ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

お盆

あの日も入道雲が空に盛り上がり、お盆だというのにまだ夏の暑さを告げる蝉の声が聞こえていたね〜。
f0215179_22403119.jpg

今日はお盆。
実は我が家は、今年は初盆だった。
といいつつ私の実家は浄土真宗なので、お盆は、身内だけでお墓に参って、お寺さんが家に来られてお経をあげるくらい。
でも私の嫁いだ家の宗教は、禅宗で、曹洞宗である。
またそのお寺さんと今までなんも関係がなかったものだから、なんともすべてが初めての事。
このお寺さんにご縁が出来たのは、亡くなった義父がたまたまこのお寺さんのお墓を自分のために買っていたからだった。
地元では大きなお寺で、本山は福井の永平寺である。
私が慣れ親しんでいた「南無阿弥陀仏」とは違って、葬儀の時は太鼓や鐘が鳴り響き、般若心経以外はよくわからないお経だった。
ここでは葬儀と変わらず、初盆は大きな行事で、祭壇を作り、花かごを盛って、玄関には灯籠や提灯が並ぶ。祭壇には、なすびとキュ一ウリで出来た馬と牛の飾りもの。それに3日間供物を与える。
お墓と祭壇、仏壇にはミソハギを飾らなくてはいけないそうだ。
13日からたくさんのお客さんが来られ、家で食事をしてもらう。
14日にはお米をお寺さんにもっていく。その日も近所の方や知り合いの方がお焼香に来られた。
15日は朝から喪服を着てお寺へお参り。たくさんの初盆の方や、檀家さんが大きなお寺にやってきて、長い長いお経や、お坊さんの儀式につきあう。
とにかくすごい。
f0215179_22405110.jpg

とにかく、宗教が違えば、やり方も、儀式も、お経も違う。
そして三日間松明を灯し霊魂を呼んで霊魂を送る。
f0215179_2241293.jpg

嫁として関わったこの行事・・・大変疲れた。
周りの人の小言・・・見えない仕事をやり続け、・・・でも何をしても言われる嫁の存在をこれほど味わった事は無い・・・
冠婚葬祭っていつから始まったのだろう。
私の気持ちとは裏腹に、知らず間にその家のものになっている。
私がこれを受け入れた覚えはなくとも、知らず間に背負っている事になる宗教やそれにまとわりつくしがらみを〜。
見栄があればあるほど、その重みは重くのしかかる。
自分は持たない見栄なのに、誰かが持つ見栄をいつの間にか背負っている存在って何だろう。
お盆は大変大事な行事だとこの地域では言うけれど、その大事さのはかりどころが、違う。
もっとシンプルに生きたい。
宗教が儀式になり、その儀式に何かいわれがあるのだろうが、その儀式に多額のお布施の値がつき、その盛大さに、檀家さんはありがたさを感じているのだろうが・・・
生まれたときからこの宗教や儀式を知っていたなら当たり前と思うだろうけれど、今になって新しき宗教を自分の目の前にして、あたかも自分のものとなっている感じというのは、なんとも違和感を持つものだ。
するといつの間にかその宗教儀式の成り立ち、その宗教の歴史について思いを馳せてしまう。
浄土真宗は、親鸞が農民のためにわかりやすくした浄土の道で、そのシンプルさは、やっぱ庶民的なんかもしれないし、案外曹洞宗は、もう少し格式を重んじた宗教なんだろうと感じずにはいられなかった。
私は死者は私の中にいて、何処からかやってくるものでもないし、いつもそこに意識しているものだと思っている。
いつからか、お寺もお仕事になって、・・・冠婚葬祭がお仕事になって・・・
大事な事が抜け落ちる・・・魂も今何処にいるのやら〜。

