ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

被災地の物語

震災前の女川町
f0215179_11182013.jpg

震災後の女川町                
f0215179_11184545.jpg

3月11日、東日本大震災が起きた。
地震直後からテレビやラジオから緊急速報が流れ、逐一、地震状況がリアルに伝わる。
津波の恐ろしさもリアルタイムに映像として映し出されていた。
津波が押し寄せ、徐々に家屋を飲み込み・・・しばらくして千葉の石油コンビナートが爆発した・・・夜になれば気仙沼が火で包まれた・・・福島の原子力発電所の爆発・・・放射能漏れ・・・東京の交通網が止まる。停電・・・物資が無くなり、買い占めが起きた。
そんなことがテレビやラジオ、ネットからはリアルタイムに情報が入り、被災地がどうなのかを知った・・・テレビから画像として・・・。
4月20日女川町に行き、避難所になっている女川町立第一保育園の所長さんに現地の状況の話を聞いた。
女川町の人たちは津波の情報をサイレントとともにキャッチし、必死で逃げた。
なにがなんでもという思いで、からだ一つで山手に逃げた。
その後ろを波が追っかける。
本後ろまで黒い波はやってきた。
皆、なにがなんだかわからないまま、必死で避難所に逃げ込んだ。
そしてそのまま避難所で生活を始めた。
瓦礫が散乱し、避難所に閉じ込められ、身動きも取れない。
情報も遮断されたまま。
避難所の周りのみが自分達の世界だった。
14日目にしてはじめて、自衛隊の方の車で、被災後の女川を見た。
変わり果てた我が町を知り得たのは、世の中が買い占め騒動や停電でてんやわんやしていたことすら過ぎ去った二週間後のことだった。
今1ヶ月たった時点でも、電話は通じず、衛生電話で対処し、テレビすら流れていない。
被災している当事者が知らずして、被災地から程遠い場所にいたものが、情報を知る。
福島の放射能汚染の問題も知らない。
被災している方が知っているのはこの目の前にある現実だけだ。
この感覚をわかるだろうか?
もっと広域的に見れば、世界のほうが今日本で起こっていることの現状を、大まかにはつかんでいるということ。
ただ我々が知っている情報が正しいかということはいいきれない。
情報とは、情報を流すものの媒体を通してかわる。
主観が入るからだ。
正しい情報を得ることは、自分の目で、足で・・・その場に行って確かめることなのだろう。
情報は遮断することができる。簡単に~。
一番知り得たい方々にうまく情報が行き届かない。
一番もがいて入る方々に一番大事な事が伝えられているのだろうか?
情報社会と今回の震災・・・現実は何処にある?
現実は、テレビ画面やネットの中にあることか?現地にあることなのか?今一つ考えてみるべきだ。
ゴールデンウイークが終わり、テレビからは、前のように日常の被災地の様子が流れることは、少なくなった。
ネット上でもそうだ。
NHKでこの間から、震災の50日間のドキュメンタリー番組が流れている。
番組を観るとすごいことだ。
ただ終わったんじゃない。
過去じゃない。
情報は勢いのような気がする。
勢いの在る情報を元に、動かされることは大事だけれど、女川の方・・・被災地の方は、勢いではなく、日々日常を生きている。
変わり果てた日常とて、現実であり、今である。f0215179_16282063.jpg
そのことが日々続く・・・
女川の人たちにとって、震災は終わったことではない。
あのときの悲しみも物語であり、今もひとりひとりの物語は続いているのである。
この震災を情報として捉えないで・・・
情報ではなく、確かな物語があることに心を寄せてくださいますように~。

