ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

好奇心

f0215179_9505824.jpg

「胡麻どうふの開き容器、すてんといてや〜。」と下の息子。
「何につかうん?」と聞くと「ま、実験や〜と」一言教えてくれただけ。
で、学校から帰ってくると、ひとり台所で何かしている。
そして暖房の目の前にその容器をおいてその容器を時折観察している。
「あ〜あかんわ〜、うまくいかん〜。失敗や〜」と、また一からやり直している。
「で、あなた何してるん?」と、もういいかな?と思って聞いてみると、
「実験や〜塩の結晶を作ってるんや〜。でもうまくいかん〜なんでやろ?」と何度となく、容器を大事に見つめている下の息子。
なんか頼もしくなった。
手を出せば簡単なことだけど、疑問感じて、何度とやり直している息子に成長を見た。
学校で習ったのではなくて友人に聞いたらしい塩の結晶つくり。
大人の出番より、友人からの情報で好奇心が沸き起こる。
子供の好奇心はどこから始まるか解らない。
そっとしておこう〜。
自ら湧き出た疑問を息子自らが答えを探せるように〜。
解剖学者で、著書「馬鹿の壁」で有名なの養老猛司さんが前に言っていた。
「すぐに答えを与えてしまっては、脳は思考を停止する。
疑問を抱きつづけ、なにか悶々とする感覚がまた脳を刺激し、思考する」と。
息子の発動がはじった~。
そっとしておこう・・・・種火が消えないように~♪
[PR]
Commented by たさり at 2010-11-11 14:13 x
塩の結晶はできましたか~?
うちの子たちは、今年は、色紙ミノムシをつくろうと張り切ってます(笑)
Commented by polepole-yururin at 2010-11-11 18:14
無理だったようです。
で、昨日私が塩の結晶の作り方の資料をわたしました。
再度やるかは・・・?
色紙みのむし・・・私が小学5年のとき、同じクラスの男子が、折り紙と、毛糸と・・・とミノムシにいろんな材料を与えてましたよ。
賞とってました!
by polepole-yururin | 2010-11-08 09:50 | 子供たち | Comments(2)