ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

入学式

                   4月21日の朝日新聞 一面
         今年卒業した渡波中学校の卒業生が3人、後輩たちのためにエールを送る。
f0215179_22285718.jpg

f0215179_22285743.jpg

               二階まで泥があって、緞帳もドロドロ。床も何度となく拭いた。
f0215179_23434153.jpg

f0215179_23492186.jpg

               時計は14時46分過ぎで止まっている。
f0215179_2350995.jpg

f0215179_23444258.jpg
f0215179_23453733.jpg
f0215179_23455921.jpg

今日たぶん宮城県石巻市渡波中学校で入学式が行われた。
今日の朝刊に昨日の出来事が一面に載っていた。
昨日、ボランティアの渡辺君と出会い、その彼が活動している中学を訪れた。
この中学校は港の近くで、地震と津波の被害が大きく、当初は二階まで波が到達し、水浸しの状態。
卒業式、入学式をとり行う場所はその中学の体育館であったが、その体育館も水につかり二階の手すりのところまで水びたしだったそうだ。
震災から1ヶ月ちょっとが過ぎ、水は引いたものの泥が二階までたくさんあったという。
その泥を中学の先生やボランティアの方が一生懸命取り除いた。
卒業式は出来なかった。
入学式も出来る状態ではなかった。
けれど、中学の先生方がこの渡波中学で入学式をやらせてあげたいという思いが、思いを繋ぎ、体育館は人が入れる状態にまでなった。
泥だらけの床を拭き、泥だらけの壁を拭いた。
校歌が書いてある板のところまで泥だらけで、その板を丁寧にボランティアさんが拭いていた。
ステージの横の緞帳も泥だらけで、その泥をみんなで一生懸命はらったという。
それだけでいっぱいいっぱいだ。
そんな状況を察知したボランティアの彼は、飾りがないこの殺風景な入学式を華やかにしたいと思った。
入学式という看板も、彼が個人ボランティアさんに声をかけてお願いしたという。
看板係りのボランティアさんは横浜からこられたアーティストさん。
何かできることはないか・・・とスコップを持って現地に二三人で来たという。
その方の友人は、カメラマンだそうで、この入学式にあたり、写真を撮ってくれる写真屋さんもいなくなってしまったらしく、渡辺君にスカウトされ、この入学式のカメラマンをすることになったようだ。
そしてここに彼を訪ねた我々も、彼から仕事を与えられた。
この入学式を華やかに飾りたいので、紙の花を作って下さいと~。f0215179_23522072.jpg
我々は段ボール箱いっぱい、紙の花をつくった。
そして入学式という看板に、できるだけ華やかに!と色とりどりの花を飾った。
昨日作った千羽鶴も飾りに使おう♪
所々壁が剥がれ落ち壊れかけた体育館。
正面の時計は14時46分を指して動きを止めた。
戸もなく、がらんとしている体育館だけれど、この場所を忘れないでほしい!
そんな思いをこめて、あえてこの体育館での入学式を迎える。
中学の先生も被災している。
飾りまでは手が回らない様子を、たぶん彼が察知したのだろう。
ささやかながらの入学式。
ここにあるもの、できる範囲での餞ですが・・・
(この中学は壊滅的で、今後授業は行われないそうだ。入学式はするものの今後は隣町の中学と合同となるそうだ。)
明日140人の新1年生がこの体育館で入学式を迎える。
その場面に少しでもお手伝いできたことに感激です。
体育館の外には、まだここが被災地である現実がまざまざと存在している。f0215179_23465428.jpg
自衛隊の車が・・・
壊れたままの校舎が・・・
運動場が・・・
学校を取り巻く町並みが・・・
でもあえてここで明日入学式が行われる。
強く強く生きよう!と。
目を背けず生きよう!と。それが先生からのメッセージかも・・・と。
そして体育館の脇には桜が蕾を膨らまして、明日のみんなを応援しているかのように花を咲かしていたんだよ♪
桜は記憶しているだろう・・・この震災を・・・そして明日を迎える子供達をこれからもきっと。
入学本当におめでとう!
(実は4月19日は石巻は吹雪いていて、4月にこんな雪が降ることはないらしく・・・この寒さを昨夜経験しても、花開いたのだ・・・この桜。)

ps:彼から今日入学式の様子が届きました。f0215179_2347224.jpgf0215179_2347383.jpg
[PR]
Commented by fuchan_k at 2011-04-23 21:38
この新聞記事、私も読みました。
yururinさんは、現地までいらしたのですね。
お疲れ様でした。
被災地の子供たちは、身も心もズタズタに
なっているのでしょうね。
学校も寄り合い所帯で、新学期をスタートでは
不自由なことでしょう。
子供たちのケア、どうぞ頑張って下さい。
Commented by polepole-yururin at 2011-04-24 10:07
fuchan kさま、そう状況を把握しに行ってきました。
子供達のサポートができれば・・・と動き出しましたが・・・
子供達には会えず・・・でも裏方をやってきました。
サポートは裏方です。
ありがとうございます。
Commented by kazeno-ne at 2011-04-24 20:13
こんばんわ^^
子供たちのサポートにいかれるのですね。
大人でもこの状況を受け入れられないのに・・・
子供たちの心を思うと、言葉になりません。
どうか、お体に気をつけて、頑張ってきてください。
Commented by polepole-yururin at 2011-04-24 22:17
kazeno-neさま、ありがとううございます。
受け入れがないと動きようがないのですが、今何が必要でどんなことが出来るかをじっくり考え、行動に移そうと思います。
子供は大人以上に反応していると思いますが、表向きは笑顔を絶やさない。
カウンセリングというサポートよりももっと実質的なサポートを必要としていると思いますから・・・
Commented by cocomerita at 2011-04-24 23:07
Ciao yururinさん
緊急です
署名してください
子供の対する20ミリシーベルトの基準値を取り消すための署名です
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/20-4449.html
期限は明日4/25の23時
よろしく
Commented by polepole-yururin at 2011-04-25 07:49
cocomerita様、早々に~
Commented by cocomerita at 2011-04-26 00:49
ありがとうーーー!! ^^
Commented by polepole-yururin at 2011-04-26 08:28
cocomeritaさん、いろいろ活動ご苦労様です。
by polepole-yururin | 2011-04-21 22:28 | 震災 | Comments(8)