イマジン~想像してごらん♪ ジョン・レノンは言った。
今こそ想像しよう・・・心を寄せて・・・
復興とは創造することだと誰かが言った・・・でもその創造は、想像することから始まる!
「イマジン」聞いてみて♪
[PR]
Commented by fuchan_k at 2011-05-06 22:22
まだまだ、避難所暮らしを余儀なくされている人々の
なんと多いことでしょう。
たとえ、仮設住宅に入れたとしても、2年間だけとか。
なんの落ち度もないのに、この先どうやって生きれば
良いのか、何処にも希望が見えないでしょうね。
政党どうしで足の引っ張り合いなどしていないで
一致団結して、復興に取り組んで欲しいものです。
Commented by kinnnikumans at 2011-05-06 23:51
polepole-yururinさんこんばんは
本当におっしゃるとおりですね。
まずは polepole-yururinさんのおかげで今知った事、
まだテレビが遮断されている避難所があるのですよね。
あぁ、、電池でも無理なのか、本当に無理なのかしら、
どうにかならないのかなぁと想います。
そこまで手が回らないのかな。
なんだかもどかしい気持ちになります。
ほんとテレビって勢い、、ありますよね。ほんと ほんと。
便利で楽しいけど恐ろしい道具だなぁと。
私はテレビ番組をあまり見ません。特にワイドショー関係は
一切と言っていいほどかな。。。興味がないのです。
それは polepole-yururinさんがおっしゃるとおりの理由
なんだろうなぁと自分で感じました。
まず信用ができないので、見ていてもつまらないのです^^;
災害についてはニュースや新聞しか情報を得られませんが
過去の事ではなく、まだまだこれから続いていくのですよね。
自分も長く出来ることを、、続けていきたいと思います。
被災地の事を思う気持ちを、口に出しても出さなくても
本当に沢山の人の、これだけの応援があれば
1日でも早い復興に結びつくはずだと信じたいです。
Commented by polepole-yururin at 2011-05-07 09:17
fuchanさまそうですね。
政治家・・・誰のための政治か・・・小沢さんもなぜ今出てくる?
おかしすぎる・・・昨日浜岡原発停止となりました。
菅さんの発言に、薬害エイズの時の菅さんをチョと思い出しましたが・・・どうか心寄り添うことをお願いしたいものですね。
Commented by polepole-yururin at 2011-05-07 09:25
キャラ弁さん、そうですね。避難所のことをテレビやラジオにはない情報をつたえられればと思います。あくまでも私の主観を落として、偏らないように・・・(むずかしいけれど)
情報はいいようで悪くもありますね。
振り回されてしまわないよう、自分をいつも客観的に見られるよう意識していないと、危ないですね。
テレビ見ない・・・そうですね。手をかけた子育てされていますからね♪大事なことはテレビにはない・・・自分が知っているってことですね。
Commented by toco-luglio at 2011-05-07 15:44
GW、我家の近辺は大変な人出で大賑わいでした。
少し暗めの駅やお店に置いてある震災の被災地への募金箱を目にしなければ、錯覚してしまいそうなほど、見た目には「日常」が戻ってきています。
でも、被災地、そして被災者の方の困難はまだ何も解決されていなくて、すべては「これから」なんですよね。
そして、彼らの「これから」は、今回「被災地」にならなかっただけの、日本の他地域の人々にとっての「これから」でもあるわけで、これからもずっと一緒に考えていかないと...と思います。
まずは「浜岡原発」の停止は、その始まりになるのでしょうか。
Commented by polepole-yururin at 2011-05-07 18:22
かまくらさまそうですね。
浜岡原発の停止を伝えた菅総理・・・中部電力も考えて停止としていただきたい!その動きから、全体の動きへ。
新しいエネルギーへの変換。
原発がこのような危険性を生むことに皆が心から考えて自分ごととしてとらえられたなら・・・と願います。
ゴールデンウイーク、ほんと関西は震災ムードは消えていました・・・ただニュースで、タイガーマスクを名乗るグループが、大津駅で募金を集めていました。その募金は何処にも持っていっていない、インターネットでも同じグループがワンクリック募金・・・それも被災地には使われず・・・情けないです。
こんなことあっていいの?です。
Commented at 2011-05-08 00:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by polepole-yururin at 2011-05-08 14:52
鍵さん、私も見たかったのだけど、観れなかった・・・忘れてたNHKの特番。又やるだろうかな~と思っていた矢先です。
ほんと、悲しいですね・・距離とはそういうものですね。
以前12月のブログ「温度差」でも書いたようなことがここでもおきていますね。
Commented by cocomerita at 2011-05-08 19:05
Ciao yururinさん
被災はまだまだ全然終わってない
メディアは、人々が被災地の事を忘れないように、ずっと心にかけ、必要であれば、いつでも手を差し出せるように、記憶を常に新たにする義務の様なものがあると思います。
浜岡も、このままではもしかして又大きなお金、権力の動きで、なしのつぶてになってしまうかもしれない
今、一番大事なのは国民の声、意識
言い続けなければいけないと思います
それは被災地の人に寄り添い続けなければいけないのと一緒
彼等の幸福な明日は、私たちの明日の幸せですから
もう政府だけに任せてはいられません
肝に銘じて知ったからね、まちがいは二度は冒さないようにしたいと思うのです
Commented by polepole-yururin at 2011-05-09 08:31
cocomeritaさま、そうですね、メディアの役割は、そのいう感じで伝え続けることなのでしょう。国の、企業の思惑で動かされるメディアではない・・・そういう意志を示してほしいです。
浜岡・・・ほんと企業が左右していることの大きさを、個々の意識で変換させましょう。
ベルリンの壁のようにいつの間にか崩れた・・・そのような変換が起きますことを願って。
by polepole-yururin | 2011-05-06 11:01 | 震災 | Comments(10)