ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

素のままで・・・

f0215179_11291226.jpg

正しさって何だろう?
優しさって何だろう?
その事をちゃんと話せる大人っているだろうか?
中学生のある子は、先生によって対応の仕方を変えてる。
あの先生の前ではこうする。見た目が大事。
それを起用にこなす生徒と不器用な生徒。
内申点はここで左右される。
最近は内申点で高校受験が決まるそうだが・・・
勘違いされる子どもが多い。
いやな先生に好きだと言う態度が取れなくて当然で、そのいやだと言う態度が表に出てしまう。
大人はそれはそういう態度を示す子どもが悪い。大人になってこういう事が当たり前だから、中学生になったらそういう大人に習い賢い子どもになりなさいという。
どうなんだろう?
大きな目線でみれない大人の幅の狭さが問題であるのに、人によって対応を変えられない子どもが悪く、アホなんだという。
器用に生きる事ってどういう事?
その器用に生きた大人がまさに政治家であり、表と裏の顔がある。
その嫌らしさを嫌というほど味わっている国民である一人の大人が、それと似た事を日常でやっている。
その日常にわんさか溢れている化かし合いがある社会に、大人一人一人も打ちのめされてストレスをためているこの日本の社会。
そのストレスが、うつなどの精神不調を来たし、家庭内の問題をおこし、様々な病気を生み出し、…それさえ見えず、仕方ないこれが社会だと動いている管理社会。
子どもに何を伝え、何を夢だと語るのか?
うまく生きる生き方は、他人の前で顔色を変えるカメレオンになる事ではない。
まず疑った自分自身の非を認める大人がいてこそ、次がある。
単純に間違いをきたしたらごめんなさいという。
自分が出来なかった事を誰かがしたのだとすればありがとうと感謝する。
それさえ出来ない大人が増えて、自分の正当性だけを主張する。
ばつが悪かったら知らないとか無かった事にする。そんな大人の多い事。
その大人の社会に近づける事が子どもたちの将来の希望だとすれば、これは本当に悲しい事だ。
将来お金に困らない職種につけて、優位に立てる位置に存在する事がうまいいくことだと何となく考えている大人がいて、その側にいる子どもは、そんな大人に褒められようと努力する。
それがその子の存在意義だと感じるからだ。
もっと素でいられる、そのままの君を認めてくれる大人っていないんだろうか?
私は素のままの君を大事にしたい。
そして素直にごめん、ありがとうと言える君が大人になる事を願います。
[PR]
Commented by tonkoid at 2012-11-01 17:46
yururin さんのようなお母さんに育ててもらったお子さんは本当に幸せ者ですね。
Commented by polepole-yururin at 2012-11-02 08:25
tonkoidさまおはようございます。
ありがとうございます。
いい母親ではないかも・・・ただ素直に生きる事を伝えるだけです。でもそれって人によってはいい加減だとか、しっかりしていないと言われそうで・・・。不器用な子どもたちがでも私が好きです。我が子であろうと他人の子であろうと。
Commented by kinnnikumans at 2012-11-06 10:02
本当ですね。ゆるりんさんのおっしゃる通りだと思います。
誰かを理不尽に苦しめて、
成り上がっていった人をすごいとは思えません。
本当に賢くて、苦労をしながらも、
お金持ちになれる人もいます。 なんか変な日本語ですが・・・
なんというか、、、自分次第ですよね。
今の政治家はいい印象全くありませんが、
あの方々も何も考えていないわけでもないとは思うのです。
きっと本人にしたら一生懸命で?忙しくて・・・?
でもその力の注ぎ方がおかしいから違和感を感じます。
私は政治家だから、~だからと皆を一緒に
する言い方はちょっと自分は嫌なのですが、
そういう事を言えば言うほど、そういう職業に就きたいと
思える子も少なくなっていくような・・・
この人のこのやり方がおかしいと、はっきり、
そうすれば、子ども達も 自分達が変えていこうと
また思ってくれるかもしれませんし・・・
Commented by kinnnikumans at 2012-11-06 10:03
私の祖父は自分が戦争で死にかけて、お医者さんに助けてもらい、
本当に感謝して、そこから勉強しなおして
お医者さんになりました。これは並大抵の努力ではなかったと
感じています。 最初は大学病院にいましたが、
お医者さんの少ない田舎に引っ越しをして そこの人達と
温かい交流をずっと続けてきた人でした。
でも母は「医者の娘だからさ・・・」と知らない人には、
いつも言われて、ものすごく嫌だったそうです。
だから私はそういう言い方はできないんです。
政治家の子、ああいう家の子、あきらめないで
もし、悪い道に、考え方に染まってしまいそうになっても
どこかで違う大人が正しい事を教えてあげられるチャンスを、
それがあればなぁと、それは感じます。
って話がそれてしまってすいません(><)
Commented by kinnnikumans at 2012-11-06 10:04
だからちょっと?と私なりに感じる事があったりしたら。
ゆるりんさんがおっしゃるような子と話す機会をもつように
私も心がけています。。。
でも、これも小学生だから出来ることで
以前もゆるりんさんおっしゃっていましたが
中学生、高校生になってくると 実際は難しいですね(涙)
Commented by polepole-yururin at 2012-11-12 08:54
キャラ弁さま、お返事遅くなりました。
おじい様の話大事な話ですね。
医師である意味が昔とは変わってしましました、今は・・・。
勉強できるから医師になる、弁護士になる、教師になる・・・・
勉強できることと人間性は違います。
確かに何も知識ない人が人の命を左右する職業につくことはだめですが、知識あって、その目の前にいる人の気持ちを汲める人でなれればダメだと思います。どんな職業も・・・
情緒、優しさを置いて優秀、秀でることを優先にした学び、教育からは、ちゃんとした人を生れません。その教育を受けた子供が大人になってまた子供たちとかかわること…この連鎖が起こっていることを今本当に感じます。
Commented by polepole-yururin at 2012-11-12 09:00
キャラ弁さま、続きです・・・
私世代よりも母世代の方が人情にあつかったと思います。
が、母世代よりも、女性は意思を持ってきたように思いますし、差別も母世代よりも柔軟になってきたように思います。社会は流動しています。その流れにそって生きる方が無難と感じる大人社会ですが、正しさまで捨てずに、いいものは残し、そして意志ある親になることなのかと感じています。キャラ弁さま、ありがとう。
by polepole-yururin | 2012-10-31 11:29 | 思うこと | Comments(7)