お盆も大事だけれど、もっと大事な出来事・・・今日は終戦記念日。
たった一人の言葉で、張りつめいた日常の糸が切れた。
たった一人の言葉で、長かった意味の無い戦争が終わった。
あっけない・・・あっけなさすぎる・・・たった一人の、たった少数のものが、たくさん人の命や生活を翻弄させた。そんなことってありですか!?
そんなことでいいのですか!?
それでも日本人は、黙って生きてきた。仕方ないと生きてきた。
もうそれも終わりにしたい。
だれかの思惑で翻弄されるのは、もう終わりにしよう・・・
12時、この町にもサイレンが鳴り、亡くなった方へ黙祷〜。
[PR]
Commented by あめり at 2012-08-17 12:24 x
各宗派で違いがありますよね。
嫁としてのお勤め、ご苦労様でした。。。
私も長男の嫁なのですが、すこしづつ簡素化していけたらなあ
と思うところもあります。ならわしも大事ですが、生きている人がもっと大切ですから・・・!(こんなことを書いたら。ご先祖様に
お叱りを受けるかも・・・ですけどね・・・)
Commented by polepole-yururin at 2012-08-17 21:13
あめりさんこんばんは、そうですね。長男の嫁はほんと大変だと感じます。また我が家は、ほとんど亡くなった父が冠婚葬祭をやっていて、義母は何も知らず、その主人も、妹も知らない・・・誰も教えて下さる人も無く、教えるのは、葬儀屋さんで・・・お位牌の置く位もお寺さんの要望で高いくらいに・・・言われるままの義母・・・そしてその子孫はその位を維持するらしく・・・位それはお布施と寄付と・・・すっきりしないのですね。簡素化していきたいものです。息子の代には・・・
Commented by うさぎ二匹 at 2012-08-18 10:40 x
ゆるりんさん、こんにちは(^^)
私もお盆は主人の実家で疲れ果てて帰ってきました。
私は長男の嫁ではないのですが、他の兄弟が皆県外なのでどうしてもこちらに負担がきます。今は別居したのでそうでもないですけれど、結婚仕立ての同居の頃は「嫁」って立場になるとこうなんでもかんでも言われるものかと・・・ショックを受けましたね。
今は、いい嫁であることも止め、しても言われるならしなくて言われるほうがましと何にも気が利かない駄目嫁に徹しています(笑)

うちは、実家のほうの墓参りになかなか行けなくて・・・主人のほうの墓参りに行っても顔も知らない親戚や知らない人の墓に行って、自分を可愛がってくれた叔父やら祖父の墓参りは最初から除外されている感じで「嫁」の家の墓だの自分の墓だの家どうしでの格付けというかそういうのは失礼じゃないかなと思うのですよ。
強要するなら私の実家のほうも一緒にきちんと参って欲しいと・・


しきたりだの見栄だのくそくらえ~!!・・・と心の中で言っています。
仏さんには、別に悪意はないんですけどね。結局は生前のしてもらった気持ちかな?
Commented by polepole-yururin at 2012-08-19 08:48
うさぎ二匹さまおはようございます。うさぎ様もそうなんですね。
ご苦労様・・・私も同じです。
ずっと徹してきたつもりでしたが、震災と同時に糸がぷつんと切れてしまって・・・震災でいろいろ世間を見るようになって、今いている場所が何を大事にしているか・・・いろいろ見えてきてね、我慢とかは当たり前だと思っていたの。私がヘラヘラしていたら家族がいい具合に回っている。でもね、これっておかしい・・・誰かの我慢で成り立つ家庭っておかしい。義父もその役割だった。義父はぼけてからは昔の苦しみだけを言っていた。家の成り立ちは、国を形成する中のワンピース。特に女性は結婚という形で見えない当たり前を背負てきた。それが当たり前で、みなしてきた事だからと・・・田舎へ行けば行くほどしきたり、家のかくとかいってへんな見栄で縛る。それを飲み込んで、また次の嫁にそれを追いかぶせるか、おかしいと思って修正かけて異端児になるか・・・この日本はまだまだ封建的だと私は思います。うさぎ二匹さんもがんばって♩
Commented by mituamikko109 at 2012-08-23 18:05
うわぁ~曹洞宗も、大変なしきたりが多いのですね。
おつとめ、お疲れ様です。
私は、全てを簡素化する必要はなくて、伝えられることは、少しのしきたりだけでも残しておいて欲しいですね。
子供の代になるほど、伝わらなくなっていくと思いますが。
嫁は、やはり立場がつらいですね。
若い頃、私は、姑さんとソリが合わなかったの(^^;)
兄弟さんからも、良い嫁とは、思われてないと思うけど、今、なぜかお義母さんは、可愛がってくれます^^
年いって、丸くなられたみたいです。
Commented by polepole-yururin at 2012-08-26 20:31
mituamikko109さま、はい、儀式的です、こちらのお寺さんは・・・
確かにすべて簡素化はおかしいのですが、心こもらず、何かするとお布施で・・・また位牌を置く位置もお寺からの依頼とこちらの見栄・・・何ともすごいんでね・・・成仏することがお金とからむんです。
ま、仕方ないですね・・・
by polepole-yururin | 2012-08-15 23:47 | 思うこと | Comments(6)