ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

重い話はいやだよね〜(つぶやき)

我が家の庭・・・タマスダレ、トウテイラン、ランタナ、セージ・・・台風一過の荒れた庭の中にちゃんと咲いていた。
ちょっと花とお話してみた♪
すると聞こえた、様々な声が~
f0215179_853126.jpg

重い話はいやだよね・・・
もう震災のことも新聞にもテレビにも載っていないし、みんな仮設に移って生活し始めたし、もっと楽しいこと日常に目を向けたいよね。
民間テレビでは、娯楽番組が流れ、売れ筋の商品が陳列し、ご当地グルメ番組やB級グルメ選手権が各地でやっているし・・・
漫画面白いし、映画迫力あるし・・・
そうだよね・・・人生短し・・・笑って目先の楽しみを追い求め生きていったほうがらくだよね。
他人は他人、目をそむければ見ないですむのよね・・・いろんなことが・・・。
だから政治も手出しできないし・・・勝手に政治家が霞ヶ関で討論してるだけで・・・
だーだーの世の中にほんと真っ向から向き合っていこうとすることのほうが馬鹿らしいね。

でもね、こうして世の中に流されていた日本人は、第二次世界大戦へと巻き込まれたくさんの大事な命を無駄にした。
そして戦後またアメリカの意向に従い、食生活、教育、環境すべてを侵食された。
侵食されたから様々な食材、文化、生産業の発展、競争社会のあり方が築けたし、成功し、裕福になったのよ。・・て。
原発もそうでね・・・沖縄の基地の問題もそうでね・・・米に守られているって言いながら守られる敵は誰なのかしら・・・
こんな話は最近出た話ではなくて、知らない知らない昔のことから始まっていて、大人になっていろんなことがわかっても、なりきってしまっている社会をいまさらどうしたらいいのか分からないよね。

でも人が生まれて、永遠に生きるわけでもなく、いつか死んでいく。
その生の意味は、流されるだけでいいのかしら?
貨幣経済の世の中で、大事なものは消費で、消費したら様々なところが潤い、幸せになる・・・
ほんとうにそう思っているの?
仕方ないという言葉って都合がいい言葉。
ほんと魔法の言葉。
仕方ないという言葉で、皆思考を停止するんだから。
重い話っていやなの分かるし、嫌われるのも分かる。
でも軽い話で生きていけば、いつか自分をなんとなく見失うような気がするの。

ね、大事なことは、学校でもテレビでも新聞でも教えてくれないんだよね。
無関心や流されて生きるってことは、自由なようで、何かに管理されて生きていることだってさ。
知ってた?
ちょっとした朝のつぶやき~
[PR]
Commented at 2011-09-28 18:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-28 18:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-28 18:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by polepole-yururin at 2011-09-28 19:22
鍵さん、ありがとう。大事な大事な意見を本とありがとう。
鍵さんの言うとおり、そうですよ。
何かおかしいんです。
何が正しいか分からないように事がすすんでいますね。
大人のいい加減な自己中的な行動・・背中を見て子供は育ちますから、子供もだんだん純粋な感覚、やさしさをなくしてしまって、自己防衛という手段をとるようになる。
学校で習ったことと、学校の先生や子供を取り巻く大人がとる行動に違いがある過ぎて、何を手本にすればいいのか分からなくなって、夢を持てない子供が増えてきているのも事実・・・
風評被害とはいったい何処までを風評被害というのでしょうね。
震災のこともそう。
ノドもと過ぎれば・・・忘れるんですね。ある人が言いました。
時間が全てを解決させると・・・。
その言葉、たいへんいい言葉のように聞こえますが、何もしないでただただ時間を費やしている・・・考えているといいながら、また震災のことですか?という。なんとも人は自分の都合のいいような言葉を使うんですね・・・利口そうな方ほど・・・
ほんとありがとう、貴重な意見です♪ありがとう。
Commented by toco-luglio at 2011-09-28 23:26
大丈夫。
若い人たちの中にも、3.11のことを忘れてはいない、忘れてはいけないと思っている人は、たくさんいますよ。
うちの娘の大学の日本人学生で、この夏休みに東北にボランティアにいった人が、娘を含めて3人います。
それぞれ別の地域に行っていたのですが、彼らはアメリカに戻った後、各自が現地で撮ってきた写真で写真展を計画しています。
夏休み前に彼らが集めた義援金へのお礼と報告会を兼ねて。
その際、原発や放射能についての講座も開催したいと、今、講義をしてくださる教授を探しているそうです。
今回、日本で起こった事を風化させないために、そして、引き続き支援をお願いしたいからと娘は話していました。
驚くことにうちの娘以外は、皆、日本人ではありますが、外国ですべての教育を受けて、しかもご両親も海外在住という環境で育った人たちです。
海外育ちでも、日本の国難を憂えている若い人もいます。希望は持ち続けましょう。
Commented by polepole-yururin at 2011-09-29 07:05
toco-luqlioさま、ありがとうございます。
そうですね、娘さんは現地に行かれて、本当に現実を目の当たりにしました。何がたいへんで何が必要か身体で感じました。その行為はたいへん大事で、生きた教育であり、実践であると感じます。今回の海外住在の日本人の子供達が感じて行動を起こしたことは、次の世代へ受け継がれていきますね。
そう、若者の動きがこれからの世界を作っていきますものね。
純粋さを忘れずがんばってほしいです。
ありがとうございます。
Commented by fuchan_k at 2011-09-30 22:48
私が子どもの頃(ずぅ〜〜っと昔)は、隣近所など
助け合うのが当たり前でした。
遠足のリュックを、隣りの子に貸したのも覚えてます。
それが何時の頃からか、点数優先の競争社会になってしまったのです。

