ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

気分転換

                        私が作った人形
     座禅をして無になることもいいけど、ちょっとつらい時は横になる(好きなこと)ことも極みなり♪
f0215179_9431227.jpg

今日の「ゲゲゲの女房」のお話。
どんなにがんばっていても、貧乏から逃れられない・・・これでもか、これでもかと追いかぶさる不幸・・・。
そんな時しげるは、高価な軍艦のプラモデルを買ってきて、ひたすらプラモデル製作に打ち込む。
ゲゲゲの女房は、そんなしげるを見て、苛立っていた。
どうして、節約してくれないの・・・?と。
そんな時、貸本マンガの店主に「男はどうしようもない時ほど、熱中するものがほしくなるものだ。」と言われたことを思い出す。
そして一緒にプラモデルつくりを手伝う。
「気落ちしていても始まらない。ますます貧乏神に取り付かれる・・・。くよくよしているより、楽しいことをしとけば、自然と気持ちも朗らかになる・・・。」としげるが言った。
そうだな~と思う。
人は、思いに引っ張られる・・・。
つらいことがあると、その時沸き起こった感情に引っ張られてしまう。
その不安という感情は、またさらに不安という感情を生み、連鎖していく。
よく最近の本に、思いが現実を作っていると言っている本があるけれど、これは、魔法でもなく、神様の仕業でもなく・・・当たり前のこと。
人は脳を持っていて、その沸き起こった感情が脳に伝達されて、神経系の伝達により、アドレナリンやノルアドレナリンが出たりして、行動に移る。(かなり省略しているけれど・・・)
その緊張や不安の連鎖は、そのままにしておけば又不安を生む。
これを知り合いの医者は、「脳の暴走」と言っていた。
だから、人は自らこの連鎖を断ち切るように意識の方向転換をすることが良いようだ。
たとえば、お相撲さんが、相撲をとる時に、「パンパン!!」と身体をはたく。
これは、単に儀式のように思えるが、れっきとした方向転換♪
高ぶる緊張に活を入れることにより、この緊張を自分のために向ける。
自分を取り戻す・・そんな感じだと私は思う。
「ゲゲゲの女房」のしげるもそんな感じかな。
つらい時に、楽しいことをする。・・・そう楽しいことをすることも意識の転換。
楽しいことをすると、脳内ホルモンのエンドルフインが分泌されると言う。
エンドルフィンは、幸福ホルモンというらしい。
ちなみに、エンドルフィンは脳内麻薬といい、麻薬の6.5倍の鎮痛効果があるという。
つらい時には楽しいことをして、自分から幸福ホルモンを分泌させて、幸福感に満たされよう♪
すると、つらい感情はいったんシャットアウトされ、幸福感からの感情が連鎖される♪
そして、人はそのhappy感情に引っ張られ行動に移すのではないのかな~。
どうかつらい時や逆境にある時には、よけいに楽しいことに目を向けてほしい。
私も今日は、趣味のガーデニングをやろうと思う♪
[PR]
Commented by ひらり at 2010-06-16 20:52 x
かわいらしい~~、御地蔵さん。
陽だまりの中、のんびりしているところが癒されます。
「脳の暴走」・・・。
本当に、不安が不安を作り、さらにその不安通りに事が運ぶから、、、ちょっとびっくり。
気持ちの転換ですね。
Commented by polepole-yururin at 2010-06-16 20:57
ありがとう♪
私のテーマはお地蔵様かな。
そう、気持ちの転換って案外難しいよね~。
感情を抑えるのではなく、転換なんですよね~。
by polepole-yururin | 2010-06-16 09:43 | 思うこと | Comments(2)