桃源郷を夢いています。福島に対して今本当に考えていかないといけませんね。
Commented by noreizoko at 2013-03-25 00:18
違和感感じますね〜。新たなビジネス的な。しかし、これ起きたら、昔と違って国際社会の今、国として持たなくなるんだろうか・・・。
Commented by polepole-yururin at 2013-03-29 09:36
noreizokoさま、ほんとうになんでもお金と絡んでしまいます。
ちゃんと目をあけて社会を見ると、吐きけしそうなくらいの人間像が見えます。当たり前の方程式がここまで歪んでしまうとは・・・本当にちゃんとした大人はいないのか・・・ため息ばかりです。
by polepole-yururin | 2013-03-21 08:51 | 思うこと | Comments(6)