ゆるりんのポレポレ日記 yururinp.exblog.jp

つれづれなるままに~日頃出会うこと、思うことを綴っています。


by polepole-yururin
プロフィールを見る
画像一覧

アバターを観にいってきました

f0215179_18381623.jpg

友人にすすめられて、一人で映画アバターを観にいってきました。
すごい人でした008.gif
満員御礼でしたが、たまたま一人で来ていたので、真ん中の席のみ空いていると案内されました。
3D画像なので、めがねをつけるのだけど、途中目が疲れて、はずしたり、つけたりしてみていました。
ハリウッド独特の激しい戦闘シーンがあって、ちょっと私はしんどかったのが実感。
宮崎駿の「もののけ姫」を題材にして、開拓時代のアメリカ・・・インディアンのお話、もしくはインカ帝国を滅ぼしたスペイン人の襲撃のお話を未来バージョンにしたような感じでした。
映像は迫力あったし、リアルだったので、今どきのゲーム好きの子供や大人には、反響はあるのだろうなと感じました。
でも結末が私はちょっぴり寂しかった・・・。
人間の我欲、征服欲、身勝手さが、すべてを破壊していく・・・。
欲は限りなく・・・。
相手をやっつけたり、思い知らすことで、事は解決していくのだろうか?
その余韻が少しほしかった。
「もののけ姫」も欲に翻弄されて、一度山の神の首をしとめる。
でも最後は、山の神の恐ろしさ、尊さに圧倒されるみんな。
八百万の神を信じる日本独特の感性、余韻のように思う。
「アバター」によって昔虐げられたインディアンやインカの人々、黒人奴隷とされたアフリカの人々、植民地化されたインドをはじめとするアジア諸国の人々、そして秀吉時代の朝鮮への襲撃・・・など欲に翻弄されたたくさんの人びと、そしてそこにある自然、動物たち、すべての生き物の思いを、少しでも触れられたかな~とも思うけど。
そうそう、「アバター」をみて、思い出したことがあったよ。
それは6年前に住んでいたところの出来事。
息子たちが通っていた幼稚園の裏山が、一夜にしてなくなってしまったの。
山登り、野いちご摘み、ターザンごっこ、基地作りなどなど、山は子供たちにいっぱい教えてくれていたの。
それがあるとき、ブルトーザーが入ってね・・・もう山は無くなってしまった・・・。
今、そこは住宅地。
私もいろんな恩恵を受け、今ここに住まわせていただいているのだけど・・・。
日々感謝、ご縁に感謝、そして足るを知る~。
[PR]
by polepole-yururin | 2010-02-04 18:12 | 思うこと | Comments(0)