ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

過疎の田舎の危険 (滋賀県余呉町)

f0215179_1795340.jpg
f0215179_1710423.jpg

f0215179_17115045.jpg
ここは、滋賀県長浜市余呉町菅並。
滋賀県と福井県の県境に近い村である。
夏やゴールデンウイークに実家に帰った時は、小さな息子たちを連れて、菅並の村を訪れたものだ。
菅並は高時川という一級河川の上流にあたり、そこには鮎や山女、どんこなどの魚の宝庫だ。
自然いっぱいののどかな場所である。
昔は、冬はたいへん雪深い土地で、二階から出入りをするほどだった。
私が学生だった頃、高時川上流にダムが出来るという話があがり、母たちは同じ伊香郡のある村に心馳せて、嘆いていたのを思い出す。
私もなくなるであろう高時川上流の村を見に行った。・・・
村の住民は反対しきれないんだろうか?・・・この村がなくなるなんて・・・
そして上流の村の余呉町小原(菅並の奥の村)の住民は、移住をしてダム計画を受け入れた。
しかし知事が変わり、この丹生ダムは治水限定ダムとして計画は縮小し、未だダム計画は凍結している。
今余呉町の奥の小原、鷲見、半明、針川、尾羽梨、田戸、奥川並の住民は、昭和45年から2006年のダム計画凍結に至るまでに移住をし、いまや廃墟の村と化している。
そのダム計画に至った経緯は、高時川の洪水問題を住民が訴えていたとあるが、それだけではなく、大幅な政府の公共事業の一つであって、又その村を捨てることを代償にダムによる固定資産税の還元という歳入、ダムを作るにあたっての人造湖をいかした観光開発などの財政再建を目指していた余呉町の思惑もあったのだという。
またそのダム計画の凍結後、余呉町は、原子力発電環境整備機構による高レベル放射性廃棄物処理場の誘致に立候補しようとしたが、当時の町長は再選出馬せず、その話は見送られたそうだ・・・
たいへん豊かな自然いっぱいの村落。
村人は、自然と向き合い、多くを望まず、細々と自然とともに生きることを選んで生きてきた。
しかしその村落に、産業はなく、お金を生み出す手段を見出せず、村から若者が離れていく。
その村落は、過疎の村となり、都会の人から見れば忘れ去られてしまう村となる。
そんな村に白羽の矢が立った。
ダム建設、放射性廃棄物処理場に・・・海が近ければそこは原子力発電所の建設場所となりうるわけで・・・
今日NHKの番組で、原子力発電所のある女川町野の浜の住民と震災についてのドキュメンタリー番組があった。
この女川町は財源が乏しく、住民は細々暮らしていた。
そんな女川町に、原子力発電所建設の話が持ち上がったが、住民はずっと反対を訴えていたという。
しかし政治の力に押され、住民は貧しさの中、原子力発電所からの財源を得て、又働き口をまかなうこととなる。
番組の中で「昔は貧乏だったぺ。おらは、原子力発電所に勤めて、生活が楽になった。・・・・・・
ま、ここは過疎の村なんだ。危ないものは、人の少ないどうでもいい村にもっていこうってするべ~。」とおじさんが言った。
今回の地震で、福島の原発事故を目の当たりにした、女川町住民の思いは、一変したという。
ただ、雇用の問題・・・豊かさの代償に、危ないであろうものを受け入れた住民の思い。
こんな問題が、日本中の自然豊かな村落に、あっちこっちあることに気付く。
今回の福島の出来事は、原発の問題だけでなく、いろんな公共事業の問題点を浮き彫りにし、私たちにいろんな角度から語りかけている。
我が故郷の好きな場所が、こんな状況に一時は陥っていたことを改めて知リ恐ろしさでいっぱいだ。
この問題は、余呉町だけの問題ではなく、その周りの町の・・・長浜市の・・・滋賀県の・・・近畿の(京都、福井、大阪、岐阜・・)・・・日本の問題であることを知らないといけない。
町長も市長も、知事も・・・
都会に人が集中し、村に人はいないから・・・被害が大きい少ないとかそんな問題ではない。
人の心は富と引き換えに、大事なものを失ってもいいと思える・・・不安定さを持ち合わせているのだと・・・
今余呉町は長浜市となり、上記の事業計画は凍結状態のままだけれど、一市民が個々に利害関係の結びつかない社会の一員となること・・・そして無関心でいないこと・・・それが大事かなと思います。
過疎化する村には、山や緑や海があり自然の恵がいっぱいだ。
その自然の中に、危険物を隠そうとする心貧しき人にはならないで・・・
[PR]
Commented by kadononeko at 2011-06-15 23:39
こんばんは
日本という国は国民の命などは実はどうでもよいのではないか。。なんて思ってしまいます。どこかの社会主義の国のようです。
私たちが無関心でいないことがどれだけ大切かと思います
でも少し関心の動きが出てきているような気がします
いろいろなしがらみや利権にとらわれず、国民のために、政治家も頑張ってほしいです。よくなっていくことを願っています
Commented by polepole-yururin at 2011-06-16 08:05
kadononekoさま、おはようございます。
そうですね、民主主義といいながら、個々の意見は反映されないような・・・又日本人の事なかれ主義の習性か・・・・なんとなく人事で、なんとなくな~な~で済まされる。
でももうそろそろ自立しましょう・・・個人がひとりひとりが思考することを始めましょう。
そんなときがきたような気がします。
ほんとよくなることを願って、できることを地道に♪
Commented at 2011-06-17 10:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-06-17 10:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-06-17 10:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by polepole-yururin at 2011-06-17 11:14
鍵さん大丈夫ですよ。
了解しました。
私もそうです。ブログは自分紹介とか、そういうことではなく、伝えたいことがあって始めました。
だから時には重い形になる時があるので、反省している時もあります。
ブログは、本当に伝えたいことだけが伝わるものではないしね。
ありがとうございました。
Commented by noreizoko at 2011-06-19 13:57
こんにちは。ご無沙汰しています。被災地での活動などのご様子、尊敬しています。報道されない事をこちらの記事から知る事が出来て貴重です。ところでこの記事、同意します。私は生まれが首都圏なので、身近にそう言う事なく今まで来ましたが、今回の事で首都集中型の政策はすなわち富の集中でもあるんでしょう。矛盾がなくなる様にして行きたいです。お忙しいと思いますが、ご自身もご自愛下さい。
Commented by polepole-yururin at 2011-06-19 14:50
NORIZOUKOさま、こんにちは。
そうですね、富の集中・・・過疎の問題・・・落とし穴・・・
強者・弱者のの問題が昔からずっと変わらずにありますね。
お金だけで物事が動いているとは思いたくないのですが、つまるところは、やはりお金・・・経済の流れであり・・・
幸せの尺度はお金ではないと皆が思っていても、やはりその尺度を持ち合わせてしまう弱気人間でしょうか・・・ほんとどうしたらいものでしょうか・・・
報道にしてもほんと事実が変わることをいろんなところで感じました。
編集でいろいろつなげられますし、消去することも出来ます。
物語は作ることが出来るんです。
情報は、正確に、真実をリアルタイムに伝えてほしいと思いますね。
Commented by うさぎ二匹 at 2011-06-19 23:43 x
知らせて下さってありがとうございます。

