ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

空気感

f0215179_8314265.jpg

気配を感じるってありますか?
空気感というのでしょうか・・・
私は昔から気配を感じるんです、場の空気感。
重い、軽い、心地いい、・・・
大変晴れ渡るきれいな場所でも何となくちがう空気を感じる。
それを言うと私の感情が繁栄されるという方もいるけれど、またちょっとちがう。
そこにいる、いた人の思いを感じ取るような、そんな感じかな・・・
ある方の家に行った時、大変重い空気を感じた。
そしてある時その家の事情を知った。
人は様々なものを抱えて生きている。
それを外には見せず、表面上はなんか整った感じがする。
けれど、所々に深い傷をもったり、行き場の無い苦しみを背負っている。
そういう方々とたまたまお出会いする事がある。
皆よく似たものを抱えている。
が、その共通点は、そこにいる人の目線だ。
そこにいるようでいない・・・目の前の人と向き合っていない目がそこにある。
重い空気に飲み込まれ、目に膜ができているようで・・・
その中で飛び出したいと思う人は当然いるし、その中に互いに寄り添う事が大事と思い人もいるだろう。
責任とか、私の役目とか確かに大事な事だって理解する。
ただ、その空気に包まれた人たちの生き方は、たいへん固定してしまっているように思う。
世の中こうだから、仕方ないから、それをするにはあれがいいとか・・・
すごく物質的にとらわれ、物質の中でしか整理がつかないでいるように思う。
もし、その重い空気を感じたなら、まずは空気の入れ替えをすることだ。
風通しを良くすることだ。
若し家族が大変な事に陥っているのなら、そこに家族がいることもだいじだけれど、他者の存在に身を預ける方法を見いだす事が本当の救いかもしれない。
同じ空気を吸っているわけだから、時にはその空気から解き放たれる人がいてもいい、そうでなければ、共倒おれ・・・
重い空気を最近様々なところで感じたものだから、何となく今日はそんなことを綴ってみました。
さて私も大きな窓を開けるといたしましょう♩
[PR]
by polepole-yururin | 2012-09-12 08:32 | 思うこと | Comments(0)