被災地のことも、自分の所でなくて良かった!という
愚か者もいないわけではありませんが、こちらでは
まだまだ熱いですよ。
市の肝いりで、3県の産品を売る店ができ
避難してきている人たちが働いています。
先日の市民まつりでも、がんばろう日本、がんばろう
東北と書かれたお神輿が、たくさんありましたし
全額を被災地に届けるという募金も行われてました。
私ももちろん、機会あるごとに協力しています。
今日、前を通りかかったスポーツ用品店には
「俺たちがやらなくて誰がやる!」だったかな?
大書された横断幕が、店頭にかかっていました。
きっと交替で、ボランティアもしているのでしょう。
熱しやすくて冷めやすい、マスコミが世の中を
左右しているように思います。
政治家は、はなから当てには出来ませんしね。
それぞれが出来る事で、応援し続けましょう。

案山子さん、拝見しましたよ〜。


Commented by polepole-yururin at 2011-10-01 07:56
fuchan kさま、案山子ありがとうございました。
そうですか、そちらはがんばってらっしゃるのですね。
ちょっと安心しました。
ほんとマスコミに左右されやすい民衆は、ほんと自分の意見を見失いやすいな~と思います。
それほど、報道や情報は、視覚と音響・・・様々な方法で人に影響を与えます。よいも悪いも・・・この左右される様々なことから本質を理解し続けることは難しいことなのかもしれませんが・・・。
隣の子にリュックを貸す・・・すごいな~。私の時代はちょうど高度経済成長の最中~終わりの時期でした。
物もいきわたっている時期でした。
でも物がいきわたり、他人との垣根が出来たように思います。
いいお話をありがとうございました。
Commented by cocomerita at 2011-10-01 21:37
Ciao yururinさん
yururinさんの気持ちすごくよくわかります 
私の周りは、yururinさんも含め、現地の思いを思い、救援に参加し、重い話しもちゃんとうけとめてどうしたらいいのか考えてる人ばかりだけどね
そっから一歩出ると、仕方ないの世界
例の国会もその一つ
重い話しもきちんと向き合って、対処するしんけんさがあるから、軽い話しもより一層楽しめるのだと
人生って重いことも軽いことも同じ重さで受け止めるものだと思うんですよね
だから軽く軽くへと流れてそうな日本国民には私もちょっと懸念の思いがあるのです
食品の汚染問題にしてもね
しっかり見つめ、しっかり歯止めしないと汚染は瞬く間に日本中に広がります

だからこそ、こうしてブログとかで、現地のために何かをやってる人達のニュースを伝えることは、とても大事なことだと思います
大きな流れは、身の回りの小さな流れを変えることからでしか変わらないと思うので
Commented by polepole-yururin at 2011-10-02 07:46
cocomeritaさま、ありがとうございます。
そうですね、流されやすい日本人・・・ローマは違いますね!こないだのデモも。ドイツ、フランス、原発に対して、noかyesか・・・あいまいさはないですね。こんな事態になっても徐々に・・・稼動も必要と。
重い話は今やっているKAМEの翼プロジェクトメンバーの中ではちゃんと向き合って話せる人はいますが、大半はね・・・
自分ごとに感じられにくいのか、認識の違いか・・・
そうですね、伝えるべきことは伝えようと思います。何のためにブログを始めたか・・・確かに何か伝えたいと思ったからですしね。
ありがとうございます。
cocomeritaさんのブログの画像で、余呉の放射能の廃棄処分場に立候補していた実家に近い余呉町の話を知りました。それから調べ実態を知りました。大事なことをありがとう。
Commented by makonowa at 2011-10-04 20:10
ちょっとした朝のつぶやき~ではないなぁ・・(笑)

あれもこれも なんだかなぁってことばかりで頭がパンクしそうだけど。「問いがあるからひとは関心を持ち、何か答えを導き出そうとする。どんなに優秀な頭脳があっても、問いがなければ何も始まらない・・」とは、その通りですね!関心を持てないのは おかしいと感じられないんだね。 で、どうするか。
ひとも、ことも、ものも、一期一会と まごころをもって接することしかないんじゃないかと 自分なりに。
Commented by polepole-yururin at 2011-10-04 22:49
makonowaさん一期一会ですね。ほんと~、真心もって接しておるつもりでも、人は様々でね・・・知らず知らずに利潤・・利害を踏まえた人間関係を気付いていたりして・・・ほんとそのことを最近特に感じます。
「問いがあるからひとは関心を持ち・・・」て誰の言葉?まこさん!問いは大事よね。なぜ?どうして?ソンアことの繰り返し・・・・
でもひとはそれをうっとおしいととるわけです・・・でもめげず、聞いてくれる人がひとりでもいたら
、ひとは救われ先に進めるのでしょうね。
私の呟きではないよ・・・花や自然の呟きよ・・・???
Commented by makonowa at 2011-10-07 11:01
これは最近読んだ 斎藤孝「読書のチカラ」に
ありました。

なぜ?って思ったことにたちまち答えてくれるような人がいたら・・と想うことがあったけど、それじゃつまらなくなるんだろうね、きっと。3歩進んで2歩さがる日々です。
Commented by polepole-yururin at 2011-10-12 19:14
まこさん、そうなんだ斉藤さんの本ですか。
答えってほんとすぐほしくなるんだけど、思考せずに誰かに聞いてしまうと素通りしてしまうようで、・・・分からないけど悶々としてその悶々がいつかア!て答えが見つかるとこの答えは消えないし、すごく活性化して次のステージへの入り口になるそうだよ♪
by polepole-yururin | 2011-09-28 08:53 | 思うこと | Comments(14)