ふと独身時代に訪れた熊本県川辺川のことを思いました。ここは40年余りダム計画が進まず未だ問題になっているところです。私達は五木村という所でキャンプをしましたが、本当に自然豊かな綺麗な場所でした。もうほとんど家もありませんでしたが一軒だけ民宿だったか(?)立ち退き反対しているお宅がありました。
なかなか自分達に関係のない話は伝わらない、そう無関心ですよね…まずは知ることから始まると思います。久しぶりに川辺ダムのことを調べています。

そして、今度は息子(中1)に伝えてみようと思います。
Commented by polepole-yururin at 2011-06-20 09:06
うさぎ二匹さん、ありがとうございます。
そうですね、熊本も自然豊かなところがいっぱいですね。
子供が小さかった時に何度か、久住、黒川、もっと山奥の谷に遊びに行きました。子供のアルバムには、九州の思いでいっぱいです。
私も田舎はいいな~って思っていただけでしたが、ちょっとした関心を持ち始めると、いろんなことがつながっていることに気付きます。又いろんな社会のいびつな構造が見えてきます。
このブログで川辺ダムのことを知る・・・ありがとう。
そうですね、むすこさんに伝えていただく・・うれしいです。
今の学校は子供達にいろんな社会のことを投げかけられることがないようですね。投げかけられることは、タイムリーのことで、又情報にあがることで、・・・。
関心を持っていただきましてありがとうございます。
Commented by うさぎ二匹 at 2011-06-21 08:50 x
早速息子に話しました。ゆるりんさんのブログのこの内容も。真剣な顔で聞いてました。どんな風に感じたかは彼の気持ち次第だけど知るということができて世の中を違う角度から見れるのは大切だなぁ~と思います。
Commented by polepole-yururin at 2011-06-21 10:27
うさぎ二匹さま、早々にいい報告ありがとうございます。
私の友人の中学の娘さんもこのブログを見てくださっていて、分かりやすくいいんだよっていってもらったことがあり、ちょっとうれしかったことを思い出しました。
私は、子供のころから、疑問をもつ子供で・・・その答えは分からず、答えてくれる大人もその当時はいなかったのですが、今大人になって、見えること、感じることをやわらかく伝えられたら・・・と思います。
関心を持ていただけることはたいへんありがたいことです。
その関心から知ってる地区に思いを馳せて、考える・・・この広がりが大事ですし、その広がりを、ちゃんと息子さんに伝えること・・・ありがとうございます。
その地区の話は、福島のように他人事ではない話とつながっていると思いますから・・・
そういうお母さんがいてくださってうれしさいっぱいです。
by polepole-yururin | 2011-06-15 21:15 | 原発 | Comments(12)