ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

七夕

f0215179_20261858.jpg

今日は地区の七夕祭りがありました。
私は今年は、地区の子供会の役員をしているので、月ごとにこのような行事に、たびたび携わるわけです。
この七夕祭りは、地区の福祉委員さんと民生委員さんと子供会役員が世話役になって、お年寄りと子供たちの交流をかねて毎年やっているようです。
今年は、園児と小学生45人とお年寄り11人の参加でした。
最初、短冊にそれぞれが願い事を書き、笹に飾っていきます。
大人の願い事は「たからくじがあたりますように」「家内安全」・・・
子供の願い事は「サッカー選手になれますように」「ピアノがうまく弾けるようになりますように」「タグラグビーの選手にえらばれますように」・・・
子供の願い事は、今に即した願い事が多いようです♪
「ねえ~、願い事かなうかな?」と何人かの子が、私に尋ねてきました。
「そうだね~、叶うよきっと!大丈夫♪」と言霊パワー全開の私003.gif
その後、近くの中学の文化クラブの子達が、創作人形劇をしてくれました。
その中に、5月に石鹸つくりに参加してくれた子がいました。
忘れな草をチョイスした子です♪
その子は、小学校の時に、ストレスでちょっとしんどそうだったのだけど、ホント私立中学を受験して、今やりたいことを見つけてがんばっているんだな~とつくづく思いました。
ちょっと気にかかっていた子供さんを、意外なところで見ることできました。
その後、年配の先生からの彦星様と織姫様のお話を聞きました。
ほんとに上手にお話をしてくださって、子供より私が、食い入っていたようで~。
この先生のお話は、「カササギという鳥が天の川に橋を架けてくれたので、そこを渡って彦星と織姫は出会えたのです。」というはなしで終わりました。
そして二階で子供たちは、お昼ご飯を食べて解散で~すと言う時に、ある子が私に小さな笹船を持ってきました。
「これ、あげる。僕が今作ったの。」と。
あまりにも風情あって、かわいくって、ちょっとつぼにはまってしまった私は、せっかくなら、下にいるおばあちゃんたちにプレゼントしたらどうかな?と促してみました。
ある子F君は、「うん」といっておばあちゃんのところに行くと、せっせと七夕飾りの笹の葉っぱで、11個分の笹船を作り始めました。
それを見て、息子とF君のお兄ちゃんが、「何々?」と言って、F君に作り方を習いながら笹船を作り出しました。f0215179_20261834.jpg
三人は出来た笹舟を、「はい、どうぞ♪」と言って、おばあちゃんたちひとりひとりに配りました。
おばちゃんたちは「あら~、かわいい。ありがたいね~♪」と微笑んでいらっしゃいました。
ほんと暖かい気持ちいっぱいになりました。
お世話役の方々も、子供たちの自主的な行動に感動してました。
単に子供会行事ですが、今日も子供たちからいろいろ感じさせてもらいました♪
F君は、案外本当の七夕のお話を知っていたのかもしれないな~。

七夕飾りの笹・・・笹船~。
7月7日彦星は、この小さな笹船で天の川を渡って、織姫に会いにきたんだと~♪
めでたしめでたし~。
[PR]
Commented by たさり at 2010-07-05 14:42 x
かわいいですね~♪
みなさん、体調は崩されてませんか?うちは長男坊が40度の高熱にうなされた週末でした(涙)
七夕の願いと言えば「おこだでませんように」という絵本、ご存知ですか?かわいいお話ですよ♪
こないだ、小1の読み聞かせで読んでみました♪
Commented by polepole-yururin at 2010-07-05 15:42
読んでみます♪
こちらは元気ですよ。
お大事に~
Commented by makonowa at 2010-07-05 20:44
役員の苦労も こども達のこんな姿をみると忘れちゃうよね~
今でも笹舟作れる子なんているんだなぁ 感心しちゃった!
昔のように川岸から流せるとこなんてあるのかなぁ?

Commented by polepole-yururin at 2010-07-06 08:29
そうだね~、小川なくなったね~。寂しいね~。
by polepole-yururin | 2010-07-04 20:26 | 子供たち | Comments(4)