ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

人生ゲーム

f0215179_7522870.jpg

我が家のお正月。
主人はサーフインに行って~。我々はグーたら~
そのうち子供たちに人生ゲームに誘われて~。
人生ゲームは、私が4年生の時にクリスマスプレゼントでもらった代物。
たいへんたいへんうれしく、友達と何度も何度もやったものだ。
子供ができて・・・トイザラスに立ち寄った時に小さな人生ゲームを見つけた。
懐かしくて買ってしまった。
で、今子供たちとその人生ゲームで遊ぶ。
「俺はタレント!」「俺もタレント!」「「お母さん、教師か~安定してるな~」とか~言われ。
息子のマスに私のコマも同じマスにに入った。
「お母さん何してるねん!事故やで~、自動車保険もっていなかったら、○○にお金払いや~」
「えッ?そんなルールあるん?」とびっくりする私。
「あるよ~、何も知らんな~」と馬鹿にされ・・・でも頼もしくなる、この気持ち。
お金計算も速く、私に淡々と給料を払ったり、私がどんどん借金すると、約束手形という紙をわたされ、給料~差し引きされて・・・ほんとにすばやくて私はただ言われるままに~。
私は、ゲームでは、海外旅行に行きまくり、いろんな国を旅してる。で、どんどんお金を使っている。
そんな時息子が「何してんねん、お母さん、海外旅行行きすぎ!普段は飛行機苦手なくせに~」とちゃちゃを入れられ・・・面白い突っ込み、・・・良く見てくれている証拠だ♪
ゲームでの息子たちの職業は、タレント。
ルーレットを回して出た数の3000倍が給料。・・・ニヤニヤしている息子。
「ほんとの職業は、しっかりやってや~、頼みまっせ~♪」とちゃちゃを入れ~。
「分かってるわ~!」なんてかわされて~。
結局のところ、上の息子が一番で終了、下の息子が三番で、私はのんびりゆっくりだったけど、私が一番のお金持ちとなった。
「何でやねん。結局はお母さんが一番か~地道が一番ということか~・・・ハ・ハ・ハ・・・♪」と上の息子。
単に人生ゲームだけど、日々のちょっとした思いがちらつくものだ・・・と感じた人生ゲーム。
正月早々・・・久しぶりに心から息子たちと楽しい団欒を過ごした感じ~。
たかが人生ゲーム、されど人生ゲーム。
アナログ的な遊びは、ここにゆっくりとした時間が流れ、相手の気配をちゃんと感じられる大事な間を共有できる。
こんな遊びはなかなか普段は出来ずにいる・・・デジタル社会の歪み。
お正月という休日は、いろんなことから開放されたダラダラの時間だからこそ、アナログ的なものに目が向いた。
急がされた時間の中から生み出されるものは、デジタル・・・
ゆっくりした時間の中から生まれるのは、アナログ・・・人と本当に心通わすことが出来るものはアナログ世界の中にあるのだとつくづく思う~♪
昔からあるすごろく遊び~ちょっと馬鹿には出来ないのだ!
[PR]
by polepole-yururin | 2011-01-04 07:52 | 子供たち | Comments(0)